明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

面接で分かるブラック企業の見分け方

      2016/05/17

面接

再就職活動で面接など受けてると「この会社はブラック企業ではないか?」と気になりますよね。僕も転職経験があるので、ブラック企業かどうかを判断するのには頭を迷わせました。

まぁ「入社してみなくちゃ分からない」というのは事実ですが、ある程度は事前に判断することもできます。

ちなみに僕が以前に勤めていた会社は同族ワンマンの薄給ブラックでした。(^^;)
周りにいい人が多かったから、長く続けられはしたんですけどね。

僕は今はあまり再就職活動はしてませんが、2年前に転職活動している時は40社ぐらい受けたので、その時の体験からブラック企業の見分け方を紹介したいと思います。

求人票からの見分け方

ブラック企業かどうかは、ある程度求人票からも読み取ることができます。求人票からブラック企業を見分けるポイントは以下の2点です。

・頻繁に求人を出している会社
・大量募集をしている会社

まず、頻繁に求人を出している会社は、それだけ人が辞めている可能性があります。長く就職活動をやっていると年がら年中求人を出している会社を見かけますが、こういう会社は最初に疑った方がいいでしょう。

次に、大量募集をしている会社も同じく大量に人が辞めている可能性があります。ただ、大きなプロジェクトのため採用している場合があるので、「なぜ、この人数を採用する必要があるのか」を考えてから応募するかどうかを決めましょう。

他にも以下のような会社はブラック企業の可能性があります。

幹部候補募集(薄給でも責任重大)
未経験大歓迎(誰でも出来る仕事です)
若い仲間が頑張ってます(離職率高し)
大幅な事業拡大のため募集(年中人手不足)
あなたのがんばりを評価します(歩合率高し)
家庭的で働きやすい職場です(同族企業です)
とても風通しの良い社風です(ワンマンな社風です)
中途採用のハンデはありません(入れ替わり激しい)

ただ、求人票だけで判断すると「実は案外いい会社だった」という企業を見過ごしてしまったりするので、とりあえずの目安としておきましょう。

やはり実際に面接に行ってみて、自分の目で会社を見て判断するのがいいと思います。

面接での見分け方

 面接では「ブラック企業かどうか」以前に、その会社の社風を読み取ることができます。例えば、誰が面接官として出てきたかによって、以下のような社風だと予想することができます。

●現場担当者が面接官の場合
こういう会社は現場にある程度大きな裁量権が与えられていることが多いです。つまり自由で風通しのいい社風。しかも面接官は入社した時に上司になる人なので、その人と合うか合わないかを面接で判断することもできます。

●面接官が執行役員など役員の場合
こういう会社はトップダウンで動くことが多いです。ワンマンな会社はこのパターンが多いですね。裁量権を上層部が握っているので、現場への無茶ぶりなどもあると思います。

●人事部が面接官の場合
こういう会社は形式を重んじる会社が多いです。システムがしっかりしているけど、いちいち面倒な手続きがある。旧来体質の企業はこの傾向が強いように感じます。

 

このように「誰が面接官か」によって、ある程度社風を予想することができます。

そして、面接で以下のようなことがある会社はブラック企業である可能性が高いので、少し警戒した方がいいでしょう。

面接がいい加減
面接でいいことしか言わない
求人票と面接とで言っていることが違う
社内から怒号が聞こえてくる
会社の中が汚い
受付の愛想が悪い

面接で理不尽なことがあった場合、入社しても理不尽な目に合うことが多いと思います。

面接では企業に選んでもらうのではなく、こちらが企業を選ぶぐらいの気持ちで挑みたいですね。

口コミサイトで見分ける

ブラック企業かどうかは求人票や面接である程度見分けることができますが、どうしても予想の範囲を出ません。というか、気にしていたら受ける会社もなくなってしまいます。(^^;)

そこで利用したいのが、社員が書き込んでいる口コミサイトです。現役社員や過去に勤めていた社員が書いているので、かなり信憑性が高いです。

有名なのが「キャリコネ」です。登録するには自分の職務経歴を入力しなければいけないのですが、無料で登録できるので、再就職活動をする時には登録しておくことをおすすめします。

キャリコネ

10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

年収や有休取得率など、企業の「本当の姿」が分かるので、僕も転職活動の時は重宝しました。ちなみに僕が勤めていた薄給ブラックの会社は、200件以上の元社員による書き込みがあります(笑)。

キャリコネではこんなふうに、サービス残業から社内恋愛まで、社員の書き込みがたくさん見られます。

キャリコネ

内部事情が手に取るように分かりますね。ブラック企業かホワイト企業かが、一目で分かるんですよ!

ブラック企業かホワイト企業か

社員の給与明細まで見られるので、「どれくらいのペースで昇給していくのか?」「何歳で年収いくらになるのか?」もイメージすることができます。

給与明細

2chなどではどうしても嘘の情報が紛れてくるのですが、こういった口コミサイトは現場の生の声が多いです。ブラック企業を見分けるのに、きっと役立つと思いますよ。

求人票のうまい話にだまされないために、ぜひチェックしてみてください。

キャリコネでブラック企業かを調べる

 - 再就職する

Comment

  1. 小花あき より:

    こんにちは、小花あきです

    ブラック企業って
    言葉はだいぶ聞き慣れましたけど
    いざ自分で見分けるとなると・・・

    難しいですね。

    やっぱり事前にしっかり
    情報を取りに行く、
    この姿勢が大事だなぁって
    改めて思いました(><)

    応援です

    • Sunday より:

      求人票だけでは分からないことも多いですからねぇ。
      面接や口コミサイトで自分の目で確かめるのが大事だと思います。^^
      ブラックだと思ってた会社が、意外にいい会社な場合もありますしね。

  2. みぃママ♪ より:

    初めまして♪
    みぃママ♪といいます(*^_^*)

    凄く納得出来る記事でした・・・(笑

    求人票ってみるの楽しくて昔はよく見てましたが

    たいてい同じとこ載ってますよねw

    それってどうなの??って思ってましたが納得です(*゚▽゚*)

    応援してますね☆彡

    • Sunday より:

      コメントありがとうございます。

      ハロワなんかでは年中募集している求人票もありますもんね。
      僕が以前に勤めていた会社も、年中大量募集している会社でしたが(笑)。
      ブログ参考にさせていただきますね。^^

  3. 小桜 より:

    はじめまして。
    読んでいて一々納得でした(笑)
    僕の経験したケースでは、面接でいくらお給料の額を聞いても
    「それは、ほら、ね、まあ大丈夫だから任せてよ」を繰り返す
    ばかりの経営者。
    何が大丈夫なんだ?
    行って見れば面接では聞いてないことだったり、働いている人
    も嫌気をさしながら働く。そんなとこでした。
    なので、やっぱり面接の印象は大切だと痛感してます。
    そして、内定をもらったからとて、それに固執せず断る勇気も
    必要だな・・と思ってます^^

    • Sunday より:

      小桜さん、コメントありがとうございます。

      給料額は一番大事な部分なのに、そんなあいまいな答え方をされたんですね。
      「大丈夫だから」って、それはちょっと無茶苦茶ですね。(^^;)
      確かに、時には内定を断る勇気も大事だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

地元
地元へUターン就職して大金ゲット

Uターン・Iターン就職も選択肢のひとつ 都会に出てきたけど、なかなか仕事が見つか …

給料が下がる
転職で給料が下がるともらえる就業促進定着手当

転職で給料が下がることもありますよね。 希望通り年収が上がればいいけど、転職で給 …

人材紹介大手
人材紹介大手3社の特徴を比較してみた

転職活動や再就職活動では、たくさんの求人を見て選択肢を広げるのがベストです。 ハ …

おとり求人
労働条件が違う「おとり求人」に注意

求人広告の中には、労働条件が実態とは違う求人も混ざっています。 「月収20万円と …

引っ越し
転職の引っ越し費用が負担される「移転費」とは

転職や再就職で遠方に引っ越す場合、引っ越し費用が高くつきますよね。 勤務地が田舎 …

ハローワーク
ハローワークの求人にネットから応募するには

失業期間中に何度もお世話になるハローワーク。仕事を探すなら頻繁に足を運ぶ場所です …

断られる
人材紹介会社に断られないためには

僕は、前の転職は人材紹介会社を使いました。いわゆる「転職エージェント」というやつ …