無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ

明るく楽しく!無職生活

前向きに生きる

40歳の僕が30歳だった僕に言いたいこと

更新日:

40歳と30歳

僕は先日41歳の誕生日を迎えました。バカボンパパと同じ年齢です。

さすがに40歳の大台に乗ったときのような感慨はないですが、やっぱり誕生日になると年齢を意識します。だって、子供のころに想像してた40代とは全然違いますから(笑)。

本当はもっと立派な大人になってるはずだったのに、すっかり社会からはみ出した大人になってしまいましたw

でも振り返ってみると、30歳になったときも同じようなことを考えてましたね。「想像してた30歳と違う!」って。

今から考えると、30歳ってちっとも大人じゃないです。むしろ「子供だったな」って思います。アラサーでは理解できず、アラフォーになって気づいたことも多いですし。

とはいえ、「今、30歳に戻れたらもっとうまくやれるのに」と後悔しても仕方ないこと。人生にやり直しはありません。

そこで、40歳の自分が30歳だった自分に向けて「こうしておいた方がいいよ!」というアドバイスを書いてみたいと思います。タイムマシンで過去の自分に語る感じで。

「アラフォー世代がアラサー世代に送るメッセージ」と受け取っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

30歳だった僕へのアドバイス

30歳だった自分へ送りたい言葉はたくさんありますが、項目別に「健康」「仕事」「お金」「恋愛」「人生・考え方」に分けてみました。

できたこと、できなかったこと。後悔と自賛を織り交ぜて、つらつらと書いてみますね。

 

健康

30歳と40歳で決定的に違うのが健康面。40歳になると疲れは取れないし、風邪を引いても治らないし、体質が変わっていくのを身に染みて感じます。

僕は元々やせ型で食べても太らない体質だったんですが、30代後半から一気に10キロ太ってしまいました。「自分は太らないから大丈夫」と油断してたツケが回ってきましたね(笑)。

30代で痩せている人も、40代になると代謝が悪くなり、太りやすくなります。30代の不摂生は40代になって表面化するんですよ!

やはり日頃からの運動は早めにしておくべき。僕も40歳になってようやくジムに通い始めました。

あと、歯科検診は定期的に受けた方がいいです。虫歯になるとお金も時間もかかります。僕は怠っていたので痛い目に遭いました。(>_<)

何より歯周病は万病の元なので、常にケアおくのが長寿の秘訣みたいですよ。

 

仕事

僕は37歳で初めて転職したんですが、やっぱり転職は若いうちがいいです。歳をとると求人が少なくなるだけでなく、環境適応力もなくなりますから(汗)。

実際、僕は転職先に馴染めず2年で会社を辞めてしまいました。もし僕が若ければ、変なプライドがついてない分だけうまくやれていたのかもしれません。

関連記事僕が40歳手前で退職した理由

でも、僕はその後自分のやりたい仕事で独立できたので、結果的にはよかったと思っています。30代で培ってきたことが、40代で花開いた感じです。

大事なのは自分の軸を持つこと。僕には「ものを作る」という軸があって、それが今のWeb制作やアフィリエイトへとつながってきました。

軸さえしっかりしておけば、仕事の形が変わっても対応できるので、歳をとっても大丈夫な気がしてます。

関連記事会社に振り回されない生き方

 

お金

僕は独身なのでお金は自由に使っていますが、結婚してる人は大変ですよね。特に40代は住宅ローンや教育資金などで一番お金のかかるときです。

30代でやっておきたいのは、お金の知識を身に着けることだと思います。この「知識の差」が40代以降の「貧富の差」に結びついてきます。

僕は30歳頃から株式投資を始めました。成績は芳しくありませんが、おかげで「知識」はかなり身に着きました。

そして自分のビジネスをやり始めてようやく「お金の本質」が分かってきた気がします。もちろんまだまだ勉強中なんですけど、「知識」に助けられている感じです。

30代に言いたいのは、「お金に関しては20代のようなアバウトな感覚でいてはダメ」ということ。

老後破綻や下流老人と言われている昨今、「お金の知識」は30代のうちに身に着けておくべき必須事項だと思います。

 

恋愛

今だ独身の僕が言うのもなんですが、恋愛は若いうちにしておいた方がいいです。

歳をとると人を好きになりにくくなるんですよ! 若いころのように直感で人を判断できなくなるんです。家族やら将来やら、いろんなことを計算して躊躇してしまうんですね。

「待っていれば素敵な人が現れる」なんてことはないですからね。待てば待つほど恋愛から遠ざかるのが現実です(笑)。

40歳になると勢いもなくなりますからね~。特に男子は性的な勢いも弱くなりますw

やっぱり恋愛は30代(20代?)のうちにやっとくべし。

【追記】

この記事を書いた2016年当時の僕はまだ独身だったのですが、その1年半後の2018年、42歳で結婚しました。

こんな僕でも人並みの幸せをつかめたのだから、人生は何が起こるか分かりません(笑)。

関連記事突然ですが僕、結婚しました

 

人生・考え方

30歳の自分と40歳の自分を比べてみると、感情より理性の割合がぐんと上がった気がします。

これまで感情的に捉えていたことを理屈で捉えるようになった感じです。思考が現実的になったというのでしょうか。

これには一長一短があります。冷静に考えられるようになった反面、感情が動きにくくなったのも事実です。些細なことにも感動できるのは、若さの特権だったんでしょうね。

なので、感情を豊かに保つため、30代でも感動体験をたくさんするのは大事だと思います。映画でも読書でもいいから、習慣化しておくぐらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。

無感動な人生はつまらないですもんね。僕も気をつけたいと思います。

 

30歳は「おじさん」ではなく、まだまだ「子供」

こうして書いてみると「30歳ってめっちゃ若かったんだなぁ」って思います。40歳の今と比べると、30歳の自分なんてまだまだ子供ですわ(笑)。

だから、30歳で「もうおじさんだから」って言うのは早すぎますよ! 40歳になったらきっと「子供だったなぁ」って感じますから。

おそらく50歳の僕が今の僕を見たときもそう感じるんでしょうね。要は何歳になっても子供だということです。やっぱり自分を決めつけないことが大事なんじゃないかなぁ。

そして、30代にやったことは40代につながってきます。これは仕事にしても恋愛や健康にしても、すべてにおいてそうです。

きっと20代の積み重ねが30代を作り、30代の積み重ねが40代を作るんでしょう。そうやって50代・60代とつながっていくんだと思います。

そんなわけで、僕から言わせればアラサーってめちゃめちゃ若いです。30歳で「人生終わった…orz」なんてのは、いくらなんでも早く決めつけすぎです。

ま、年老いてみないと分からないこともたくさんありますからね。僕も次の50代に向けて、40代をコツコツ積み重ねていこうと思う今日この頃でした。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

向いてる仕事が分からない 4

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 5

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

治験バイト 2

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 3

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

4

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

飲み会 5

忘年会や新年会、友人との付き合い、急なお誘い。社会人ともなると飲み会の機会は多いです。 社会人なら交友関係が狭まらないよう、たとえお金がなくても飲み会の誘いには参加しておきたいところ。 でも、飲み代っ ...

-前向きに生きる

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.