無職日記

心療内科ってどんなとこ?受診タイミング・治療内容・受診した感想

更新日:

心療内科

僕は職場の人間関係が原因で適応障害になり、勤めていた会社を退職しました。

この「メンタルヘルスシリーズ」(全5回)では実際にメンタル不調の当事者になった僕の体験を元に、うつ病や適応障害になった人の心の内側を本音で書いていきます。

メンタルヘルスシリーズ
適応障害で退職した当事者だから語れる本音[メンタルヘルスシリーズ]

僕は職場の人間関係が原因で適応障害になり、勤めていた会社を退職しました。 執拗に人格否定してくるお局たち、まったく融通の利かない上司、自分の適性に合ってない仕事……。 会社勤めしていたときは、毎日が嫌 ...

続きを見る

【第1回】は初めて心療内科を受診する方に向けたアドバイスです。

心療内科を受診するタイミングや、診療時に行うカウンセリングの内容、治療方法、実際に受診した感想についてお話します。

心療内科へ行こうかどうしようか迷っている人は、参考にしてください。

メンタルヘルスシリーズの内容は、あくまで個人の体験に基づくものです。症状や治療法について専門的な見解を述べるものではありません。 専門家の意見よりも個人の実体験や本音の言葉に救われる人がいるかもしれない、という思いで書いています。ですので、あくまで個人的な意見として参考にしてください。

スポンサーリンク

 

心療内科の受診タイミング

心療内科って敷居が高いですよね。昔よりうつ病が認知されたとはいえ、初めて受診するときは迷うと思います。いろいろと偏見もあるでしょうし。

僕も初めてメンタルを病んだときは「心療内科に行くべきか?」って、随分悩みました。

「こんな些細なことで受診してもいいんだろうか?」とか「メンヘラの仲間入りになってしまうのか?」と、二の足を踏んだものです。

 

とはいえ、どんな病気も早期治療が肝心なので、受診するにこしたことはないと思います。

受診タイミングとしては、行動や身体に異常が現れているなら受診した方がいいでしょう。

僕の場合、行動に顕著な異常が現れました。仕事で何をやってもミスばかりしてしまうんです。

僕の体に起こった行動の異常

  • ただ数字を書き写すだけの作業でも間違ってしまう
  • 言われてすぐ反対のことをやってしまう
  • 人の話を一言一句メモしないと理解できない・・・など

しまいにはスーツの上下を違うものを着てたり、ヒゲを剃り忘れたまま出社しそうになってました。

そして自分ではどうしてこんなにミスばかりしてしまうのか分からないんです。

僕はこのような行動の異常が続いたので、心療内科を受診しました。

中には身体の異常が顕著に現れる人もいるみたいです。食欲・性欲・睡眠欲に異常が現れる人が多いといいます。

三大欲求にはダイレクトに表れるみたいですね。僕も早朝に目が覚める「早期覚醒」がよくありました。

こういった「行動の異常」「身体の異常」が表面化したときは、心療内科の受診タイミングかな、と思います。

スポンサーリンク

 

心療内科で行うカウンセリング・治療内容

心療内科は初診が予約制のところが多いです。受診するときはまず電話で問い合わせをしましょう。

院内は他の病院と変わりなく、患者さんもごく普通の人たちです。見た目も普通。精神的にいかにもおかしな人はめったにいません。

僕が通っていたときも、特に変わった人はいませんでした。どちらかというと女性が多かったですね。

 

心療内科でどんな治療をしてくれるのかというと、基本的にはカウンセリングです。話を聞いてもらって薬を処方されてまた次回、という感じです。

診療時間は院によってまちまちだと思いますが、僕の場合は初診は50分くらいカウンセリングをしてもらえました。

ただ、2回目以降の診察は短かったです。1時間待ちの5分診療、ってこともありました。

やっぱりしっかり話を聞いてくれる方が、良い先生だと思います。

 

僕は初診で「うつ病ではないよ」と言われました。「うつ病になると、もっとひどい状態になるから。あえて言うと適応障害によるうつ状態かなぁ」と診断されました。

心療内科では病名を教えてくれないケースも多いみたいです。ただ、これは「自分が病気だ」と意識させないためのものかもしれません。僕も「病名は意識しない方がいい」と言われました。

実際、「うつ」といっても「うつ病」と「うつ状態」は違うものなんですね。これについては次回解説します。

 

受診した感想

僕の場合、保険適用で料金は診察料が1,500円ほど。薬が2週間分で1,000円ほどでした。人によって違うと思いますが、内科や耳鼻科よりは高めだと思います。

診察料の負担が厳しい人は「自立支援医療制度」という国の補助もあるので参考にしてください。

関連記事【うつ病の医療費補助】自立支援医療制度の対象者・申請方法を解説

 

受診した感想は、自分が置かれた状態が客観的に分かって少し安心したのを覚えています。

苦しい環境の中では、心療内科が唯一すがれる存在だったのかもしれません。

とはいえ、今考えると「メンタルを患っていることを盾にしたかった自分」がいるのも事実です。

ま、これは元気になった今だから思えることなんですけどね。当時は病気にすがるより仕方ない状態でしたし。

 

いずれにしても心療内科で客観的な判断を仰ぐというのは、今の状態を知る一つになると思います。

内科や耳鼻科と同じように気軽に診てもらうといいでしょう。

何回か通うことになるので、選ぶなら通いやすい病院を選ぶのがおすすめです。ちなみに僕は一年以上通っていました。

というわけで、メンタルヘルスシリーズ初回は「心療内科はどんなところか」についてお話しました。

次回【第2回】の経験者が語るうつ病とうつ状態の違いでは、「うつ」の種類についてお話したいと思います。

当事者だから語れる「メンタルヘルスシリーズ」

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 3

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 4

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

年収モデルケース 5

今の自分の年収は周りと比べて高いのか?低いのか? 会社勤めしていると、周りとの収入格差が気になりますよね。   僕は以前、薄給ブラック企業に勤めてたんですが、当時はあまりにも給料が低くてずっ ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
1

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

再就職手当 2

早期に就職すればもらえる再就職手当。失業後に就職が決まったらぜひもらいたい手当ですよね。 でも、再就職手当があるのは知ってるけど「失業保険をもらいきらずに就職したら損なんじゃないの?」と思ってませんか ...

給料が下がる 3

転職で給料が上がるか下がるかは気になりますよね。 順調に昇給していけばいいけれど、転職後1年目は転職前より給料が下がることの方が多いです。   リクルートワークス研究所が行う「全国就業実態パ ...

売れるもの 4

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

ミステリーショッパー 5

ミステリーショッパーという仕事をご存知ですか? ミステリーショッパーとは覆面調査・覆面モニターのことで、企業が顧客満足度を上げるために行っている調査です。 調査員が客のフリをして店舗に潜りこんだり、商 ...

-無職日記

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.