独立する

税務署の記帳指導に行ってきた!内容と体験談

更新日:

記帳指導

僕は昨年、個人事業主として開業しました。

サラリーマンではないので、確定申告は自分でしないといけません。

ま、無職の時も自分で確定申告していましたけどね。

関連記事無職の確定申告のやり方

ただ、個人事業主になるとやらなければいけないのが帳簿付け。これがやっかいなんですよ!

簿記なんてさっぱり勉強したことありませんからね。青色申告にしたものの、もう何から始めていいか分からない!

 

ところが便利なサービスがありました。税務署が無料でやっている記帳指導です。これとは別に記帳説明会というのもあります。

セミナー形式で受講するのですが、僕も一通り受けてきました。

税務署の記帳指導とはどんなものか、体験談をレポートします。

スポンサーリンク

 

税務署の記帳指導とは

記帳指導とは、帳簿のつけ方から決算・確定申告の手続きまで、税理士やパソコンの指導員が無料でアドバイスしてくれるありがたいサービスです。

3~5時間程度のセミナーを4回ほど受講して、そこで簿記の基礎から会計ソフトの使い方までみっちり教わります。

途中、税理士の先生と相談できる回もあるので、分からないことは無料で相談できます。

最終的には自分で青色申告決算書を作れるようになるのが目標。

記帳指導ってなに?

僕も1年かけて4回全部受講したんですが、受けてみた感想は……

受けておいてよかったぁ!(≧▽≦)

講座としてちゃんと聞くからこそ理解できる内容でした。本を読むだけでは、チンプンカンプンのままだったでしょう。

おそらく受けていないと確定申告前に大慌てしてたのでは!?(笑)

 

青色申告の本はたくさん出ていますが、どこから始めていいか「手順」がイマイチ分からないんですよね……。

一応、青色申告の内容は頭では理解しているのですが、実際に「やってみなさい」と言われても、何から手を付ければいいか分からないのです。

記帳指導では、「まずこれを入力して、次にこれを入力して」と「手順」をしっかり教えてくれました。ほんと、受けておいてよかったです。

 

どんな人が受けているの?内容は?

記帳指導の参加者は年齢も性別もさまざま。

学生のような男の子がいたり、おじいちゃんがいたり、若くて綺麗なお姉さんがいたり。

自営業だからもっとおじさんばかりかと思ったら、いろんな人が参加していて驚きました。

この人たちみんな起業したんだから、すごいなぁ。 

参加者

会計ソフトは弥生会計のやよいの青色申告の体験版を使って授業を行いました。

記帳指導の内容はこのようになっています。

回数 講義時間 内容
第1回 5時間(講義) 青色申告とは、経理の流れと仕分け入門、勘定科目登録、帳簿入力
第2回 2時間(講義)+3時間(記帳点検指導) 減価償却と固定資産登録、各種帳票の印刷
第3回 3時間(講義) 決算整理について(棚卸表、家事按分計算など)、経費処理、青色決算申告書の作成
第4回 3時間 申告書作成指導

第2回と第4回では税理士の先生が入力データを見て指導してくれます。

セミナーで聞いた通りに家で帳簿入力すれば、最後の講義終了時には確定申告書類ができあがります。あとはそれを持って税務署に提出するだけ。

テキストももらえるので、復習するときには重宝しますよ。

テキスト

これらの「テキスト・セミナー・税理士との相談」が全て無料ですからね! 利用しない手はないでしょう。

おかげで僕も、初年度ながら無事に決算書を作ることができました。

作ってみると、意外に支払う税金が安かったです。青色申告特別控除の節税効果にビックリ。

↓こちらの記事で書いたように、青色申告はすごくお得ですね。

関連記事青色申告の手続きをしてきました

というか、払う税金が少ないのはまだまだ売上が少ないだけとも言えます。うーむ、もっと頑張らねば。

 

税理士さんには「クレジットカードの記帳はどうすればいいか」「ICOCAの支払いはどうすればいいか」といった細かな質問ができたのもよかったです。

税理士さんって怖う人かと思いきや、意外と優しく答えてくれましたよ。^^

 

記帳指導の申し込み方法

僕が受けた自治体では、記帳指導の申込書は開業初年度に税務署から自宅に送られてきました。

時期は7月~12月で3回行い、1~3月で決算の指導が行われます。

最寄りの税務署へ問い合わせれば、日程や申し込み方法を教えてくれます。

 

この記帳指導を受けたおかげで、会計ソフトも自分で扱えるようになりました。

僕はやよいの青色申告を使っています。個人事業主はfreee(フリー)を使ってる人も多いですよね。

どちらも無料期間があるので、最初は無料で使って試してみるといいと思いますよ。

とっかかりの難しい青色申告ですが、やってみると意外と自分でできちゃいます。

なんでも自分でやりたい派の僕にとっては、この記帳指導は非常に役立ちましたね。

今年開業した人には税務署から案内が来ると思うので、ぜひ受けてみてください。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 3

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 4

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

年収モデルケース 5

今の自分の年収は周りと比べて高いのか?低いのか? 会社勤めしていると、周りとの収入格差が気になりますよね。   僕は以前、薄給ブラック企業に勤めてたんですが、当時はあまりにも給料が低くてずっ ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
1

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

再就職手当 2

早期に就職すればもらえる再就職手当。失業後に就職が決まったらぜひもらいたい手当ですよね。 でも、再就職手当があるのは知ってるけど「失業保険をもらいきらずに就職したら損なんじゃないの?」と思ってませんか ...

給料が下がる 3

転職で給料が上がるか下がるかは気になりますよね。 順調に昇給していけばいいけれど、転職後1年目は転職前より給料が下がることの方が多いです。   リクルートワークス研究所が行う「全国就業実態パ ...

売れるもの 4

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

ミステリーショッパー 5

ミステリーショッパーという仕事をご存知ですか? ミステリーショッパーとは覆面調査・覆面モニターのことで、企業が顧客満足度を上げるために行っている調査です。 調査員が客のフリをして店舗に潜りこんだり、商 ...

-独立する

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.