再就職する

じっくり時間をかけて転職活動したい人がやるべきこと

じっくり転職活動

転職活動は短期決戦がいいと一般的に言われています。

実際、転職活動した人の平均期間は3~6ヶ月。多くの人が半年以内に転職を果たしています。

長引くと決まらないから、みんな集中して活動してるんですね。

 

とはいえ、「じっくり時間をかけて転職活動したい」という人も中にはいるのではないでしょうか?

転職者の気持ち

「自分のペースで転職活動をしたい」

「本当に納得のいく企業を見つけたい」

「妥協してブラック企業に入るのは嫌だ」

僕もかつて、転職活動を2年ほど続けていたことがあります。

2年って長いでしょ。でも、僕にはそれだけの時間がかかりました。

だって、変な企業に入って人生踏み外したくないですもん! 半年やそこらで自分の人生を決めるなんてできませんよ。

サンデー
それにしても2年は長すぎるけど(笑)

僕のようにマイペースにゆっくり転職活動をしたい人はいるでしょう。

そこで、1年以上の長期で転職活動をするときの注意点や、メリット・デメリットをお話します。

実際に長期間の転職活動をした僕が感じた「良い点・悪い点」をお話しますね。

スポンサーリンク

 

 

焦って転職するとこんな悲劇が……

ブラック企業

「今すぐに会社を辞めたい!」と、短期間で集中して転職活動をする人は多いです。

しかし、焦って転職すると失敗することも多くなります。

企業の口コミサイト転職会議の調査によると、転職をした人のうち4人に1人が転職を後悔しているそうなのです。

サンデー
こんなに後悔してる人が多いなんて!

焦って転職すると、後悔するケースが多いのが分かるのではないでしょうか。

 

実は、短期の転職活動には落とし穴があります。

転職市場では2~3月と9月が最も求人が出回る繁忙期とされています。

なので、これ以外の時期には良い求人が出回っていません。

求人の閑散期に活動すると、少ない選択肢から選ぶことになってしまうんです。

サンデー
これは注意しといた方がいいよ

いくら早く転職したいからといって、閑散期に転職活動するのは得策ではありません。

短期で決めるにしても、繁忙期を狙って活動した方がいいでしょう。

そして、こういう「時期」を気にせずに活動できるのが、長期で転職活動するメリットなんです。

 

長期で転職活動するメリット・デメリット

転職活動

長期で転職活動することには、メリットもあればデメリットもあります。

実際に2年間転職活動した僕だからこそ気づいたメリット・デメリットをお話します。

 

欠員補充の優良求人に巡り合える

求人には2種類あって、前任者が辞めるから補充する「欠員補充」と、単に多忙だから人員を増やす「増員」があります。

で、「欠員補充」では優良な求人はあまり出回りません。だって、待遇の良い仕事なら誰も辞めないですもんね。

つまり辞める人が少ない優良企業からは、「欠員補充」の求人はなかなか出てこないのです。

出産などの事情で前任者が辞める場合のみ、欠員補充の求人が出てきます。

長期で転職活動していれば、こういう欠員補充の求人に巡り合えます。

 

逆に、「増員」は人が足りないから増やすわけで、労働環境の悪い会社がやりがちです。

業績が良くてもめちゃくちゃ残業が多かったり、大量に人が辞めている会社も多いです。

短期の転職活動では、「増員」で人を使い捨てになるブラック企業につかまる確率が高まります。

じっくり転職活動していれば、焦ってブラック企業に入らずに済むのが、長期で活動するメリットなんですね。

関連記事面接で分かるブラック企業の見分け方

 

「転職しない」という選択肢を選べる

転職活動では新しい会社に入るだけが選択肢ではありません。

「今の会社に残る」という選択肢もあります。

働きながら転職活動していると、「やっぱり今の会社の方がいいんじゃないか」と思うことはたびたびあります。

そんなとき、「今の会社に残る」という選択肢を選べるのが、長期で転職活動するメリットです。

 

いったん転職してしまうと、後悔しても引き返せません。

引き返せるうちに、今の会社の良さを見直してみるのもいいでしょう。

それに、環境が変わることは相当なストレスを受けます。

冷静に「自分が環境変化に耐えられるか」を考えるのもいいと思いますよ。

 

ズルズルと転職活動が長引いてしまう

長く転職活動する最大のデメリットは、ズルズルと活動が長引いてしまうことでしょう。

1年以上やっていると決断できなくなり、転職のモチベーションも下がってしまいます。

僕もダラダラ長く活動していると、自分が何をしたいのか分からなくなったことがありました。

やはり「勢い」というのは大事で、チャンスがあれば「エイヤッ!」と飛び込んでみるのも大事ですね。

 

また、会社を辞めてから転職活動をしていると、無職のぬるま湯生活に慣れてしまってなかなか抜け出せません。

転職活動を長引かせないためには、「絶対〇月までに就職する」というふうに期限を決めておくことも大事です。

スポンサーリンク

 

長期の転職活動でも最低限やっておきたいこと

転職活動でやっておくこと

じっくり時間をかけて転職活動するのは、本当にあなたに合う会社を見つけるためです。

良い求人があるか、普段からアンテナを張っておきましょう。

 

とはいえ、毎日求人を探すのは大変です。

時間短縮のためにも、転職サイトのスカウトサービスを使ってみるといいでしょう。

なかでもリクナビNEXTのスカウトサービスは優秀なので、真っ先に登録しておいた方がいいです。

リクナビNEXT

転職なら【リクナビNEXT】

リクナビNEXTに登録すると、あなたに興味を持った企業からスカウトが届くようになります。

いちいち求人を探さなくても、待ってるだけでオファーが来るんです。

オファーの中には、一般には公開されていない求人も含まれています。

何もしないで優良求人に出会えるのだから、活用しない手はないですよね。

 

しかもリクナビNEXTは、転職サイトの中では日本最大級の求人数を誇っています。

85%がリクナビNEXTでしか見られない求人です。

長期にわたってアンテナを張るなら、まずここを押さえておくのがいいですよ。

利用はもちろん無料。今すぐ活動しないにしても、リクナビNEXTの登録だけは済ましておきましょう。

>>リクナビNEXTに登録する

 

転職は人生のターニングポイントです。短期決戦で挑むのだけが正解ではありません。

じっくり考えて、悔いのない転職活動をしたいですね。

あなたが良い会社に巡り合えることを願っています。

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

失業保険の手続きと受給の流れ

退職後の社会保険・税金の手続き

無職・ニート向け転職エージェントまとめ

メンタルヘルスシリーズ

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

転職活動や再就職活動では、たくさんの求人から自分にピッタリの会社を見つけ出すことが大事です。 ハローワークや転職サイトからでは、ピッタリの会社はなかなか見つかりません。 そこで利用したいのが人材紹介会 ...

2

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

ブラック企業の見分け方 4

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 5

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

仮想通貨・ビットコイン投資の始め方 2

貯金しても全くお金が増えない中、新しい投資先として仮想通貨に注目が集まっています。 中でもビットコインは2020年末から急騰し始め、約1年でおよそ10倍に上がりました。 この波に乗れた人の中には、「億 ...

治験バイト 3

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 4

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

5

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

-再就職する

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2021 All Rights Reserved.