【失業マニュアル】失業中に行う手続きと国のお得な制度使いこなし術

失業マニュアル

会社を退職したらやらないといけない手続きがたくさんあります。

失業保険、健康保険、国民年金、住民税などなど。ハローワークと市役所には何かとお世話になるでしょう。

しかし何も知らないでいると、せっかくの得する制度を使わないまま高い支払いをするハメになりかねます。

損しないためにも、失業中に行う手続きや国の制度について知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

失業保険・社会保険・税金の手続きまとめ

会社を退職したらハローワークへ失業保険をもらう手続きをしに行きましょう。

↓こちらでは失業保険を受給する流れと、なるべくお得に失業保険をもらう方法をまとめました。

失業
失業保険の手続きと受給の流れまとめ【損しないもらい方を解説】

会社を退職した後にもらえる失業保険は、無職の間の貴重な収入源です。 しかし実際にいくらもらえるのか、いつまでもらえるのかよく分かっていない人も多いのではないでしょうか。 失業保険はあくまで失業したとき ...

続きを見る

 

退職後は健康保険を国民健康保険に、厚生年金を国民年金に切り替えます。

しかし収入のない無職の間には保険料の支払いがキツイもの。

そこで↓こちらでは社会保険(健康保険・年金)と税金(住民税・所得税)について、なるべく負担を軽くする方法をまとめました。

社会保険
【退職後の社会保険・税金】失業中の年金や健康保険 得する手続きまとめ

会社を退職したら社会保険(健康保険・年金)と税金(住民税・所得税)は自分で払わないといけません。 「退職後に何をしたらいいかよく分からない」という人のために、失業したときに行う社会保険(健康保険・年金 ...

続きを見る

 

失業マニュアル 記事一覧

会社を辞めたときに行うことや、失業中に使えるお得な制度を記事にしました。

国や自治体の制度を活用して、無職生活の負担を少しでも軽くしてください。

付加年金

失業マニュアル

付加年金に無職は絶対入るべき!月400円で超お得な付加年金を解説

会社を辞めて無職になると、年金は厚生年金から国民年金に切り替わります。 役所へ切り替えの手続きに行くと「付加年金にも加入されますか?」と聞かれると思います。 「えっ?付加年金って何?」と思われる方も多 ...

ハローワークに行けない

失業マニュアル

失業認定日にハローワークへ行けない・認定日を変更したい時の手続き

失業中は4週間に1度、ハローワークへ行く日があります。このハローワークに指定された日を失業認定日と言います。 失業認定日に「失業の状態にある」と認定を受けることで、失業保険の受給ができます。 失業認定 ...

住民税非課税世帯

節約する 失業マニュアル

住民税非課税世帯のメリット:年収や条件をわかりやすく解説

国民健康保険や保育園の手続きをするときに「住民税非課税世帯の方には減免・減額措置がありますのでお問い合わせください」という案内を見たことのある人は多いのではないでしょうか。 失業して無職になったり収入 ...

退職時の住民税

失業マニュアル

こんなに取られるの!?知らなきゃ驚く退職・転職時の住民税

会社を退職するときに給与明細を見て、住民税の支払い金額にびっくりする人は多いんじゃないでしょうか。 これから失業生活に入るのに、給料のほとんどが住民税で消えてしまっては、生活のメドが立たなくなります。 ...

失業保険の延長

失業マニュアル

失業保険を延長する!病気・妊娠・出産などで働けない時の手続き

会社を辞めたときの貴重な収入源となる失業保険。 失業保険を受給できる期間は原則、退職した日の翌日から1年間です。 しかし、やむを得ない理由ですぐに就職しない人もいるでしょう。 病気・ケガ・妊娠・出産・ ...

住民税の申告

失業マニュアル

無職・無収入の人は住民税の申告をしよう!市民税申告書の書き方

無職の人は、昨年の所得が20万円以下なら確定申告の必要がありません。 なので1年間無収入なら確定申告しなくてもいいのですが、確定申告をしない人でも住民税の申告はしておきましょう。 住民税の申告をしてお ...

退職金

失業マニュアル

退職金に税金はほとんどかからない!非課税になる金額一覧

会社を辞めたときにもらえる退職金。退職後の生活を支える大事なお金ですよね。 この退職金、手取りでいくらもらえるのか気になるんじゃないでしょうか。 退職金にはいくら税金がかかるのでしょうか?  &nbs ...

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.