明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

【平日でも行ける人用】映画の割引日一覧

   

映画

映画館って土日は混雑しますよね。

人気作品は満席だったり、次の上映時間まで待つこともしばしば。スクリーンが見にくい席になることだってあります。

それに土日はカップルや家族連れも多く、1人ぼっちで映画を観るのに抵抗を感じる人もいるでしょう。

 

でも、平日なら空いているので、1人でも快適に過ごせますよ。

インターネットで予約してしまえば、「好きな時間」に「好きな作品」を「好きなスタイル」で観ることができます。

 

何より平日なら割引日を選んで行けるのがメリット。割引日なら土日よりも安く映画を楽しめるんです!

映画の一般料金は大人1,800円ですが、割引を使えば500円~700円程度安くなります。

平日に時間があるなら、安い日を選んで映画館へ足を運んではいかがでしょうか。

平日に行ける人のために、映画の割引日一覧を紹介しますね。

 

全国映画館共通の割引日一覧

まずは全国どこの映画館でも共通の割引日を紹介します。

ほぼどこの映画館でも実施していますが、場所によっては実施していなかったり値段が違ったりするので、詳細は各映画館に尋ねてくださいね。

ファーストデイ(毎月1日)

毎月1日は「ファーストデイ」として一般料金が1,100円になります。

12月1日の「映画の日」にちなんだ割引制度で、ほぼ全国の劇場で実施されています。

本来の「映画の日」である12月1日には一般料金が1,000円になる劇場もあります。これは安い!

ただし、「1日は映画が安い」という情報は広く知れ渡っているので、土日が重なると混雑することも多いです。

レディースデイ(毎週水曜日)

毎週水曜日は「レディースデイ」として、女性のみ一般料金が1,100円になります。

一部では水曜日以外に実施している劇場もあります。

女性は毎週お得でうらやましいなぁ。(‘ε`)

メンズデイ

ほとんどの劇場で実施されている「レディースデイ」に対して、「メンズデイ」を実施している劇場もあります。

ただし、実施している劇場は非常に少ないです。

月・水・木曜日など各館独自に設定されていて、男性は一般料金1,100円が目安です。

うーん、男としてはこの「メンズデイ」はもっと増やしてほしい(笑)。

レイトショー

毎日20時以降に上映する映画は、一般料金が1,300円になります。

20時以降は客席も空いているし、ゆったり観れるのでおすすめですよ。仕事帰りに観るのもいいですね。

モーニングショー

平日の午前10時までに上映する映画は、一般料金が1,300円になります。

ただし、「レイトショー」はやっていても「モーニングショー」はやっていない劇場は多いです。なので、詳細は各劇場に確認してください。

 

各映画館・大手シネコンの割引日一覧

各映画館・大手シネコングループでは独自の割引日が設定されていたりします。

「ファーストデイ」や「レディースデイ」と違ってあまり知れ渡っていないので、割引日でも結構空いていたりするんです。

観る映画が決まっているなら、日にちを狙っていくのがおすすめです。

なお、同じグループでも店舗によっては実施していない割引もあるので、詳細は各劇場に確認してくださいね。

イオンシネマ【ハッピーマンデー】毎週月曜

イオンシネマ

イオンシネマ

イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ)では「ハッピーマンデー」として、毎週月曜日の一般料金が1,100円になります。

月曜日が祝日でも割引になるので、連休最終日に映画を楽しむには最適です。

109シネマズ【109シネマズの日】毎月10日

109シネマズ

109シネマズ

109シネマズでは「109シネマズの日」として、毎月10日の一般料金が1,100円になります。

109だから19日かと思いきや、10日なんですね。(^_^;)

TOHOシネマズ【TOHOシネマズデイ】毎月14日

TOHOシネマズ

TOHOシネマズ

TOHOシネマズでは「TOHOシネマズデイ」として、毎月14日の一般料金が1,100円になります。

ちなみに語呂合わせは「10(トウ)4(フォー)」だそうです(笑)。

MOVIX【MOVIXデイ】毎月20日

MOVIX

松竹マルチプレックスシアターズ

MOVIXでは「MOVIXデイ」として、毎月20日の一般料金が1,100円になります。

MOVIXと同じく松竹マルチプレックスシアターズが運営する「丸の内ピカデリー」や「神戸国際松竹」等では、「SMTデイ」としてMOVIXデイと同様の割引があります。

 

平日に1人で映画館に行く優越感がイイ!

このように、映画が割引になる日は結構たくさんあります。日にちさえ決めて行けば、映画は意外と安く楽しめるんですね。

映画1本に1,800円は高いけど、1,100円なら「出してもいいかな」と思えるんじゃないでしょうか。

 

平日なら1人で映画館に足を運んでみましょう。土日みたいに混んでないので、予約もすぐ取れます。

見たい作品も、見る時間も、全て自分の都合で決めてOK!

友人や家族と行くとどうしても相手の趣味に合わせないといけないけど、完全に自分の趣味で選べるのが1人映画のいいところです。

始まってしまえば真っ暗闇なので、1人で観る恥ずかしさもないですからね(笑)。

割引をうまく活用して、平日に安く映画を観てくださいね。

 

 - 楽しむ, 節約する

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

趣味
安く趣味を楽しむ市民講座活用法

無職生活が長くなると、つい引きこもりがちになりますよね。 でも、引きこもってしま …

旅行
無職だからできる海外一人旅のススメ

無職なら海外旅行で一人旅へ 無職を楽しむなら、まずは旅行に行きましょう。それもで …

温泉
訳アリの格安温泉でストレス解消

働いていなくても、無職生活はストレスのたまるものです。仕事探しがうまくいかなった …

食事
無職だから食費を抑える!コツとテクニック

僕は一人暮らしを始めてからほとんど自炊をしています。 仕事をしている間も自炊は続 …

住民税
失業で住民税はこんなに減免できる

年も明けたので、住民税のさらなる減免申請に行ってきました。 国民健康保険と住民税 …

特売日
無職と自炊と特売日

お金のない無職一人暮らしの僕が切り詰めるのは、まず食費。 自炊はもちろんのこと、 …

払えない
家賃が払えない時の住宅支援給付

失業して無職になり、一番困るのはお金のこと。なかでも家賃は支出の大部分を占めるの …