再就職する

無職が登録すべき転職サイト9選!無職の上手な転職サイト活用術

更新日:

無職が登録すべき転職サイト

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。

無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。

会社を辞めて「しばらくはゆっくり過ごそう」と考えている人も多いと思いますが、転職サイトにはできるだけ早く登録しておきましょう。

Sunday
僕も無職のときはすぐに転職サイトに登録したよ

とはいえ、転職サイトは総合的なものから専門的なものまでたくさんあるので、「どれに登録したらいいか分からない」という人もいるのではないでしょうか。

そこで、無職が真っ先に登録しておきたい転職サイトを厳選して紹介します。

登録するときに気をつけることや、上手な活用方法も併せて教えますね。

スポンサーリンク

 

 

無職でも転職サイトに登録した方がいい理由

無職が仕事探しでよく使うのはハローワークですが、ハローワークではあまり質の高い求人は扱っていません。

というのも、ハローワークは無料で求人を出せるので、採用にお金をかけない企業の求人が多いんです。

採用にお金をかけないということは、人にお金をかけない会社ということ。

必然的に、ハローワークは人を大切にしないブラック企業の割合が高くなります。

Sunday
一年中求人を出している企業もあるしね

逆に、転職サイトに求人を載せるのは費用がかかるので、転職サイトに載っている会社はちゃんと人にお金をかける会社が多いです。

関連記事面接で分かるブラック企業の見分け方

 

転職サイトというと「自分で検索して求人に応募するだけ」と思われるかもしれませんが、最近の転職サイトはとても進化しています。

人手不足の世の中だけあって、企業と求職者をマッチングする仕組みが高度化しているんですね。

多くの転職サイトには、就職活動を手助けする機能がたくさん備わっています。

なかでも多くの転職サイトで使われているのがスカウト(オファー)レコメンドです。

 

企業からスカウト(オファー)がもらえる

スカウト(オファー)とは、あなたのレジュメを見て気に入った企業から「選考に応募してみませんか?」とスカウトがもらえる機能です。

場合によっては書類選考なしで面接が受けられるオファー(プライベートオファー)ももらえます。

わざわざこちらから応募しなくても、登録しておくだけで企業からの誘いが来るんですね。

Sunday
無職だけど引く手あまた、なんてことも!

スカウトを見れば、自分の価値もある程度分かってきます。

スカウトされる企業で、自分がどんな企業から必要とされているかが分かるんです。

なので、すぐに就職しなくてもスカウト登録だけはしておきましょう。

スカウトを受ける状態で待っておけば、思わぬ優良企業と出会えるかもしれません。

 

レコメンドでぴったりの求人が見つかる

転職サイトで求人の閲覧を繰り返すと、データとしてあなたの検索履歴が残ります。

その検索履歴を元に、AIがあなたにピッタリな求人をおすすめするようになるんです。

これが転職サイトのレコメンド機能です。

Sunday
ニュースサイトやAmazonのレコメンドと同じだね

使えば使うほどピッタリな求人を紹介するようになるから、早めに使い始めた方が転職サイトの精度は上がっていきます。

なので、まだ求人に応募しないとしても、閲覧はちょくちょくしておいた方が後の役に立ちますよ。

 

無職が登録すべき転職サイト9つ

転職サイト

では、無職が活用できる転職サイトをまとめて紹介します。

良い転職サイトは求人の数が豊富なのが絶対条件。

ここでは求人の数が少ない零細サイトは除き、しっかり転職活動で利用できるサイトのみを厳選しました。

その中で「必ず登録しておきたい大手4社」「個性が光る中堅5社」に分けて紹介していきます。

どのサイトも登録は無料なので、まとめて登録しておくといいでしょう。

 

必ず登録しておきたい大手4サイト

「転職サイトと言えば…?」と聞かれたら、必ず名前が上がるのがこの大手4サイト。

まずはこの大手4サイトから登録しておきましょう。

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT転職者の8割が登録しているという、転職サイトの最大手。転職するなら必ず登録すべきサイトです。

掲載求人のうち85%が「リクナビNEXTにしか載っていない求人」なので、ここに登録するだけでも多くの求人と出会えます。

転職サイトのリーダー的存在だけあって、使いやすさも抜群。

企業からのスカウトが届く「オファー機能」、自分にピッタリの求人を紹介してくれる「レコメンド機能」、性格診断で自分の強みが分かる「グッドポイント診断」など、転職活動に必要な機能がすべてそろっています。

何はともあれ転職サイトへの登録はここからスタートしましょう。

 

doda

doda

dodaはリクナビNEXTに次ぐ2番手の転職サイト。大手から中小まで幅広い求人がそろっているサイトです。

dodaの特徴は、転職サイトと転職エージェントが合体したサービスだということ。

転職サイトに申し込むと同時に、キャリアアドバイザーから非公開求人の紹介を受けるエージェントサービスにも申し込めます。

もちろん求人検索だけに使うのもいいですが、dodaを使うときは転職エージェントサービスと併せて使うのがいいでしょう。

こちらもリクナビNEXTに次いで必ず登録しておきたいサイトです。

 

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職は、大手転職サイトの中でも若年層に支持を得ている求人サイト。

新卒の就職活動に強いマイナビだけあって、20代や若者向けの求人は他のサイトより見応えがあります。

無職・フリーターなど未経験でもOKの求人が多いのも特徴。

趣味や興味から仕事を探したり、ワークライフバランスを重視したり、自分らしい働き方を見つけたい人に向いています。

社会人経験が少ない人にもやさしい転職サイトです。

 

エン転職

エン転職

エン転職は「転職は慎重に」のキャッチフレーズで有名な転職サイト。

その言葉通り、「こんなはずじゃなかった」という転職後のミスマッチを防ぐ工夫が随所に施されています。

たとえばエン転職の求人は、担当者が1社1社取材した信頼性抜群の内容。

社員・元社員による口コミや、職場風景の動画、面接情報のヒアリングなど、他の転職サイトにはない情報が掲載されています。

企業の内情を知るためにも、ぜひ活用したい転職サイトです。

 

個性が光る中堅5サイト

続いて個性がキラリと光る中堅の5サイトを紹介します。

大手より求人数は少ないですが、どれも独創的な機能を備えた使いやすい転職サイトです。

 

type(タイプ)

type

type(タイプ)は数ある転職サイトの中でも、希望する条件の求人を見つけやすいサイト。

「残業月30時間以下」や「前年度有給消化率8割以上」など、他のサイトでは探しにくいこだわり条件で検索できるのが特徴です。

検索した求人一覧は、スキル・志向・注目度から「受かりやすい順」に並べ替えることが可能。

条件にマッチした上に、採用試験に受かりやすい企業が瞬時に見つけ出せます。

オファーや診断テストも大手と同等の機能があるので、メインサイトとしても使える転職サイトです。

 

はたらいく

はたらいく

はたらいくは、リクルートが運営する地元・地域密着型の転職サイト。

各都道府県に本社のある地元企業・中小企業を中心に掲載しており、地元で働きたい人や転勤したくない人にはピッタリのサイトです。

家の近くで働ける会社が多いため、必然的にプライベートの時間を取れる、人にやさしい企業が集まっています。

応募はスキルや経験だけではなく、「自分らしさ」や「人柄」でアピールすることが可能。

あまり職歴のない無職やフリーターでも、自分らしく働ける企業を見つけられます。

 

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆは、リクルートが運営する女性のための求人・転職サイト。

医療事務・コールセンター・アパレル販売など、女性ならではの職種が豊富にそろっています。

正社員だけでなく、契約社員・派遣社員・アルバイト・パートといった雇用形態を横断的に探せるのもいいところ。

復職希望のママや、自分らしく働きたい女性の仕事が見つけやすいサイトです。

 

イーキャリア

イーキャリア

イーキャリアはソフトバンクグループが運営する転職サイト。

一般的な転職サイトは週1~2回の更新のところ、イーキャリアは毎日更新しているのが特徴です。

求人の更新頻度が高く、常に新しい求人を見つけられるのもいいところ。

検索や閲覧行動をAIが学習し、あなたにマッチした求人を返してくれます。入社したい会社がきっと見つかるでしょう。

 

早く就職したいなら転職エージェントも使おう

転職サイトを紹介してきましたが、転職サイトはいわゆる転職エージェント(人材紹介)とは異なります。

転職サイトは自分で検索や応募をしますが、転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーが応募を肩代わりしてくれます。

キャリアアドバイザーは職務経歴書の添削をしたり入社の条件交渉をしたり、あなたの転職活動を隣でサポートしてくれるんです。

転職サイト 転職エージェント
  • 自分で求人を探して企業に応募する
  • 書類審査や面接は自分で対策する
  • 入社時の条件交渉は自分でする
  • キャリアアドバイザーから紹介された求人に応募する
  • 書類の添削や模擬面接をしてくれる
  • 給与交渉・条件交渉をしてくれる

満足できる転職ができるのは、圧倒的に転職エージェントを使った転職です。

自分一人で転職活動するよりも、転職エージェントにサポートしてもらった方が、希望に沿った会社と出会えるからです。

Sunday
僕も転職したときは転職エージェントを活用したよ

無職だからといって転職エージェントを使えないわけではありません。

最近では無職・ニート・フリーターでも登録しやすい転職エージェントも存在します。

後悔しない転職をするためにも、転職サイトだけでなく転職エージェントの活用も検討してみましょう。

関連記事転職エージェント・人材紹介大手5社の特徴を比較した

 

転職サイトに登録するときに準備しておくこと

履歴書・職務経歴書

転職サイトへの登録は、だいたい2~3分で済みます。

最初に入力するのは学歴や生年月日などの基本情報だけなので簡単です。

ただし、実際に就職活動するには登録レジュメ(エントリーシート)を完成させておく必要があります。

時間があるときでいいので、職務経歴・スキル・希望条件・自己PRなどを入力していきましょう。

登録レジュメに入力すること

  • 職務経歴
  • 資格・スキル
  • 希望条件
  • 自己PR

登録レジュメは企業の採用担当にも見られています。

レジュメが企業の目にとまれば、スカウト(オファー)を受けることもあるでしょう。

なので、登録レジュメはしっかり作りこんでほしいのですが、最初は未完成のままでもOK。

就職活動を進めていく間に、徐々にブラッシュアップしていけばいいんです。

いきなり完璧なレジュメを作ろうと思うと足が止まってしまうので、未完成でも登録だけ済ましてしまいましょう。

 

転職サイトは自分のペースで転職活動をできるのがいいところです。

登録したからって、すぐに求人に応募しないといけないわけではありません。

「まだ就職するのが怖い」「もう少し無職のままで過ごしたい」のなら、登録して様子見するだけでも構いません。

いつ自分にピッタリの求人が出るかは分からないので、常にアンテナを張っておくことが大事です。

関連記事じっくり時間をかけて転職活動したい人がやるべきこと

 

無職が上手に転職サイトを使うには

転職サイト活用法

無職だと職歴にブランクが空くため、どうしても転職では不利になります。

ノープランで就職活動を始めるとなると、「本当に就職できるんだろうか?」と不安になることもあるでしょう。

でも、そんなときにも転職サイトは役立ちます。

多くのサイトには「未経験者歓迎」「学歴不問」などの検索条件があるので、絞り込めば無職でも応募できる企業をまとめてピックアップできます。

未経験者歓迎

たとえば無職でブランクのある人でも就きやすい職種には、以下のようなものがあります。

無職でも就きやすい職種

営業職・販売職・サービス業・工場作業員・宅配ドライバー・介護職

転職サイトを使えばこのような仕事も簡単に抽出できるので、自分に合った仕事を探してみましょう。

 

自分にどんな仕事が合うか分からない人は、転職サイトにある適性診断を受けてみるのをおすすめします。

適性診断は転職サイトによって、自分の強みが分かるものや適正年収が分かるものまでさまざまあります。

転職サイトの適性診断

  • リクナビネクスト・・・グッドポイント診断(自分の強みが分かる)
  • doda・・・年収査定(適正年収が分かる)
  • マイナビ転職・・・ジョブリシャス診断(適職が分かる)
  • type・・・転職力診断(転職力が分かる)

なかでもリクナビNEXTのグッドポイント診断はとても優秀です。

自分の優れた部分が客観的に分かるので、自己PRを作るときの自己分析に役立ちます。

グッドポイント診断

グッドポイント診断の結果は、応募書類に添付してそのまま自己PRとして使えます。

「自分には何も強みがないなぁ…」という人はぜひ受けみましょう。きっとこの先の転職活動の自信につながりますよ。

>>リクナビNEXTに登録する

 

このように、転職サイトには無職が活用できる機能がたくさんそろっています。

ぜひ有効に活用して、転職を成功させてくださいね!

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

向いてる仕事が分からない 4

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 5

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

治験バイト 2

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 3

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

4

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

飲み会 5

忘年会や新年会、友人との付き合い、急なお誘い。社会人ともなると飲み会の機会は多いです。 社会人なら交友関係が狭まらないよう、たとえお金がなくても飲み会の誘いには参加しておきたいところ。 でも、飲み代っ ...

-再就職する

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.