明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

ネガティブの長所、ポジティブの短所

      2015/07/27

ネガティブ

こんにちは、Sundayです。

「明るく楽しく!無職生活ブログ」なんてやってると、「Sundayさんは前向きな人だ」と思われてるかもしれませんね。

でも、

とんでもない!

僕はめちゃめちゃネガティブ人間です。

 

あだ名はスーパーネガティブ

実は、僕は基本的に後ろ向きでマイナス思考。

前の会社では何をするにしても僕が反対するもんだから、上司に「スーパーネガティブ」と呼ばれてたくらいです(笑)。

実際、僕は何事も「失敗する」という前提で考えてるから、あまり自分から動きません。

ま、めんどくさがり屋というのもありますが。(^_^;)

「石橋を叩いて叩いて叩いて、渡らない」ってことが多いですねー。だからチャンスを逃してきたこともたくさんあると思います。

まさに失敗を恐れて動けないネガティブ人間なんです。

 

僕も「ポジティブになりたい」と思ったことはあります。皆さんの中にも「ネガティブを治したい」という人はいるでしょう。

でも、40歳の僕がはっきり申し上げると

ネガティブは一生治りません。

だって40年生きてきて治らなかったんだから(笑)。

人間の性格なんて、そうそう変わるものではありません。

たぶん僕も一生ネガティブなままです。

だから僕は発想を変えたんですよ。ネガティブとうまく付き合っていこうと。

 

ネガティブは悪くない

ネガティブはそう悪いものではありません。むしろポジティブシンキングが危ういときだってあります。

僕が以前勤めていた会社は「考えるより動け」って会社で、毎日のように新しい企画が立ち上がってました。

「まず、やってみよう」というノリで始まるので、企画はいつも失敗ばかり。

上司はそれで仕事をした気になってますが、振り回される方はたまったものじゃありません。

やがて会社は業績悪化で傾いていきました。

僕は「失敗する」と警告してたんですけどねー。なのに「スーパーネガティブ」呼ばわりですよ。(^_^;)

考えないポジティブは「無謀」って言うんです。

ポジティブは時に「無謀」に陥るんですね。

 

ネガティブの長所とは

ネガティブの長所は「慎重」ってことだと思います。

だから、それを伸ばす方向で考えた方がいいと思うんですね。

僕の場合、何か始めるときは徹底的に保険をかけます。失敗する前提で動いてるから、失敗したときのリスクを極力減らすんです。

目標とともに、失敗したときのことも考える。まさにネガティブのなせる技!

だって、傷つきたくないんです。
将来が不安で不安で仕方ないんです(笑)。

将来が不安だから節約もするし(無職と自炊と特売日参照)、健康診断だって受けます(無職の健康診断参照)。

マイナス思考で会社も国も信用してないから、分散投資だってしてます(株式投資とアベノミクス参照)。

もう、人生保険だらけですよ。

とはいえ、結局どれも自分のためになってるんですからね。ネガティブも捨てたものではないのでは!?

 

僕は「やってみなくちゃ分からない」とか「考えるより、まず行動」みたいなことは言いません。そもそも、僕がそんなことできないですし。(^_^;)

だから、もうポジティブになろうとは思ってません。

ネガティブにはネガティブなりの良さがある。

僕はこれからもマイナス思考とうまくお付き合いしていこうと思っています。

(それをポジティブと言うんだよ!とか、つっこまないでね 笑)

 

 - 前向きに生きる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

価値がない人
自分には価値がない

無職の価値ってなんでしょうね。 働きもせず、ただ生きてるだけ。価値なんて生み出せ …

ビール
飲み会で引け目を感じない

先日大学の友人と飲みに行ってきました。実に3年ぶりぐらいの再会です。 久しぶりに …

くるみ
希望の数だけ失望は増える

何回見ても泣けるミュージックビデオがあります。 それがミスチルの「くるみ」のPV …

40歳と30歳
40歳の僕が30歳だった僕に言いたいこと

僕は先日41歳の誕生日を迎えました。バカボンパパと同じ年齢です。 さすがに40歳 …

ストレス耐性
ストレス耐性が弱い人ができる唯一の解決策

不定期でメンタルヘルスシリーズを書いてきました。今回でいよいよ最終回です。 前回 …

鳥
無職にはサラリーマンよりもチャンスがある

僕は2014年2月に会社を辞め、約1年間の無職生活を経験しました。 2015年1 …

ピケティ
ピケティの格差論はこう考える

ピケティの格差論が話題になっています。 トマ・ピケティとはフランスの経済学者。著 …