明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

労働条件が違う「おとり求人」に注意

      2016/05/17

おとり求人

求人広告の中には、労働条件が実態とは違う求人も混ざっています。

「月収20万円と書かれていたが、基本給は12万円で残りは残業手当だった」
「週休2日制のはずが、実際は1日だった」

入社してから気づいては遅いですよね。

こうならないためにも、面接や内定通知で労働条件はしっかり確認しておく必要があります。

求人広告は実態と違うことがある

僕も再就職活動をしていて、こんな企業がありました。

「社内や関連会社の広告を作る仕事」と書かれていて、魅力的に感じた求人広告がありました。
でも面接で聞いてみると「各部署の求人依頼を求人サイトに載せる仕事」だったんですね。

仕事内容が求人広告となんか違う。。

その会社は年中人を採用しており、ものすごい数の求人を掲載するんだそう。
だから求人を出す仕事も多すぎて手が回らないので、それを専門にやって欲しいとのこと。

「ていうか、どんだけ人が辞めてんだよっ!」って思いましたが。(^^;) 

で、面接で「どういった実績を残せば評価されるんですか?」と質問してみたら、
「出した求人広告で応募者がたくさん来たら評価されます」と言うんですね。

あぁ、それで実際の内容と違う魅力的な求人広告を出していたのか。。
そしてそんな広告を作る人を募集しているということですか!?

うーん、それより離職者を減らす努力をした方がいいんじゃないのかなぁ。
ま、この会社には落ちたので別にいいですが。

 

このように魅力的な内容で応募者を募る求人は「おとり求人」と言われています。

こういうのって「詐欺なんじゃないの!?」って思いますよね。

でも求人広告は「労働者に労働契約の申込を誘引させるもの」にすぎず、会社はこの記載内容に縛られないらしいです。

つまり、求人広告と違う内容でも「面接や内定時に明示すればOK」というわけなんですね。

だから求人広告を鵜呑みにしてはいけないです。
必ず明示された労働条件を確認する必要があります。

必ず労働条件通知書をチェックすること 

たいていの企業は内定時に労働条件通知書をくれると思います。
くれない企業には請求するようにしましょう。

内定時に「一生のことなので、条件もしっかり確認して決めたいので」と言えば発行してくれます。
そこで内定を取り消すような企業は、たぶん入ってもロクなことがありません。

労働契約は口頭でも成立するので、内定が欲しいからといって「はい、入社します!」と言うと、不本意な労働条件をのまされてしまう可能性があります。

一応、入社して2週間以内なら契約は即時解除できますが、履歴書にも傷がつくのであまり現実的ではないですよね。。

すぐに就職したい気持ちは分かりますが、後々困らないためにもチェックは怠らないようにしたいところです。

悪質なものはハローワークに相談を

こういった「おとり求人」を防ぐために、ハローワークも対策に乗り出しています。

2014年の3月から「ハローワーク求人ホットライン」というのが開設されて、「求人内容と違う」という相談に対応しています。

やっと動き出したか、という今更感はありますが。。

ま、こういうところに相談することが、ブラック企業をなくすことにもつながると思います。
泣き寝入りは同じような被害者を増やしてしまいますからね。

悪質なものは↓こちらから相談するようにしましょう。

厚生労働省「ハローワーク求人ホットライン」 

本当の労働環境は口コミサイトで調べよう

企業の内部事情を求人票で知るには限界があります。
ボーナスや残業時間はあくまで目安でしかないですからね。
実際に入社してみたら「ボーナスなし」「長時間残業」ということだってあります。

そんなブラック企業につかまらないために、求人に応募する際は転職口コミサイトを利用するといいですよ。

キャリコネは無料で利用できる転職口コミサイト。
登録すれば40万件以上の企業の口コミが見られます。

キャリコネ

転職口コミサイト キャリコネ

口コミといっても、2ちゃんねるのようないい加減なものではありません。
キャリコネは社員や元社員が書き込んでいるので、その信憑性は確かです。

例えば、社員の給与明細では残業代からボーナスまで、入社何年目でいくらもらえるかが一目で分かります。

給与明細

求人票と違いはないか。現場の声を確認してみるといいですよ。
おとり求人に騙されてブラック企業につかまってしまったら一生後悔しますからね。

キャリコネなら、サービス残業から休日出勤まで本当の労働条件を知ることができます。
気になる企業があるなら、まず内部事情を調べてみては?

キャリコネで転職先の労働条件を調べる

 - 再就職する

Comment

  1. こんにちは、アフィリ暮らしです。

    先日ブログにコメントありがとうございます。

    おとり求人なんてあるんですね。
    あまり求人を見ないので全然知りませんでした。

    仕事をするなら、しっかり契約書を読まなければいけませんね。

    ブログ応援させて頂きます。

    • Sunday より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      面接行くと求人内容と違ってた、ってのは結構ありますよ~。
      入社する時は気を付けないといけないですね。
      応援ありがとうございます。^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

再就職手当
損か得か?再就職手当の金額と条件

早期に就職すればもらえる再就職手当。内定したらぜひゲットしたいですよね。 でも、 …

給料が下がる
転職で給料が下がるともらえる就業促進定着手当

転職で給料が下がることもありますよね。 希望通り年収が上がればいいけど、転職で給 …

ハローワーク
ハローワークの求人にネットから応募するには

失業期間中に何度もお世話になるハローワーク。仕事を探すなら頻繁に足を運ぶ場所です …

フリーター
フリーターでも登録できる人材紹介会社

前の記事で人材紹介会社登録のコツをお話しました。再就職活動ではハロワや転職サイト …

人材紹介大手
人材紹介大手3社の特徴を比較してみた

転職活動や再就職活動では、たくさんの求人を見て選択肢を広げるのがベストです。 ハ …

面接
面接に受かるためにした1つのこと

僕は転職で前の会社に入りました。当時36歳でしたが、15社くらい面接を受けて4社 …

引っ越し
転職の引っ越し費用が負担される「移転費」とは

転職や再就職で遠方に引っ越す場合、引っ越し費用が高くつきますよね。 勤務地が田舎 …