独立する 前向きに生きる

僕が独立した理由は安定のためだった

更新日:

安定

僕は今、独立開業してブログやサイトからの収入で生活をしています。

ネットビジネスをしていると、周りからは「不安定な仕事をしているなぁ」と見られるようです。

実際、「将来やっていけるの?」と心配されたりしますしね。

それでも僕が就職せずにネットビジネスを選んだのは、安定のためです。

独立というと「不安定」というイメージが浮かびますが、僕は会社員の方がよっぽど不安定だと思っています。

80歳まで生きると仮定して考えた結果、僕は「安定のため」に独立を選びました。

どうして独立した方が安定するのかというお話をします。

スポンサーリンク

 

会社員のままだと下流老人になってしまう

僕は17年間サラリーマンをやってきて、転職も1回経験しています。

1つ目の会社には15年勤めましたが、業績悪化で経営が傾いたので辞めました。

会社が傾くとどうなるか知ってますか!?

ひどいもんですよ。ボーナスはゼロになり、給料もカットされ、1,500人ほどいた社員は600人にまで減らされました。

年収は200万円台まで下がりましたからね(泣)。

僕は独身だからいいけど、家族やローンを抱えた人だとやっていけないですよね。

 

この会社では退職金規定も改定されました。

退職金規定によると、正社員が40年間働いてもらえる退職金は約200万円。

200万円ですよ! たった200万円で60歳以降どうやって生活しろというんでしょうか!?

この先、年金支給額は下げられ、逆に支給年齢は70歳まで引き上げられるでしょう。

60歳から70歳までの10年間を200万円で暮らせますか?

高齢者の貧困が話題になってますが、このまま会社にいたら自分も下流老人になってしまう……。

関連記事低所得のメリット 年収300万で15年暮らした経験から語る

 

そもそも給料を1つの会社に依存するのは危険です。

1つの会社に依存してしまうと、いざというとき会社にしがみつくしか選択肢がなくなってしまうからですね。

会社って簡単に潰れますし、平気で裏切りますよ。それを体感できた僕はむしろラッキーと言えるかもしれません。

今の僕は複数企業から収入をもらっているので、たとえ1社との契約がなくなってもそれほど痛みにはなりません。

30万円を1社からもらってると、その会社がダメになったとき収入はゼロになります。でも、3万円を10社からもらっていると、1社ダメになっても27万円は残るので十分生活できるんです。

いわゆる収入の分散ですね。

ネットビジネスは収入の分散ができるのが強みです。

1つの会社で働いていることが、どれほどリスキーなことか分かっていただけるでしょうか?

 

大企業ではスキルは身に着かない

1つ目の会社は薄給ブラック企業だったので、極端な例ではありますけどね。

2つ目の会社は、もう少し経営基盤のしっかりした会社でした。

でも僕は人間関係でつまづき、思っていた仕事もできなかったので、せっかく転職したこの会社も辞めてしまいました。

関連記事僕が40歳手前で退職した理由

 

会社ではどうしても人間関係が発生します。

やりたいことがあっても、他の人が「No」と言うとやれません。

希望と違う部署に就いてしまえば、やりたくない仕事を延々やるハメになります。

僕が勤めていたのはどちらも中小企業ですが、大企業であればなおさらやりたい仕事ができなくなります。

大企業では規模が大きくなればなるほど分業体制になり、仕事も細分化されるからです。

不本意な異動や部署の統廃合だって頻繁に行われるでしょう。

それを考えると「大企業だから安定する」とは言えないですよね。

「大企業だって不安定」というのは「大企業だって潰れる可能性がある」というだけではないんです。「大企業だと閑職に追いやられるリスクが高くなる」という意味もあるんです。

不本意な給料でやりたくない仕事をやり続けるリスクを考えたことがありますか?

 

それに、細分化された職場で得たスキルはその現場でしか通じません。

もし50歳を過ぎて会社から放り出されたらどうなるでしょう?

スキルを持たないままで放り出されると、晩年は下流老人真っ逆さまです。

 

その点、独立して全部1人でやってると、いろんなスキルが身に着きます。

サイト作成、デザイン、マーケティング、ライティング、果ては税務から会計の知識まで。

ネットの世界は日進月歩なのでついていくのは大変だけど、スキルさえ培ってさえおけば、時代がどう変わっても対応できます。

いざとなれば、スキルと実績を武器に再就職するという選択肢も選べますからね。

スキルを培って変化に対応する力を身に着けておくことこそ、本当の安定なのではないでしょうか。

スキルを得られないのは公務員だって同じです。

環境が変わればたちまち立ちいかなくなる大企業社員や公務員。これのどこが「安定」と言えるのでしょうか。

 

独立は決して無謀な行動ではない

僕は会社を辞めて無職生活をしていた1年間、独立するか再就職するかをずっと悩んでいました。

両方を天秤にかけながら、どちらが安全かを徹底的に考えたんです。

その結果、独立した方が安全という結論に達しました。

だって、どう考えても会社員やってる方が下流老人に陥るんですもん。

会社を辞めて独立というと「男のロマン」とか「夢を叶えるため」とか無謀なイメージがありますが、僕が独立した理由はもっと保守的です。

もちろん「自分の時間が欲しいから」や「人に指図されたくないから」という理由もありますよ。

でも、一番大きな理由は「安定するから」。

せめて普通の生活がしたい。それだけです。

会社員だと安定を得られず貧困に陥ると判断したので、再就職という選択肢は捨てました。

もし独立して安定を手に入れたいのなら、↓こちらの記事も読んでみてください。

関連記事ブログ収入で生活する方法

夢やロマンのためではなく、僕は安定のためにやってます。だから、独立後も迷いなくやれてるんです。

スポンサーリンク

 

無職から再就職するノウハウ

1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

向いてる仕事が分からない 3

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 4

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

年収モデルケース 5

今の自分の年収は周りと比べて高いのか?低いのか? 会社勤めしていると、周りとの収入格差が気になりますよね。   僕は以前、薄給ブラック企業に勤めてたんですが、当時はあまりにも給料が低くてずっ ...

無職生活をちょっと豊かにする

1

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

再就職手当 2

早期に就職すればもらえる再就職手当。失業後に就職が決まったらぜひもらいたい手当ですよね。 でも、再就職手当があるのは知ってるけど「失業保険をもらいきらずに就職したら損なんじゃないの?」と思ってませんか ...

給料が下がる 3

転職で給料が上がるか下がるかは気になりますよね。 順調に昇給していけばいいけれど、転職後1年目は転職前より給料が下がることの方が多いです。   リクルートワークス研究所が行う「全国就業実態パ ...

売れるもの 4

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

ミステリーショッパー 5

ミステリーショッパーという仕事をご存知ですか? ミステリーショッパーとは覆面調査・覆面モニターのことで、企業が顧客満足度を上げるために行っている調査です。 調査員が客のフリをして店舗に潜りこんだり、商 ...

-独立する, 前向きに生きる

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.