再就職する

40代で失業・無職…絶望から這い上がり再就職するまでの過ごし方

40代で失業・無職

会社が倒産したりリストラで解雇されたり、40代でやむを得なく無職になることもあるでしょう。

40代での失業は、思ってる以上に厳しいです。

仕事が見つからず無職状態が長く続くかもしれませんし、そうなれば生活が困窮するのは必至です。

生活が苦しくなれば、焦りや劣等感も募って精神的にも参ってくるでしょう。

 

しかし絶望してばかりはいられません。

厳しいのは現実ですが、失業から立ち直って新しい生活を築き上げていくことは可能です。

そこで、40代で失業した人が再就職するための就職活動の進め方と、精神状態を健全に保つ日常の過ごし方を紹介します。

Shijima

この記事を書いた人:Shijima

学生時代にバイトに明け暮れて2度の中退を経てやむなく就職するも、わずか2年で退職。その後、長期のニート生活を見かねた親のコネで地方の電子部品メーカーにやむなく就職。底辺のキャリアのくせに一人前の顔をして社会人をしている中年男です。現在はギャンブルやライター業を副業に小銭を稼ぐのを楽しみにしています。一児の父(超絶かわいい)。
運営ブログ→よるのしじまに
スポンサーリンク

 

 

40代の再就職はこんなに難しい

40代の就職

40代で失業してからの再就職は、かなり難しいのが現実です。

転職サイトでは「40代でやりがいのある仕事に転身!」「40代からの転職で大幅年収アップ!」といったポジティブな宣伝も見ますが、これは転職支援を商売にしているから謳ってるだけの話。

いくら人手不足の世の中とはいえ、20代・30代のように引く手あまたというわけにはいきません。

現実を受け入れるためにも、40代の再就職がどれぐらい難しいのかをお話します。

 

本音では企業は若い人を採用したい

企業側からすると、スキルが同じで20代の人と40代の人がいれば、20代の人を採りたいのが本音です。

日本では年上を敬う価値観が強いので、年齢の高い新入社員は扱いにくいのです。

たとえば新人が何か失敗をしても、20代なら「まだ若いし仕方ないか」と許してくれる人は多いでしょう。

しかし40代で初歩的な失敗をすれば、「もういい歳なのに、こんな失敗をするなんて…」と白い目で見られることは確実です。

 

それに、部下が年上では大っぴらに叱るわけにもいきませんし、優しく指導するのも抵抗があります。

「なんか扱いにくい」という理由で、どうしても企業は若い人を優先的に採用するのです。

年下の上司と年上の部下

いくら本人が気にしなくても、これは採用されるあなたではなく、受け入れる側の感情ですからどうにもなりません。

特別な実績やスキルのある人、つまり「わたし、失敗しないので!」という人材を除いて、40代での再就職は難しいと心得ておきましょう。

 

年齢に見合う給料が出ない

独身で20代なら手取り20万円を切る安月給でも、払う側ももらう側も納得できるでしょう。それぐらいが世間並みですから。

でも40代で家庭のある人なら、ある程度の収入がなければ生活が成り立ちません。

とはいえ中途入社の新人を年収500万・600万といった待遇で受け入れてくれる企業はまれです。

40代の給料

給料の金額は、もらう側はもちろんのこと、払う側も憂慮します。

40代の家庭持ちの人を採用するときの、企業担当者の心境を想像してみましょう。

安い給料を提示することも、採用後に20代の若者と同じ給料で働かせることも、なんだか心苦しく感じませんか?

企業担当者の本音

「40代なんだし、それなりの金額がほしいだろうなあ…」

「かといって仮に優秀でも、倍々でベースアップなんてできないし…」

そうなれば、「最初の書類選考で落としてしまおう」と考えるのが容易に想像できます。

少しくらいの実績があっても、40代に見合うような給料を気前よく支払う企業はありません。

 

体力の衰え

あなたがサービス業や建設業など現場で働く仕事を希望している場合はなおさらです。

どんなに優れた技術や長いキャリアがあっても、若い人の体力には絶対にかないません。

40代というのは体力面では完全に下り坂で、採用しても「だんだん能力は落ちてゆく」と判断されます。

「将来性」を検討材料に加えれば、採用したいのは若い人に決まっています。

企業は、即戦力でも短期なら正社員ではなく契約社員やアルバイトで十分と考えますから、高齢のあなたを正社員として採用するメリットは非常に少ないのです。

 

下の図の「中途採用の年齢別の採用方針」を見ると、企業は35歳未満の転職者は積極的に採用する一方、40代になると採用を考えない企業が多くなっています。

45歳以上に至っては、約半数の企業が「あまり採用は考えていない」と答えています。

若い人を採用したいという価値観はいまだに強く、40代が転職で不利になるのがよくわかります。

中途採用の年齢別の採用方針

中途採用に係る現状等について | 厚生労働省

ちなみに、私の知り合いの会社(製造業と商社)に昨年1年間の40代の採用者の有無を聞いてみましたが、17社で1人だけでした。

その方は同業他社への転職で、転職前からその会社と接点があったので、完全に未経験からの転職ではありません(しかも前職は技術系の役職者でした)。

このように、周りにも40代の転職成功者がほとんどいない事実は、40代の転職が相当に難しいことを表しています。

 

40代の再就職活動の進め方

40代の再就職

40代の再就職がいくら厳しいとはいえ、不可能というわけではありません。

かつては転職する年齢は「35歳」が限界と言われていましたが、今では40歳以上のミドルを積極採用する企業も増えてきています。

人手不足によって若者の採用が難しくなったのと、企業の中核を担う人材が不足しているのが原因です。

40代を採る企業が増えた理由

  • 人手不足によって若者の採用が難しくなったため
  • 企業の中核を担う人材が不足しているため

ただし、40代を積極採用している企業はハローワークではうまく見つけられません。

ハローワークでは年齢を制限して求人を出すことが禁止されているため、企業がどの年齢層の人材を希望しているかが分かりにくいからです。

40代が受かりやすい企業を見つけるには、転職エージェントと転職サイトの活用が必要です。

 

転職エージェントを活用する

40代を積極採用している企業を見つけるには、転職エージェントを使うのが最も効率的です。

転職エージェントを使うと、担当のキャリアアドバイザーがあなたに合った求人を紹介してくれます。

職歴やスキルを判断して受かりそうな企業を選んでくれるから、ハローワークで手当たり次第に応募するより手間がかかりません。

職務経歴書や面接のアドバイスをしてもらえるのもいいところ。

40代の再就職活動は、一人で進めるよりもプロと二人三脚で進めた方が有利です。

主な転職エージェントと活用法は↓こちらでまとめてますので、参考にしてください。

関連記事転職エージェント・人材紹介大手5社の特徴を比較した

 

ただし、転職エージェントは年齢や経歴で登録を断られることがあります。

たとえばマイナビエージェントは若手を主な対象にしているため、40代では登録を断られることが多いです。

40代が断られるエージェント

マイナビエージェント、ハタラクティブ、DYM就職 など

関連記事転職エージェントに登録を断られる理由、断られないための対策

 

無駄足にならないためにも、40代を積極的に受け入れている転職エージェントを選ぶのが大事。

そこで、ここでは40代でも登録しやすい転職エージェントを集めてみました。

これまでの職歴がちゃんとしている人なら利用しやすいので、まずはここから無料登録してみましょう。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界トップの転職エージェントです。

大企業から中小ベンチャーまで幅広い求人がそろっており、あなたに合った求人を紹介してもらえます。

とにかく求人の種類が多いので、40代でもマッチする求人は多いです。

リクルートエージェントを利用しているのといないのとでは、転職の成功率に雲泥の差が出てくると思います。

再就職活動するなら、とりあえず最初に登録しておきましょう。

 

doda

doda

doda(デューダ)はリクルートエージェントに次ぐ、業界2番手の転職エージェントです。

業界2番手だけあって求人の数は多く、非公開求人も幅広くそろえています。

リクルートエージェントが大企業の求人もそろえているのに対して、dodaは小型ベンチャーなど小粒な求人が多い印象です。

そういう意味では、あまり経歴に自信がない40代でもピッタリな求人を見つけやすいと思います。

転職サイトと一体化したサービスなので、一度の登録でエージェントと転職サイトの両方が利用できるのもメリットです。

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはミドルクラス・ハイクラスの求人をメインで扱う転職エージェントです。

年収が600万円以上をメインターゲットとしており、管理職・専門職の求人が中心になります。

そのため利用者の年齢が高く、40代・50代がマッチする求人を多く紹介してもらえます。

また、サポートが手厚いので利用者の満足度が非常に高いのも特徴。

今までのスキルを活かして年収アップを実現させたいなら、ぜひ活用しましょう。

 

転職サイトを活用する

再就職活動には転職エージェントを使うのがベストですが、中にはスキル・経験が乏しくて登録できない人もいるでしょう。

そんなときは転職サイトの登録から始めてみましょう。

転職サイトならどんな人でも登録できます。もちろん費用は無料。

登録しておけば企業からスカウトされることもあるので、そこから就職先が見つかる場合もあります。

転職サイトはたくさんあるので、↓こちらの記事もあわせて参考にしてください。

関連記事無職が登録すべき転職サイト9選!無職の上手な転職サイト活用術

 

ここでは、40代が活用しやすい転職サイトを紹介します。

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT転職者の8割が登録しているという、転職サイトの最大手。再就職活動するなら必ず登録すべきサイトです。

掲載求人のうち85%が「リクナビNEXTにしか載っていない求人」なので、40代を積極採用している企業も多く載っています。

転職サイトのリーダー的存在だけあって、使いやすさも抜群。

企業からのスカウトが届く「オファー機能」、自分にピッタリの求人を紹介してくれる「レコメンド機能」、性格診断で自分の強みが分かる「グッドポイント診断」など、転職活動に必要な機能がすべてそろっています。

40代で再就職活動するなら、ここは必ず登録しておきましょう。

 

FROM40

FROM40

FROM40は中高年・40代・50代以上を対象とした求人だけを掲載している転職サイトです。

正社員だけでなく契約・派遣・パート・アルバイトの求人も扱っているため、雇用形態を問わない仕事探しができます。

最初から年齢を限定しているので、余計な応募で時間が無駄にならないのがいいところ。

スカウト機能もあり、登録するだけで企業からのオファーも届きます。

まさに40代の再就職活動に特化した転職サイトです。

 

40代で失業するとこんな不安に襲われる

失業の不安

ここからは、40代で失業してからの生活のしかた・日々の過ごし方についてお話していきます。

40代で仕事をなくすというのは、とても不安なことです。

若い時でさえ「無職」の立場は肩身が狭いものなのに、40代で自他共に認める中年ならなおさらでしょう。

失業するとどのような不安を抱えることになるのかをお話します。

 

お金がない

当然ながら失業すると真っ先に不安になるのが「お金」の問題です。

40代で失業してお金がないというのは、若い時のダメージとは比較になりません。

若いうちはこの先挽回できるチャンスがいくらでもありますが、40代ではこの先働ける年数が限られているので、生涯の収入もだいたい分かってしまいます。

単純に手持ちのお金がなくなるのもありますが、それ以上にこの先の人生が知れたものになることの方が怖いのです。

お金で「先の期待」ができない絶望感は、若い人には理解できないでしょう。

関連記事無職で貯金なしはこんな暮らしになる:貯金なしから脱出する方法

貧乏な老後

あなたが独身ではなく家庭を持っているなら、さらに不安は加速します。

自分だけでなく家族を養う立場というのは、責任も負担も大きいでしょう。

独り身なら低賃金の仕事でも構いませんが、家族がいるならそれなりの収入が必要です。

責任感が強い人なら「何とか生きていくだけの収入」では足りませんよね? 「家族に幸せな生活をさせてあげたい」と思うはずです。

自分以外の人生も守らなければならない責任感は、時として励みになりますが、重圧にもなります。

 

社会的・精神的な「孤独」

10代・20代なら無職でもそれほど気にはならないでしょう。

フリーターやニートもたくさんいますし、世間も「若いから」で済まされる雰囲気があります。

でも40代にもなれば「若くない」ので、世間も厳しい目で見ている(気がする)でしょう。

働いてないのを非難

世間の目だけではありません。

もし家族が「お金がない」という理由で生活が切迫していたら、あなたは平静でいられるでしょうか?

たとえば子供がお金の問題で塾や大学に行けないとしたら……。

「自分のせいで家族が不幸になっている」と責任を感じ、「自分が何とかしなければ…」と思うでしょう。

 

でも現実は甘くありません。40代で収入を維持しながら再就職するのは至難の業です。

そのギャップから罪悪感にいたたまれなくなり、だんだん家族と距離を置き、孤独になっていきます。

「無職」は物理的に実社会から隔絶されるだけでなく、精神的に家族や社会からあなたを引き離しててくのです。

無職で感じる「孤独」は、お金がないことよりも深刻な問題です。

関連記事無職で不安で眠れない時の心境を語る【不安な気持ちの解消法】

 

劣等感

仕事を辞めてすぐの頃は、まだ精神的にも余裕があります。

でも次第にお金がなくなり、再就職できない日々が続くにつれ、無職の自分を恥ずかしいと思うようになります。

仕事をしていたときの自信はなくなり、自分を社会不適合者だと思い悩み、だんだん他人と接するのが億劫で怖くなります。

周りの慰めも「気を遣わせている」というひねくれた受け取り方になり、自分は劣った人間に思えてきて、何をするのもイヤになってしまうのです。

仕事に就けないことは、稼ぎを失うだけでなく、社会に受け入れてもらえないという劣等感を生み出します。

関連記事自分には価値がない…無職が生きてる意味って何?

 

就職するまでのメンタルの保ち方

メンタルの保ち方

失業している間はメンタルが不安定になり、なかなか前向きな気持ちにはなれないでしょう。

しかしその気持ちを放置していては、うつ病などの大きな精神疾患にもつながりかねません。

失業中は精神を健全に保つメンタルコントロールが大切です。

社会から隔絶されて孤独にさいなまれないよう、日頃から良い考え方や習慣を心がけましょう。

失業中に心がけたい習慣や過ごし方など、健全なメンタルの保ち方を紹介しますね。

 

規則正しい生活をする

単純なことかもしれませんが、朝起きて夜寝ることは大事です。

無職になっても規則正しい生活を心がけましょう。

昼夜逆転の生活は、心身の堕落だけでなく他人との接点が持てなくなるため、孤独感や劣等感を助長します。

どれだけ気分が落ち込んでいても、朝起きたら「おはよう」、夜寝る前に「おやすみ」を言う。

これだけで孤独を感じることは少なくなるでしょう。

関連記事無職の平均睡眠時間

 

人の目は気にしない

無職になって引け目を感じるかもしれませんが、人の目は気にしないようにしましょう。

劣等感の正体は思い込みです。

思春期の男の子がヘアスタイルにこだわるように、他人から見たら「どうでもいい」問題を強く気にしているだけです。

本人にとっては大問題ですが、赤の他人からすると気にもならないのが本音です。

 

あなたが第三者なら、隣のお宅のご主人が失業したと聞いてどう思いますか?

「隣のご主人は社会不適合者だ。今すぐバカにしてやろう」とか、「失業?何という愚かな人生だ。不幸がうつるから会わないようにしよう」とは思わないでしょう?

たぶん「へーそうなんだ」くらいで終わりますよね?

はっきりいって、人は利害関係のない他人に興味はないのです。

精神的に追い込まれるのは「自分が気にしているだけ」で、他人の目を気にする必要はありません。

粛々と再就職に向けた活動をして、後は堂々としていたらいいのです。

 

もしそんなあなたをバカにする人がいたら、僕だったら心底その人を軽蔑しますね。

きっと多くの人が同じ意見だと思いますよ。

 

妥協しまくる

40代の再就職には妥協が必須です。

家族を養うために「この年収以上は欲しい」というボーダーラインもあるでしょうけど、こだわり過ぎると一向に就職先は決まりません。

怖いのは再就職できないことよりも、失業が長期化して精神的に追い込まれることです。

安月給でも働いていれば「収入ゼロ」ではありませんし、規則正しい生活を強制的に送れます。

失業している状況を気にしない精神も大切ですが、気にしない状況を作り出すことも大事です。

どんな仕事でもいいから妥協して始めてみれば、案外向いた仕事に出会えるかもしれません。

関連記事自分に向いてる仕事がわからない時の探し方

 

1人にならない

再就職活動といっても、休日なしで一日中動くわけではありませんよね?

土日なんかは、わりと時間もあるはずです。

そんな時には趣味でもいいので、外に出て人と交流する機会を持ちましょう。

失業中は人と会うのが億劫で1人になりたいでしょうが、意識して社会と接触を持つことが必要です。

 

組織に属さないのは精神的に楽です。だからといって、1人に慣れてしまうと再就職そのものが面倒になる可能性が高くなります。

それに、1人でいるとネガティブな考え事をする時間が増えて、精神的な悪影響も出ます。

家の中に閉じこもらず、なるべく外に出て人と交流した方がいいでしょう。

関連記事無職は友達に会いたくなくても会った方がいい理由

 

まとめ

40代の再就職はハードルが高く、自分が思ってる以上に厳しいかもしれません。

絶望に打ちひしがれて「死ぬしかない…」とあきらめたくもなるでしょう。

しかし、40代で無職の人はたくさんいます。50代で失業するよりマシだったと思えませんか?

 

それにたとえ再就職が難しくても、それは社会の仕組みが40代を受け入れにくいだけで、あなたの価値が低いわけではありません。

楽観しすぎるのも問題ですが、悲観的になってずっと暗い気持ちで生きていくのは不幸なことです。

家族や周りの人を幸せにしたいなら、あなた自身が毎日を楽しく過ごせることが一番です。

明けない夜はありません。今だからこそできることを、一つずつ進めていきましょう。

きっとその先にはより良い未来が待ってるはずです。

40代におすすめの転職サイト

▼転職エージェントを活用する▼

>>リクルートエージェント

>>doda

>>JACリクルートメント

▼転職サイトを活用する▼

>>リクナビNEXT

>>FROM40

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

失業保険の手続きと受給の流れ

退職後の社会保険・税金の手続き

無職・ニート向け転職エージェントまとめ

メンタルヘルスシリーズ

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

無職が登録すべき転職サイト 2

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

3

転職活動や再就職活動では、たくさんの求人から自分にピッタリの会社を見つけ出すことが大事です。 ハローワークや転職サイトからでは、ピッタリの会社はなかなか見つかりません。 そこで利用したいのが人材紹介会 ...

ブラック企業の見分け方 4

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 5

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
格安スマホへの乗り換え 1

無職になり収入がなくなると、生活費を切り詰める必要がありますよね。 セコセコと食費を切り詰めてもいいですが、それではストレスが増すばかり。 それよりも真っ先に手をつけてほしいのが、携帯料金の見直しです ...

売れるもの 2

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

治験バイト 3

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 4

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

5

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

-再就職する

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2020 All Rights Reserved.