節約する

【うつ病の医療費補助】自立支援医療制度の対象者・申請方法を解説

更新日:

自立支援医療

うつ病などの精神疾患にかかると不安になるのが医療費です。

僕も適応障害で心療内科に通っていたことがあり、治療費や薬代で結構お金がかかりました。

関連記事心療内科ってどんなとこ?受診タイミング・治療内容・受診した感想

メンタルの病気は通院が長引くケースも多いです。僕の場合は1年以上通院していたので、トータルの医療費は結構高額になりました。

 

通院中は心が弱ってるので、できればお金のことを気にせず治療に専念したいですよね。

メンタルの病気にかかったときは、医療費を補助してくれるありがたい制度があります。

それが、国がうつ病などの医療費を補助してくれる自立支援医療制度です。

ここでは自立支援医療制度の対象者や申請手続きについて解説します。

スポンサーリンク

 

 

自立支援医療制度とは

自立支援医療制度とは、国が医療費の自己負担額を補助してくれる公費負担医療制度です。

対象となる医療には次の3種類があります。

  • 精神通院医療
  • 更生医療
  • 育成医療

この中の精神通院医療とは、うつ病や統合失調症などの精神疾患のことです。

うつ病など長期にわたって心療内科等に通う治療が必要な場合、自立支援医療制度を使えば医療費が安くなります。

通常、サラリーマンの医療費は3割負担ですが、自立支援医療を使えば治療費や薬代が1割負担に軽減されます。

さらに、この1割負担が重荷にならないよう、所得に応じて1ヶ月の負担額に上限も設けられています(最大の自己負担額は2万円まで)。

 

対象者

自立支援医療制度の対象者は以下のような方です。

自立支援医療制度の対象者

  • 統合失調症
  • うつ病、躁うつ病などの気分障害
  • 薬物などの精神作用物質による急性中毒又はその依存症
  • PTSDなどのストレス関連障害や、パニック障害などの不安障害
  • 知的障害、心理的発達の障害
  • アルツハイマー病型認知症、血管性認知症
  • てんかん など

これらの病気での通院治療や、投薬での治療が対象になります。

ただし、処方薬として精神薬以外の薬(胃薬、かぜ薬など)が処方された場合には対象になりません。

 

自立支援医療の自己負担額

自立支援医療を使えば、医療費が基本的に1割負担になります。

また、「重度かつ継続」に該当する場合、自己負担額には上限がつきます。高額な治療を長期間続けなければいけない人は、自己負担額は最高でも負担額は2万円までに押さえられるんです。

「重度かつ継続」に該当するのは

  • 統合失調症・躁うつ病・うつ病・てんかん・認知症等の脳機能障害・薬物関連障害(依存症等)の方
  • 精神医療に一定以上の経験を有する医師が判断した方
  • 医療保険の多数該当の方

「重度かつ継続」に該当する場合、自己負担額は以下のようになります。

市町村民税 所得区分 自己負担額上限
市町村民税非課税世帯  本人収入80万円以下 2,500円
本人収入80万円超 5,000円
市町村民税課税世帯   市町村民税額(所得割)3万3,000円未満 5,000円
市町村民税額(所得割)3万3,000円以上23万5,000円未満 10,000円
市町村民税額(所得割)23万5,000円以上 20,000円

なお、この表とは別で独自の料金体系をとっている市町村もあります。

各自治体でシステムが異なるので、詳しくは市町村のホームページでご確認ください。

 

申請方法

自立支援医療を申請するには、まず主治医に相談しましょう。必要な書類をそろえて、各市町村の窓口に申請します。

自立支援医療制度の必要書類

  • 自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書
  • 自立支援医療用診断書
  • 健康保険証の写し
  • 所得を確認する書類
  • マイナンバーが確認できる書類(個人番号カードなど)
  • 印鑑

「自立支援医療費支給認定申請書」は各市町村の窓口かホームページからダウンロードしてください。

「自立支援医療用診断書」はかかりつけの医師から発行してもらいます。

「所得を確認する書類」は源泉徴収票や住民税の課税証明書、収入申告書など自治体によって異なるので、各市町村窓口で確認してください。

書類を提出して申請が認められれば、「自立支援医療受給者証」「自己負担上限額管理票」が送られてきます。

心療内科やメンタルクリニックでこれらを提示すると、自己負担額が1割に軽減されます。

 

自立支援医療制度にデメリットはない

自立支援医療制度には特にデメリットはありません。

自立支援医療を受けるのを「障害者手帳」をもらうようなものだと思って躊躇している人がいるかもしれませんが、自立支援医療は障害者手帳とは全く別物です。

自立支援医療は、単に医療費が安くなるだけの制度です。

何か不都合が出るというものではなく、就職や生活への影響もありません。

しいてデメリットを言えば、診断書の発行代金に2,000円~5,000円ほどかかるというぐらいでしょうか。

 

もし対象者であれば利用を考えた方がいいでしょう。医療費は少しでも安く抑えたいですからね。

気になるなら一度、かかりつけ医師に相談してみてください。

スポンサーリンク

 

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 3

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 4

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

年収モデルケース 5

今の自分の年収は周りと比べて高いのか?低いのか? 会社勤めしていると、周りとの収入格差が気になりますよね。   僕は以前、薄給ブラック企業に勤めてたんですが、当時はあまりにも給料が低くてずっ ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
1

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

再就職手当 2

早期に就職すればもらえる再就職手当。失業後に就職が決まったらぜひもらいたい手当ですよね。 でも、再就職手当があるのは知ってるけど「失業保険をもらいきらずに就職したら損なんじゃないの?」と思ってませんか ...

給料が下がる 3

転職で給料が上がるか下がるかは気になりますよね。 順調に昇給していけばいいけれど、転職後1年目は転職前より給料が下がることの方が多いです。   リクルートワークス研究所が行う「全国就業実態パ ...

売れるもの 4

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

ミステリーショッパー 5

ミステリーショッパーという仕事をご存知ですか? ミステリーショッパーとは覆面調査・覆面モニターのことで、企業が顧客満足度を上げるために行っている調査です。 調査員が客のフリをして店舗に潜りこんだり、商 ...

-節約する

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.