独立する

無職がFIREするには独立・起業が近道だと思う理由

無職がFIRE

会社を辞めて無職になると、再び就職するのが億劫になりますよね。

「もうこのまま働きたくない!」と働かない生活を夢見る人も多いのではないでしょうか。

働かなくても収入が入ってきて、趣味や旅行を自由に楽しむ・・・

まるで夢物語のような生活ですが、そんな「働かない暮らし」を手に入れた人は、実は結構たくさんいます。

働かずに配当収入で暮らすFIREという生き方が欧米を中心に広がっていて、日本でもブームになってるんです。

 

実は僕も昔、FIREを目指したことがありました。

会社が嫌で嫌で仕方がなかった僕は、働かずに投資だけで生きていきたいと常々思ってました。

サンデー
とにかく働くのが嫌だったのよ

ただ、独立して自分でビジネスをするようになってからは、「サラリーマンのままではFIREは無理だな」というのが分かります。

FIREというと「投資」でセミリタイアするイメージがありますが、本当にFIREを目指すなら独立・起業が不可欠です。

 

そこで、無職からFIREを目指すには何をすればいいか、FIREへの近道は何なのかをお話します。

「もう会社に戻りたくない」「このまま早期リタイア・アーリーリタイアしたい」という人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

 

 

FIREとは

FIRE

まず、FIREとは何かを説明しておきます。缶コーヒーでも大仁田厚の掛け声でもないですよ。

FIREとは「Financial Independence Retire Early」の略で、経済的自立早期退職を目指す生き方のことです。

↓こちらの本がベストセラーになったことで、世に知られました。

著:クリスティー・シェン&ブライス・リャン 出版社:ダイヤモンド社

FIREで目指すのは、不労所得が生活費を上回る暮らし。

株の配当収入が主ですが、配当が生活費を上回って、もう働かなくてもいい状態を作り出すのが目標です。

FIREの目標地点

不労所得(主に配当収入)>生活費

配当収入で暮らすには、配当を生み出す資産(種銭)が必要です。

低リスクの商品でも年利4%ぐらいの運用は可能なので、4%を基準に必要な資産額を算出します。

必要な資産は「望む生活水準」によって異なります。

年収400万円で暮らすには1億円の資産が必要ですが、年収200万円なら5000万円の資産でFIREするのも可能です。

FIREに必要な資産額

  • 1億円×4%=400万円
  • 5000万円×4%=200万円

あとは年収の範囲で生活すれば、資産(種銭)を減らすことなく暮らせます。

サンデー
働かなくても生きていける!

もし年収200万円で完全にFIREするのが不安なら、少しだけ働いて200万円の収入を得て合計400万円の年収にする方法もあります。

このようにゆるく働いてFIREに近い状態を生み出すことを「サイドFIRE」と言います。

完全に引退する「早期リタイア」や「セミリタイア」と違い、FIREでは引退後に働くか働かないかも自由なんですね。

 

FIREのためには、投資をしまくって資産を作ります。

まずはガンガン稼いでめちゃくちゃ節約し、お金を貯めていきます。それをどんどん投資に回して増やしていきます。

そして目標額が貯まったらFIRE達成。あとは4%の利回りで運用して、配当収入で生活します。

FIREの道のり

このサイクルをものすごい速さで回せば、30代・40代でFIREするのも夢ではありません。

スポンサーリンク

 

 

給料と投資だけでFIREは無理な理由

FIREは無理

ここまで聞くとFIREってめちゃくちゃ魅力的ですよね。

「よし、俺も給料を全部投資に回してFIREを目指すぞ!」と考える人もいるでしょう。

でも、紹介しておきながら申し訳ないですが、給料と投資だけでFIREを達成するのはほぼ不可能です。

 

実は僕も昔、FIREしようと考えてたことがあるんですよ。

その頃はFIREなんて言葉はなかったのですが、米国債の利回りが3%ほどあったので「1億円あれば金利で暮らせるはず」と思い、本気で1億円貯めてやろうと考えてました。

そのためには毎日会社に作ったお茶を持参したり、昼食を290円の激安弁当で済ませたりして、給料の大部分を貯金に回しました。

でも安月給だと、どんなに頑張っても月10万貯めるのが限界なんですよね。

僕の年収は300万円ほどだったので、節約しまくっても年100万ほどしか貯まらないのです。

年100万円のペースだと、1億貯めるには100年が必要。

それでは先に人生が終わってしまいます・・・

サンデー
年収300万で1億貯めるのはどうやっても無理!

じゃあ「株で資産を作ろう!」と、僕は株式投資を始めました。

株式投資で確実に増えるのは「インデックス投資の積み立て」と言われています。

インデックス投資の積み立てなら、年利5%ほどで資産を増やしていくのは可能です。

でも月5万や10万を積み立てたところで、FIREの目標額には届かないんですよ。

これは年利5%の積み立てを計算した表ですが、月5万では30年経っても5000万円にすら届きません。

年利5%で積み立てた結果
積み立て額 10年 20年 30年
月5万 776万 2055万 4161万
月10万 1552万 4110万 8322万
月15万 2329万 6166万 1.24億
月20万 3105万 8220万 1.66億

月10万なら30年後には8000万円を超えますが、30年だと人生自体をリタイアしてる人も多いでしょう。

もっと早く元気なうちにリタイアするには、月15万や20万の積み立てをしないといけないわけです。

それでは生活費がなくなるから、たいていの人はここで壁にぶつかるでしょう。

サンデー
給料を全部つぎ込むなんて無理だ!

そうすると多くの人は「もっと短期で儲けよう」と考えて、仮想通貨やFXといった「リスクの高い商品」に手を出すことになります。

手っ取り早く資産を増やしたくなるんです。

関連記事仮想通貨・ビットコイン投資の始め方【億り人になれる?】

 

僕も「資産を10倍にしてやろう」とか考えて、個別株を中心に運用していました。

でもリスクの高い商品だと、素人は値動きに翻弄されてしまうんですよね。。

高値でつかんで底値で手放したり、損切りできずに抱え込んだり。

僕もリーマンショックのときは、新車を買えるほどの損を出す結果になりました(泣)。

関連記事FXはギャンブルか?FXで生きていけるのかを考えてみた

 

FIREには副業・起業が欠かせない理由

FIREのための副業

結局のところ、年収が低いとどうやってもFIREには届かないのです。

そもそもFIRE自体が年収1000万円クラスをモデルにした考え方です。

年収が300万や400万でいくら節約や積み立てを頑張っても、FIREにはたどり着けません。

 

しかし、月5~10万の副収入があると話は違ってきます。

給料と合わせて月5~10万の副収入を投資に回せば、月15~20万の積み立てができて、10~15年でのFIREが可能になります。

さきほどの表で見ると、月20万なら15年ほどでサイドFIREは達成できそうですよね。

 

それに「給与収入」と副業で得る「事業収入」では伸び方が全然違います。

給与収入は毎月一定しか入りませんが、事業収入は努力次第で青天井です。

サラリーマンの給料の2倍・3倍は余裕で可能ですし、僕もアフィリエイトなどでそれぐらいは稼げています。

給与収入と事業収入

多くの人はこの「事業収入を得る」というのを経由せずに、給与収入だけでFIREを目指そうとします。

しかし給与収入だけを投資してもさほど増えないため、リスクの高い投資に手を出すハメになり、結果的に損をして退場していくんです。

FIREのためには給与収入を投資するのではなく、給与収入に事業収入を足して投資するという考え方が必須です。

だからサラリーマンは副業をすることが不可欠。無職なら独立・起業を目指すことが絶対条件です。

FIREまでの道のり

  • 給与収入×投資 ⇒ ×達成不可能
  • (給与収入+事業収入)×投資 ⇒ ○達成可能

それに、独立して自分でビジネスをするのにはメリットがあります。

自分でビジネスをすると、FIREに近い状態になるんですよ。

 

たとえば僕のように専業でアフィリエイトをやってると、自分で休みを決めたり自由なスケジュールで仕事ができます。

嫌な上司と関わることもないから、人間関係のストレスもありません。

アフィリエイトでは働かなくてもある程度収入が入ってくるので、配当収入と同じような感覚もあります。

つまり、独立・起業した後の暮らしはFIREにとても近いんです。

独立はFIREに近い

  • 自分でスケジュール・休みを決めれる
  • 嫌な人と関わらないで済む
  • 自分のやりたい仕事だけをできる
  • 働いてなくてもある程度収入が入ってくる

このような状態だと、そもそもFIREする理由はなくなります。

僕も今ではあまりFIREを目指していません。

FIREを目指してビジネスを始めたら、その過程でFIREの生活が得られたわけですから。

だから副業・起業をした方がFIREに近づけるんです。

 

無職なら独立・起業をして自分でビジネスを始めるのが最もおすすめです。

その方が再就職して給与収入だけを得るよりも近道ですよ。

それにFIREを達成した人の声を聞くと、完全に働かなくていい状態だと人は働きたくなるものらしいです。

確かにお金に不自由しなくても、何もすることがない毎日はつまらないですもんね。

サンデー
その気持ちは僕もよく分かる

だから独立・起業でFIREするというのは人間として健全なのかもしれません。

事業だけでFIREと同等の生活をしてもいいし、事業収入を投資に回して本格的にFIREを目指すのもいいでしょう。

どちらにせよ給与収入だけでは無理なので、独立・起業にかじを切るのが大事です。

関連記事ブログ収入で生活する方法 5年以上実践した僕が真実を語る

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

失業保険の手続きと受給の流れ

退職後の社会保険・税金の手続き

無職・ニート向け転職エージェントまとめ

メンタルヘルスシリーズ

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

転職活動や再就職活動では、たくさんの求人から自分にピッタリの会社を見つけ出すことが大事です。 ハローワークや転職サイトからでは、ピッタリの会社はなかなか見つかりません。 そこで利用したいのが人材紹介会 ...

2

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

ブラック企業の見分け方 4

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 5

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

仮想通貨・ビットコイン投資の始め方 2

貯金しても全くお金が増えない中、新しい投資先として仮想通貨に注目が集まっています。 中でもビットコインは2020年末から急騰し始め、約1年でおよそ10倍に上がりました。 この波に乗れた人の中には、「億 ...

治験バイト 3

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 4

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

5

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

-独立する

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2021 All Rights Reserved.