明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

損か得か?再就職手当の金額と条件

      2017/01/20

再就職手当

早期に就職すればもらえる再就職手当。内定したらぜひゲットしたいですよね。

でも、再就職手当があるのは知ってるけど、「失業保険をもらわずに就職したら損なんじゃないの?」と思ってませんか?

確かに再就職手当は失業保険の60~70%と、もらえる金額は少なくなります。とはいえ、損か得かで言うと、やっぱり早くに再就職した方が得です。

再就職手当について詳しく見ていきましょう。

 

再就職手当とは

再就職手当とは、失業保険の3分の1以上を残して就職した場合に支給される、いわば「お祝い金」みたいなものです。

「1年以上安定的に雇用されるのが確実であること」が条件なので、主に正社員として再就職したときに支給されます(パート・アルバイトの場合は「就業手当」というのがあります。就業手当についてはこちら→アルバイトで就業手当を申請すると損になる?)。

支給金額

再就職手当の支給金額は以下の通りです。

・失業保険の日数を3分の2以上残して就職した場合は、残りの失業保険の70%
・失業保険の日数を3分の1以上残して就職した場合は、残りの失業保険の60%

 

再就職手当の金額

これを見ると、早く再就職すればするほど得なのが分かりますよね。

【注】2017/1/17追記

平成29年1月1日より再就職手当の金額が改定されました。

失業保険の残り日数が3分の2以上の場合は60%から70%へ、3分の1以上の場合は50%から60%へと増額されています。

支給条件

再就職手当をもらうには、以下の支給条件を満たしている必要があります。

  1. 就職日の前日までの失業保険の支給残日数が3分の1以上あること
  2. 1年を超えて勤務することが確実であると認められること
  3. 待期満了日後の就職であること
  4. 離職理由による給付制限を受けた場合は、待期満了日後1ヶ月間については、ハローワークまたは許可・届出のある職業紹介事業者の紹介により就職したものであること
  5. 離職前の会社に再び雇用されたものでないこと
  6. 過去3年以内に再就職手当・常用就職支度手当を受けていないこと
  7. 受給資格決定前から採用が決まっていたものではないこと
  8. 原則として、雇用保険の被保険者になる雇用であること

ハローワーク「再就職手当のご案内」より

注意すべきは4番目の「離職理由による給付制限を受けた場合」ですね。

自己都合で退職した場合、失業保険には3ヶ月の給付制限がつきます。

そして再就職手当については、待期期間(7日間)の後1ヶ月間は、ハローワークの紹介で応募した場合のみが再就職手当の対象となります。

自己都合で退職した場合

転職サイトなどで応募した求人では再就職手当は支払われないので、注意してください。

ただ、応募から内定までは通常1ヶ月以上かかる場合が多いので、転職サイトからの応募でも手当を申請するときには1ヶ月が過ぎているケースがほとんどでしょう。

なので、ハローワークに限定せずに最初から転職サイトも活用した方がいいと思いますよ。

 

失業保険とどちらが得か?

失業保険と再就職手当では、どちらが得なのでしょうか。

「失業保険をもらいきってから就職しないと損だ」と思われるかもしれませんが、実際は早めに就職して再就職手当をもらった方が得です。

失業保険の基本手当日額4,000円で給付期間が90日の人が、30日目で月給20万円の会社に就職した場合を考えてみましょう。

【再就職手当を受け取った場合】
4,000円×60日×70%=168,000円

さらに2ヶ月分の給料が入るので
168,000円+(200,000円×2ヶ月)=568,000円

 

【就職せずに2ヶ月間失業保険で暮らした場合】
4,000円×60日=240,000円

再就職と失業保険では328,000円の差が生まれてしまうのです!

やはり失業保険は一時しのぎ的なものなので、断然給料の方が金額が多くなるんですね。

それに、毎月給料が入ってくる安心感はやっぱり違います。

失業保険は必ず終わるので、終了間際ってかなり気持ちが焦るんですよ。(^_^;)

失業保険で食いつなぐよりも、再就職手当をもらって早めに就職した方が精神的にも楽だと思いますね。

 

今すぐ再就職活動を始めるには

今すぐ再就職活動を始めるには、まずは転職サイトへの登録から始めましょう。

待期期間(7日間)の間は基本的に就職活動ができませんが、転職サイトへの登録だけなら先に行っても構いません。

真っ先に登録しておきたいのはリクナビNEXTです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」はリクルートが運営する業界最大級の転職サイト。

転職活動をする人なら、登録していない人はいないと言っていいでしょう。

求人の数もダントツで、掲載されている求人の87%がリクナビNEXTにしか載っていない求人なんです。

登録すれば毎週希望に合った求人がメールで送られてきますし、企業からスカウトメールが来ることもあります。

スカウトメールはあなたの経歴に惹かれた企業からのお誘いメールなので、応募すれば内定の確率もグンと上がりますよ。

求人を閲覧するだけでもよし、企業からのスカウトを待つのもよし。

まずは無料で登録しておいて、再就職の第一歩を踏み出しましょう。

⇒ リクナビNEXTの登録はこちらから

 - 再就職する, 失業マニュアル

Comment

  1. うさたん より:

     追伸:大事なこと忘れてました、お礼を申し上げます
    ご教示のとうりに、面接で、とにかく、ニコー、ニコニコしてました。
    きっと、それで、採用になったのだと思います。本当にありがとうございました

  2. おかひろ より:

    はじめまして。
    少し気になる部分があってコメントさせていただきます。
    再就職手当の支給条件のところで、
    自己都合で退職した場合、待機期間満了後1ヶ月間はハローワークの紹介で応募したものに限るのですが、待機期間は7日間なので、それから1ヶ月間ではないでしょうか。図を見ると、給付制限期間も含まれているように見えますので。

    • Sunday より:

      おかひろさん、はじめまして。

      すみません!間違っていました!(>_<) おっしゃる通り、ハローワークの紹介に限るのは待期期間(7日間)の後1ヶ月間です。 さっそく修正しました。申し訳ありませんでした。 ご指摘ありがとうございます。

  3. こね より:

    読みやすい情報提供に感謝致します。私は給付日が残り60日余り(職安からは60日の延長もあるかもしれないとの指導を受けています)ですが、全額給付されたい欲求が捨てきれず、パート内定を頂いた会社に決めるか、辞退するか迷っています。『専業主婦生活』のゆるさに慣れてしまって、復帰する自信を失いつつある感じ。

    • Sunday より:

      こねさん、コメントありがとうございます。

      再就職手当をもらうか、失業手当を全額給付してもらうかは
      迷うところですよね。
      ゆるさに慣れてしまって復帰しづらくなる気持ちわかります。^^;
      早々に再就職を決められる方はえらいなぁって思います(笑)。

  4. クラウン より:

    分かりやすくて友達にも教えましたょ✲*゚私の場合…離職理由が会社都合から自己都合に…只今給付制限中です。
    自己都合として第1回の認定が来月2月10日になるのですが就職?が決まりつつあります。
    この場合就職手当は貰えないですよね?

    • Sunday より:

      クラウンさん、コメントありがとうございます。

      待機満了日後なら、給付制限中でも再就職手当はもらえると思いますよ。
      ただ、満了日後1か月間はハローワークから紹介された求人に限ります。
      詳しくはハローワークに問い合わせてみてくださいね。

  5. ひろちゃん より:

    会社都合の退職で再就職手当をもらう予定です。転職サイトからの
    就職の場合どんなサイトでも大丈夫でしょうか? 介護の仕事なので、カイゴジョブで登録してるのですが…

    • Sunday より:

      コメントありがとうございます。
      会社都合なら給付制限もないでしょうし、
      どんな転職サイトからでも大丈夫だと思いますよ。

  6. もも より:

    はじめまして。初めての事で分かりやすいブログ色々助かりました!
    自己都合の退職で本日ハローワークで受給延長解除し、現在待機期間中です。
    失業保険は23年働いていたので150日受給出来ますが、決められた回数の就活や、毎月ハローワークに行く事、又国民年金、健康保険の支払い含め(現在は扶養)、今はまだ失業保険は貰わず(撤回)に就寝活動した方がいいか考えています。
    以前ハローワークに延長申請する時にこれ以上受給日数は増えないので、受給の手続きした方がいいとアドバイスされました。
    仮に受給しないで就職した場合、直近の給料よりは下がるかも知れませんが。
    今回のハローワークの担当の説明が分かりにくく、書類は見間違えたりこちらから間違い指摘するくらいでしたので、帰ってから冊子読んで悩み中です。アドバイス頂けたら幸いです。

    • Sunday より:

      ももさん、はじめまして。
      僕も受給の手続きはした方がいいと思いますねぇ。

      給付制限期間(3ヶ月)の間に再就職が決まるのであれば、雇用保険の期間は通算されて、
      150日の受給期間は次の就職先を離職した時のために温存できます。

      とはいえ、次の就職先で1年以上働けば、90日失業保険を受給できる権利を得られます。

      150日か90日かはたった2ヶ月の差なので、2ヶ月分の失業保険を温存しておくよりは
      今回手当を申請してしまった方が得な気がします。
      雇用保険期間を通算したところで、受給期間は150日より増えないですし。

      再離職した際の2ヶ月分の失業保険と、今回の失業手当もしくは再就職手当を
      天秤にかけてみてはいかがでしょうか。

  7. より:

    はじめまして。自己都合で退職し、1ヶ月以内に再就職が内定しましたが、ハローワークの紹介ではありません。
    どこの紹介なら再就職手当がもらえますか?jobとかリクナビとかではダメでしょうか?

    • Sunday より:

      渚さん、はじめまして。

      1ヶ月以内だとハローワークからの紹介でしか再就職手当はもらえません。
      リクナビとか一般の転職サイトではダメだと思います。
      ただ、もらわないことで雇用保険の期間は通算されるので、
      損しているわけではないと思いますよ。

  8. よっちゃん より:

    はじめまして
     昨年12年間勤めていた会社を12月に自己退職しました
    3月には ハローワークから紹介の介護施設へ資格をとりたいので学校に通いながら働きました.そのときに 再就職手当の書類を出して下さいとハローワークでいわれたのですが出してません。
      勤めてみたのですが 身体的に辛く3月いっぱいで辞めたかったので( 人が 足りないためやめれず) 5月いっぱいで辞める事がきまりました。これから手続きすれば失業保険は 受け取る事はできますか?どれくらい待たされますか?なにも わからず長文で すみません。
    (メールアドレス間違えてました)

    • Sunday より:

      コメントありがとうございます。

      再就職手当を受給していないのであれば、雇用保険の期間は通算されるので、
      退職後に失業保険を受給できると思いますよ。
      ただし、自己都合退職になるので3ヶ月の給付制限はあると思います。
      退職後早めにハローワークで手続きをして聞いてみるのがいいと思います。

  9. よねち より:

    会社都合で退職します。雇用保険は通算して10年以上あります。
    退職前の6カ月給料平均は今までで一番良いと思います。次の就職先が決まりそうですが、失業保険の貰える額を考えると、今、失業保険を貰う方が良いような気がしますがどうでしょうか?

    • Sunday より:

      よねちさん、コメントありがとうございます。

      確かに会社都合の退職だと、年齢によっては最高270日失業保険が出ますもんね。
      ただし、その期間に就職が決まる保証はどこにもありません。

      あくまで失業保険は就職が決まるまでの「保険」なのであって、
      もし今決まりそうな就職先で働きたいのであれば、入社を考えた方が良いように思います。
      もしその会社を辞めることになったとしても、雇用保険期間は通算されますからね。

  10. ニカ より:

    初めまして。ご質問させて下さい!

    現在パートですが、時給が良い為、雇用保険に入っています。月18万程もらっていて、1年2か月働いています。現在妊娠中で9月に退職しなければなりません。産休がとれれば1番良いのですが、難しそうなので…
    上の子の保育園を継続させる為、出産後、4か月程度で働くので再就職手当がもらえたらと思っています。その場合、復帰が扶養内のパートでは就業手当になってしまうのでしょうか?人員が足りなければ、再雇用も考えると言われたのですが、離職した会社だと再就職手当は1円ももらえないという事でしょうか?
    勉強不足ですみません。お知恵をお貸しいただけたらと思います。

    • Sunday より:

      ニカさん、はじめまして。

      退職後に失業保険の受給延長手続きをされるのがいいのではないでしょうか。
      そもそも出産期間中は失業(働く意思がある)状態ではないので、失業保険は受給できません。
      なので、現在の仕事と4ヶ月のパートで雇用保険期間を通算して、
      パートを辞めた段階で失業保険をもらうのが良いように思います。

      今の会社へ再雇用される場合でも、受給延長手続きをしておけば、
      雇用保険期間が通算されると思います。
      詳しくはハローワークに聞いてみてくださいね。

  11. まあま より:

    初めまして。再就職手当の事、最近しりました。今月末に自己都合で10年勤めた会社を退職します。
    ハローワークで紹介して貰った会社の面接を受け、今日採用連絡がありました
    来月から新しい職場で働く予定です。
    この場合、手当は貰えないのですか?

  12. まあま より:

    追伸。
    何の説明も受けてませんし、手続きもしていません。

    アドバイス頂けると幸いです。

    • Sunday より:

      退職前に採用が決まっているなら、再就職手当は出ないと思いますよ。
      再就職手当は失業申請して待期期間が満了した人が対象です。

  13. あい より:

    すみません、ココで聞いて良いのかわかりませんが書き込みさせていただきます。

    再就職手当を貰い働いていましたが4ヶ月で辞めてしまいました。
    前の職場の給費日数が残ってる場合、再び申請できるって本当ですか?
    よくわかりませんが多分、残ってると思うので…

    • Sunday より:

      所定給付日数が残っているなら、ハローワークで手続きすれば
      所定給付日数の範囲内で基本手当(失業保険)がもらえると思いますよ。

  14. なおっち より:

    初めまして(*^^*)
    今年の3がつで4年務めた会社を退職します。5月半ばから働く気でいるので
    4月に失業保険の手続きをして認定が降りしだいハローワークでの求人を探そうと思っています。3ヶ月はしてからしか保険金は降りないと聞きました。
    その場合再就職手当はもらえますか?

    • Sunday より:

      失業保険は3ヶ月の給付制限期間が終了しないともらえませんが、
      再就職手当は給付制限期間内でももらえますよ。
      「待期期間(7日間)後の1ヶ月間はハローワークの求人に限る」という点に注意しておけば大丈夫です。

  15. ya より:

    昨年6月に退社して失業保険を受けて保険は継続健保で毎月支払、住民税は2カ月毎に振込ですが確定申告では還付されますか?半年間の源泉徴収票の社会保険金額はかわりませんか?

  16. ya より:

    住民税、社会保険金額は前年収入で決められるので減額申請しかないですかね〜

    • Sunday より:

      確定申告で還付されるのは所得税に対しての部分なので、住民税と社会保険は関係ないですよ。
      今支払っている住民税と社会保険は前年(2015年)の所得に対するものなので、減額は役所に相談されるのがいいかと思います。

  17. みー より:

    はじめまして。
    伺いたいことがあり、ご連絡しました!

    1月に退社して2月から就職活動、3月から再就職となりました。この記事を見て、ハローワークからの紹介ではないため、再就職手当が貰えないということはわかったんですが、失業手当は貰えるんでしょうか?
    無知ですみません、ぜひ教えてください。
    (手続きはしており、説明会前に内定が出たという状態です。)

    • Sunday より:

      ハローワークからの紹介のみということは、自己都合退職ですかね。
      自己都合退職だと3ヶ月の給付制限があるので、失業手当は出ないですよ。

  18. まるひ より:

    はじめまして、コメント失礼致します。
    自己都合で3年務めた会社を退職しました。
    7日間の待機期間のあと、3ヶ月の制限期間があることは理解致しました。
    その後1ヶ月以内にハローワークで紹介されて就職が決まった場合は再就職手当が出るとのことですが、
    2ヶ月後に、ハローワーク以外のサイトからの応募で就職が決まった場合は、どうなるのでしょうか。
    制限期間内で、ハローワーク以外から就職が決まった場合は、手当は何も貰えないということになるのでしょうか。

    • Sunday より:

      2ヶ月経った後なら、ハローワーク以外のサイトで就職が決まった場合でも再就職手当は出ますよ。
      7日間の待期期間さえ終了していれば、給付制限期間中でも再就職手当は出ます。

  19. いっちゃん より:

    はじめて質問させていただきます。
    2014年4月に現在の会社に就職し、同5月末に再就職手当を受給しました。
    この度、昨年末の交通事故による休業が原因で、3月末日付けで会社都合による退職となりました。
    4月から再就職に向けて手続きをしたいところですが、回復が不十分で手続きを延長する事も考えています。
    手続き延長で生じるデメリットがあれば教えてください。
    また今回再就職出来たとしても、再就職手当については資格対象外でしょうか?

    • Sunday より:

      手続き延長のデメリットとしては、すぐに失業保険がもらえないことと、延長の手続きに診断書等が必要な場合があるということですね。
      ケガの具合にもよりますが、診断書が必要となると発行の手数料もかかりますので。
      再就職手当の再受給については「就職日前3年以内の就職について、再就職手当の支給を受けてないこと」という条件がありますので、次の就職がいつになるかによります。
      いっちゃんさんの場合は4月以降なら3年経ってるので大丈夫なんじゃないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

引っ越し
転職の引っ越し費用が負担される「移転費」とは

転職や再就職で遠方に引っ越す場合、引っ越し費用が高くつきますよね。 勤務地が田舎 …

断られる
人材紹介会社に断られないためには

僕は、前の転職は人材紹介会社を使いました。いわゆる「転職エージェント」というやつ …

給料が下がる
転職で給料が下がるともらえる就業促進定着手当

転職で給料が下がることもありますよね。 希望通り年収が上がればいいけど、転職で給 …

健康診断
無職の健康診断

先日、市の健康診断を受けてきました。 無職になると、会社の健康診断を受ける機会が …

延長申請
失業保険を延長できる個別延長給付とは

就職活動していてもなかなか就職先が決まらず、「ヤバい!もうすぐ失業保険が切れる」 …

フリーター
フリーターでも登録できる人材紹介会社

前の記事で人材紹介会社登録のコツをお話しました。再就職活動ではハロワや転職サイト …

地元
地元へUターン就職して大金ゲット

Uターン・Iターン就職も選択肢のひとつ 都会に出てきたけど、なかなか仕事が見つか …