前向きに生きる

人に合わせなくてもそんなに支障はない

更新日:

人に合わせる

僕は会う人からよく「人当たりがいいですね」と言われることがあります。

でも、中身はぜーんぜんそんなことないですよ!

本当は人のこととか全然考えられない性格ですから。

人に合わせるのが苦手だし、そもそも協調性がないからこうやって一人で仕事をしているわけですしね(笑)。

 

周りに合わせるのって難しいですよね。集団生活に溶け込めない人もいるでしょう。

僕も会社に勤めていたときは、周りから浮いてないか気を遣ってヘトヘトでした。

人と合わせるだけでこんなに疲れるなんて、なんて自分は社会性のない人間なんだと落ち込んだものです。

 

でも、人に合わせられないのは悪いことではありません。

ていうか、人に合わせなくても案外平気なものなんです。

むしろ「人に合わさなくちゃ」という考えが、人生を悪い方向に向かわせている面もあります。

周りのことを考えない方がうまくいくことって多いんです。

なぜ周りを気にしない方がうまくいくのか。今日はそんな話をしたいと思います。

スポンサーリンク

 

みんなで一緒にやるのが苦手

僕は学校や会社で「みんなで一緒にやる」という集団行動が苦手でした。

たとえば高校の文化祭。

クラスで出し物の準備をするのですが、なぜみんながこんな一緒になって行動できるのか不思議でした。

 

出し物は他人が決めたもの。僕とは何の関係もありません。

「これができたから何になるの?」という感じ。

自分が決めたものではないないから、全く気持ちが乗らないんです。

そうはいっても、何も手伝わないのは人の目が気になります。

だから、一応その場では手伝うわけですよ。

でも、心から手伝っているわけではなく「手伝っているように見せておこう」としているだけでした。

 

会社も似たような感じで、会社が決めた目標には全く気持ちが動きませんでした。

「売上目標○○円!みんなで頑張ろう!」と言われても、達成したからといって僕に何があるわけでもないですからね。

むしろ「忙しくなるから達成しないでくれ~!」と願ったものです。

なのに、周りは売上のために必死になっている。

しかたないから僕も必死になっているフリはしてました。

関連記事会社の売上が上がっても嬉しくない気持ちを正直に語る

 

でもね。心からの行動ではないから、ヘトヘトになるんですよ。

周りに合わせるためだけにやってるから、ドッと疲れるんです。

「ちゃんと頑張ってるふうに見えてるかな?」というのばかり気にしてしまうから、疲れちゃうんですよね。

どうしてみんなは自然と合わせられるのかが不思議でした。

そんな周りと比較して、「自分は協調性がないなぁ」と自己嫌悪に陥ったものです。

 

嫌われたくない心理が働いていただけ

どうして僕がヘトヘトになりながらも周りに合わようとしてたのか。

これは単に、嫌われたくなかっただけなんでしょうね。

頑張って人に合わせようとする努力は、「嫌われないようにしよう」という僕の臆病な心の裏返しだったんです。

でも、「嫌われないようにしよう」と嘘をついて生きるのてって、逆に嫌われる生き方だと思いませんか?

「どういうふうに見られているかな?」とビクビクしている人って、魅力的に映りませんよね?

 

実は、「嫌われてもいい」と開き直って好きなことをやる方が、人から好かれたりします。

実際僕は人に合わせるのをやめて自分の好きな仕事だけをやっていますが、いろんな人からコメントや感想をもらえたりします。

好き勝手にやっている方が人から好かれるんですね。

自分の好きなことだけやっていると、案外人は寄ってくるものなんです。

 

だって、周りに合わせるよりも、一人でやる方が僕は得意なんですもん。

人には2種類あって、周りと協調しながらやっていくのが得意な人もいれば、一人でコツコツやるのが得意な人もいます。

僕は完全に後者の方。だから、得意なことをやった方が、個性が発揮されるわけです。

文化祭の出し物はどうでもよかったけど、自分で作るサイトはいいものを作りたい。

会社の売上はどうでもよかったけど、自分の売上はもっと増やしたい。

すると、なぜか賛同してくれる人が現れます。

自分勝手に行動したら人が集まるという、あべこべなことが起こるんですね。

 

あなたが嫌われたくないから周りに合わているのなら、それはやめた方がいいです。

そういう理由で周りに合わせるのは、むしろ逆に嫌われる原因になってしまいます。

「自分中心」にこだわってみると、結構人は認めてくれますから。

人に合わせなくても、人生そんなに支障はなかったりするんですよ。

 

協調性は日本の集団生活でしか通じない

そもそも、協調性ってそんなに大事なんでしょうかね。

とかく日本では「空気を読むこと」が重視されます。

学校では全員で同じ授業を受け、会社では全員が同じように教育される。

空気を読んで周りに合わせることが美徳のように教え込まれています。

でも、空気を読まずに好きなことに忠実になることの方が、これからはよっぽど大事なんじゃないでしょうか。

 

国や組織の垣根がなくなりつつある今、人に合わせるだけで生きていける時代は終わりつつあります。

協調性はせいぜい日本の集団生活でしか通用しないものです。

これからは個人が好きなことをやり、お互いを認め合う社会の方が健全な気がするんですよね。

「人に合わせる」のではなく「違いを認める」こと。

だんだんと社会はそちらの方向にシフトしていくんじゃないでしょうか。

 

そうなったときに生き残れるのは、自分の好きなことに忠実に生きている人たちです。

嫌われないよう人に合わせて生きるのではなく、もっとワガママに生きてみてはどうでしょう。

それが人生を好転させるきっかけになるかもしれません。

人に合わせない生き方について、↓こちらの記事ではさらに詳しく書いてみました。よろしければ読んでみてください。

関連記事会社に振り回されない生き方

人に合わせなくても、案外大丈夫なものですよ。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 3

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 4

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

年収モデルケース 5

今の自分の年収は周りと比べて高いのか?低いのか? 会社勤めしていると、周りとの収入格差が気になりますよね。   僕は以前、薄給ブラック企業に勤めてたんですが、当時はあまりにも給料が低くてずっ ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
1

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

再就職手当 2

早期に就職すればもらえる再就職手当。失業後に就職が決まったらぜひもらいたい手当ですよね。 でも、再就職手当があるのは知ってるけど「失業保険をもらいきらずに就職したら損なんじゃないの?」と思ってませんか ...

給料が下がる 3

転職で給料が上がるか下がるかは気になりますよね。 順調に昇給していけばいいけれど、転職後1年目は転職前より給料が下がることの方が多いです。   リクルートワークス研究所が行う「全国就業実態パ ...

売れるもの 4

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

ミステリーショッパー 5

ミステリーショッパーという仕事をご存知ですか? ミステリーショッパーとは覆面調査・覆面モニターのことで、企業が顧客満足度を上げるために行っている調査です。 調査員が客のフリをして店舗に潜りこんだり、商 ...

-前向きに生きる

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.