再就職する

じっくり時間をかけて転職活動したい人がやるべきこと

更新日:

じっくり転職活動

一般的に転職活動は短期決戦がいいと言われています。

活動期間の平均は3~6ヶ月。

ダラダラ長引くと決まらないから、結構みんな集中して活動してるんですね。

とはいえ、じっくり時間をかけて転職活動したいという人も中にはいるのではないでしょうか。

転職者の気持ち

「自分のペースに転職活動をしたい」

「本当に納得のいく企業を見つけたい」

「妥協してブラック企業に入るのは嫌だ」

僕もかつて、転職活動を2年ぐらいやっていたことがあります。

だって、変な企業に入って人生踏み外したくないですもん! 半年やそこらで自分の人生を決めるなんてできませんよ。(>_<)

僕のようにマイペースにゆっくり活動したい人はいるでしょう。

そこで、1年以上の長期で転職活動をするときの注意点や、メリット・デメリットをお話します。

スポンサーリンク

 

 

焦って転職するとこんな悲劇が……

ブラック企業

「今すぐに会社を辞めたい!」と、短期間で集中して転職活動をする人は多いです。

しかし、焦って転職すると失敗することも多くなります。

次の調査によると、転職をした人のうち4人に1人が「転職を後悔している」そうなのです。

 

こんなに後悔してる人が多いなんて!(゚Д゚;)

焦って転職すると、ブラック企業につかまる可能性も高まりますもんね。

僕も同僚で「そんな会社に就職して大丈夫かよ?」という人を見てきました。

この同僚は結局2年以内に会社を辞め、また転職活動しています。

 

実は、転職市場では2~3月と9月が最も求人が出回る繁忙期とされています。

なので、これ以外の時期に活動すると、少ない選択肢から選ぶことになってしまうんです。

これには注意が必要。いくら早く辞めたいからといって、閑散期に転職活動するのは得策ではありません。

短期で決めるにしても、繁忙期を狙って活動した方がいいでしょう。

関連記事転職活動は10月に始めた方がいい理由

そして、こういう「時期」を気にせずに活動できるのが、長期で転職活動するメリットなんです。

 

長期で転職活動するメリット・デメリット

転職活動

長期で転職活動することには、メリットもあればデメリットもあります。

実際に2年間転職活動した僕だからこそ気づいたメリット・デメリットをお話します。

 

欠員補充の優良求人に巡り合える

求人には2種類あって、前任者が辞めるから補充する「欠員補充」と、単に多忙だから人を増やす「増員」があります。

で、「欠員補充」で優良な求人はあまり出回ってきません。だって、待遇の良い仕事なら誰も辞めないですもんね。

辞める人が少ない優良企業からは、「欠員補充」の求人はなかなか出てこないのです。

出産などの事情で前任者が辞める場合のみ、欠員補充の求人が出てきます。

長期で転職活動していれば、こういう優良求人に巡り合えます。

 

逆に、「増員」は人が足りないから増やすわけで、労働環境の悪い会社がやりがちです。

業績が良くてもめちゃくちゃ残業が多かったり、大量に人が辞めている会社も多いです。

じっくり転職活動していれば、こういうブラック企業を避けられます。

焦ってブラック企業に入らずに済むのが、長期で活動するメリットなんですね。

関連記事面接で分かるブラック企業の見分け方

 

「転職しない」という選択肢を選べる

転職活動では新しい会社に入るだけが選択肢ではありません。

「今の会社に残る」という選択肢もあります。

働きながら転職活動していると、「やっぱり今の会社の方がいいんじゃないか」と思うことはたびたびあります。

そんなとき、「今の会社に残る」という選択肢を選べるのが、長期で転職活動するメリットです。

 

いったん転職してしまうと、後悔しても引き返せません。

引き返せるうちに、今の会社を見直してみるのもいいでしょう。

それに、環境が変わることは相当なストレスを受けます。

冷静に「自分が環境変化に耐えられるか」を考えるのもいいと思いますよ。

 

ズルズルと転職活動が長引いてしまう

長く転職活動する最大のデメリットは、ズルズルと活動が長引いてしまうことでしょう。

1年以上やっていると決断できなくなり、転職のモチベーションも下がってしまいます。

僕もダラダラ長く活動していると、自分が何をしたいのか分からなくなったことがありました。

やはり「勢い」というのは大事で、チャンスがあれば「エイヤッ!」と飛び込んでみるのも必要ですね。

 

また、会社を辞めてから転職活動をしていると、ぬるま湯生活に慣れてしまってなかなか抜け出せません。

転職活動を長引かせないためには、「絶対〇月までに就職する」というふうに期限を決めておくことも大事です。

スポンサーリンク

 

長期の転職活動でも最低限やっておきたいこと

転職活動でやっておくこと

じっくり時間をかけて転職活動するのは、本当にあなたに合う会社を見つけるためです。

良い求人があるか、普段からアンテナを張っておきましょう。

 

とはいえ、毎日求人を探すのは大変です。

時間短縮のためにも、転職サイトのスカウトサービスを使ってみるといいでしょう。

なかでもリクナビNEXTのスカウトサービスは優秀なので、真っ先に登録しておいた方がいいです。

リクナビNEXT

転職なら【リクナビNEXT】

リクナビNEXTに登録すると、あなたに興味を持った企業からオファーが届くようになります。

いちいち求人を探さなくても、待ってるだけでお誘いが来るんです。

お誘いの中には、一般には公開されていない求人も含まれています。

何もしないで優良求人に出会えるのだから、活用しない手はないですよね。

 

しかもリクナビNEXTは、転職サイトの中では日本最大級の求人数を誇っています。

85%がリクナビNEXTでしか見られない求人です。

アンテナを張っておくなら、まずここを押さえておくのがいいですよ。

利用はもちろん無料。今すぐ活動しないにしても、リクナビNEXTの登録だけは済ましておきましょう。

>>リクナビNEXTに登録する

 

転職は人生のターニングポイントです。短期決戦で挑むのだけが正解ではありません。

じっくり考えて、悔いのない転職活動をしたいですね。

あなたが良い会社に巡り合えることを願っています。

無職から再就職するノウハウ

1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 3

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 4

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

年収モデルケース 5

今の自分の年収は周りと比べて高いのか?低いのか? 会社勤めしていると、周りとの収入格差が気になりますよね。   僕は以前、薄給ブラック企業に勤めてたんですが、当時はあまりにも給料が低くてずっ ...

無職生活をちょっと豊かにする

1

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

再就職手当 2

早期に就職すればもらえる再就職手当。失業後に就職が決まったらぜひもらいたい手当ですよね。 でも、再就職手当があるのは知ってるけど「失業保険をもらいきらずに就職したら損なんじゃないの?」と思ってませんか ...

給料が下がる 3

転職で給料が上がるか下がるかは気になりますよね。 順調に昇給していけばいいけれど、転職後1年目は転職前より給料が下がることの方が多いです。   リクルートワークス研究所が行う「全国就業実態パ ...

売れるもの 4

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

ミステリーショッパー 5

ミステリーショッパーという仕事をご存知ですか? ミステリーショッパーとは覆面調査・覆面モニターのことで、企業が顧客満足度を上げるために行っている調査です。 調査員が客のフリをして店舗に潜りこんだり、商 ...

-再就職する

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.