失業マニュアル

失業認定日って何するの?ハローワークの初回認定日の流れと注意点

失業認定日の流れと注意点

失業保険の手続きをすると、4週ごとにハローワークで失業の認定を受けることになります。

これを認定日と言います。一般的には失業認定日と言われています。

でも初めて失業保険を受ける人にとっては、認定日ってちょっと謎ですよね。

特に初回認定日は「何をするんだろう?」「何を聞かれるの?」「何を準備しておけばいい?」と気になってる人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、失業認定日当日の流れと注意点を解説します。

認定日に持っていくものや準備することを分かりやすく紹介するので、初めて認定日を迎える人は参考にしてください。

↓今回の内容は動画でも解説しています。

スポンサーリンク

 

 

失業認定日とは

失業認定日とは、失業状態にあるかチェックを受ける日です。

失業保険の受給中は4週に1度ハローワークへ出向き、失業認定を受ける必要があります。

失業状態とは「体が働ける状態にあって、仕事を探してるにもかかわらず就職できない状態」を指します。

そういう状態にいるかどうかをハローワークが認定するのが、失業認定日なんですね。

具体的には「就職していないかどうか」「就職活動をしているか」の2点をチェックされます。

失業認定日とは

  • 就職していないかどうか
  • 就職活動をしているか

の2点をチェックされる。

1点目の「就職していないかどうか」は、アルバイトなどをしていないかの確認です。

就職して仕事をしてるのに失業保険をもらってたらおかしいですよね。

就職したのに失業保険をもらっていたら不正受給になってしまいます。

関連記事失業保険の不正受給 バレるけどやりがちな3パターン

 

2点目の「就職活動をしているか」は、求職活動実績があるかの確認です。

失業保険は働く意思はあるけど就職できない人に支給されるものなので、「働くつもりはなく家で休んでます」って人には支給されないんですね。

よって就職活動をしたという実績が必要になります。

この2点を「失業認定申告書」から確認するのが、失業認定日なんです。

 

認定日の日時

失業保険を受給するためにハローワークで求職申込みをした日のことを、受給資格決定日と言います。

初回認定日は、この受給資格決定日の4週間後に設定されるのが一般的です。

以降は4週間ごと、同じ曜日に認定日が設定されます。

やむを得ない事情でハローワークへ行けないときは、手続きをすることで認定日を変更できます。

関連記事失業認定日にハローワークへ行けない・認定日を変更したい時の手続き

 

失業認定日の流れ

失業認定日

失業認定日当日の流れは以下のようになります。

失業認定日の流れ

  1. 必要書類の提出
  2. 面談・失業認定
  3. 次回認定日の案内

ハローワークへ行ったら、まず必要書類を提出します。

必要書類は失業認定申告書雇用保険受給資格者証の2種類です。

ハローワークによっては、このほかに求職活動アンケート等が必要になる場合もあります。

失業認定日に必要なもの

  • 失業認定申告書
  • 雇用保険受給資格者証
  • アンケート等(必要な場合)

順番が来たらハローワークの職員と面談をして、失業認定を受けます。

職員からは「この期間にアルバイトはしましたか?」「求人に応募しましたか?」「どんな職種で探されてますか?」といった簡単な質問を聞かれます。

 

面談が終わったら、次回の認定日の案内を受けて終了です。

認定日の所要時間は、待ち時間も含めて30分~1時間程度

実際は面談よりも待ち時間の方が長かった、なんてことがザラにあります(笑)。

認定が終わると、約1週間~10日後にその期間の失業保険が振り込まれます。

スポンサーリンク

 

失業認定申告書の書き方

失業認定申告書

失業認定日までに、失業認定申告書の準備をしておきましょう。

認定日には、この申告書をもとに失業認定が行われます。

認定日に提出する失業認定申告書の記入方法を説明しますね。

 

就職・就労実績の記入

失業認定申告書の上の部分には、期間中にアルバイトや内職などをした実績を書きます。

失業認定申告書

アルバイトをした場合は「した」に○を入れ、カレンダーに働いた日をチェックします。

4時間以上の労働は「就職または就労」とみなされるので○を、4時間未満の労働は「内職または手伝い」とみなされるので×をカレンダーに書き込みます。

就職・就労実績の記入

  • 4時間以上(就職または就労)⇒ 〇
  • 4時間未満(内職または手伝い)⇒ ×

働いた日に収入があったら、「収入のあった日」と「収入額」を書きます。

 

失業保険受給中でもアルバイトをして収入を得るのは構いません。

ただし、長く働きすぎると「就職した」とみなされて失業保険がストップしたり、働いた分だけ受給額が減額することになります。

失業保険を減らさずに働く方法は↓こちらの記事でまとめてるので、参考にしてください。

関連記事失業保険受給中の短期バイトの注意点

 

就職活動実績の記入

失業認定申告書の下の部分には、期間中の求職活動実績を書きます。

求人応募の失業認定申告書の書き方

求職活動実績は「求人の応募」のほかにも、採用面接やハローワークが行う職業相談・セミナーなども該当します。

失業保険を受給するには、原則として次の認定日までに2回以上の求職活動実績が必要になります。

ただし、初回認定日については1回以上の求職活動実績でかまいません。

また、初回は雇用保険説明会を実績にカウントできるので、何もしなくても自動的にクリアしてることになります。

求職活動実績の数え方

求職活動実績が足りないと、その期間の失業保険は不支給になります。

だから、何らかの実績を作る必要があるわけですが、簡単な求職活動実績の作り方は↓こちらで解説してるので、参考にしてください。

関連記事5分でできる!求職活動実績の簡単な作り方【ハロワの求人検索はNG】

 

まとめ

というわけで、失業認定日の流れや注意点を解説してきました。

認定日にハローワークへ行くは面倒ですが、当日それほど難しい手続きは必要ありません。

忘れずに認定を受けるようにしましょう。

 

また、失業保険の受給の流れについては↓こちらの記事でまとめてるので、あわせて参考にしてください。

失業
失業保険の手続きと受給の流れまとめ【損しないもらい方を解説】

会社を退職した後にもらえる失業保険は、無職の間の貴重な収入源です。 しかし実際にいくらもらえるのか、いつまでもらえるのかよく分かっていない人も多いのではないでしょうか。 失業保険はあくまで失業したとき ...

続きを見る

失業認定日は失業保険受給者にとってとても大事な日です。

失業保険をきっちり受給するためにも、当日何をするのかを確認して、しっかり準備しておいてくださいね。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

失業保険の手続きと受給の流れ

退職後の社会保険・税金の手続き

無職・ニート向け転職エージェントまとめ

メンタルヘルスシリーズ

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

転職活動や再就職活動では、たくさんの求人から自分にピッタリの会社を見つけ出すことが大事です。 ハローワークや転職サイトからでは、ピッタリの会社はなかなか見つかりません。 そこで利用したいのが人材紹介会 ...

2

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

ブラック企業の見分け方 4

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 5

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

失敗しないガス会社の乗り換え方 2

ガス代って高いですよね。 2022年、燃料価格の高騰やロシアのウクライナ侵攻もあり、ガス料金は一気に跳ね上がりました。 「少しでも安いところに乗り換えたい!」と、ガス会社の見直しを検討してる人も多いの ...

治験バイト 3

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 4

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

5

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

-失業マニュアル

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2022 All Rights Reserved.