働くことの本音

僕が職場で受けたモラハラと、価値観の違いについて

更新日:

モラハラ

DVと並ぶ離婚の原因として、相手に対するモラハラがよく取りざたされていますよね。

モラハラとは「モラルハラスメント」の略で、「モラルを装った、あるいはそう思い込みながらなされる心への暴力、嫌がらせのこと」です。

僕は前の職場でモラハラを受けてました。

職場でのモラハラは一見、指導のように見えるので、判別が難しいです。しかし、僕が前の会社で受けていたのは明らかにモラハラでした。

僕が職場で受けたモラハラの体験談と、価値観の違いについてお話します。

スポンサーリンク

 

僕が職場で受けたモラハラの体験談

僕は人間関係が原因で前の会社を辞めています。僕が40歳手前で退職した理由で書いた通り、"お局三人衆"と"融通利かないくん"の執拗な攻撃で心を病み、適応障害になってしまいました。

今振り返ると、彼女らがしてたのは指導ではなく、あからさまな人格否定でした。否定、否定の連続。何をやっても否定してきます。

穏やかに接しようと笑顔で話したら、「なんで笑ってるんですか!今は笑うときじゃない」と怒ってくる。「すぐに報告してください」と言うから報告しに行ったら、「作業中だから話しかけないでください」と遮ってくる。

 

彼女らは、僕の言葉じりや小さなミスを見つけては、とにかく攻撃してきました。おそらく、お局リーダーが全員に「ミスを見つけたら、私に報告するように」と指示したんでしょう(ちなみに、このお局リーダーには何の役職も権限もありません)。

僕が仕事の質問をしたら、「言葉がおかしい」「言ってることがわからない」と全員でダメ出ししてきます。全員から一日中監視され、僕は一切言葉を発せられなくなりました。

「これをやってください」と仕事を渡しておきながら、僕のほんの些細なミスを見つけては、「もうやらないでください」「触らないでください」と仕事を取り上げます。そして「僕がこんなミスをした」「この人に仕事は任せられない」というのを、逐一上司に報告してるのです。 

 

おかげで、係長候補で入社したのに、昇進の話もなくなってしまいました。

お局リーダーがミーティングルームに集めた全員の前で、「みんながせっかく教えてるのに、できないのはどうしてか」「みんなあなたのことをもう信用してないですから」と責められました(もう一度言いますが、お局リーダーには何の役職も権限もありません)。

すべて入社してたった3ヶ月間に起こった話です。

 

否定され続けると人間はこうなる

このような関係になると、どう改善することもできません。追い詰められ、何をするのも怖くなり、僕は適応障害になってしまいました。

否定ばかりされ続けると、人間ってホントおかしくなるんですよ。

僕がどういう状態になってしまったかは、下の記事で詳しく書いています。

関連記事僕が職場で体験した適応障害の症状と心の中のイメージ

 

僕はこの人間関係が原因で退職しましたが、退職して正解だったと思います。否定と攻撃の中で我慢し続けることほどの苦痛はありません。

初めて被害者の立場になって身に染みましたよ。人を否定するのがどんなにいけないことか。

僕はこの"お局三人衆"や"融通利かないくん"のような狭い心ではなく、広い心で生きていきたいなぁ。

職場にしろ家庭にしろ、モラハラを受けているならば離れるのが正解だと思います。おかしな人に人生を台無しにされる必要はありません。

ただ、簡単に離れられないのが問題ではあるのですが……。

 

価値観が違う職場は離れた方がいい

人間は一人ひとり価値観が違います。そして、誰もが自分は正しいと思っています。

だから、価値観を押しつけるのは無駄で、「認め合う」か「離れる」かしかないんです。

職場でのモラハラも、認め合えないなら離れるしか解決策はないように思います。僕は自分の体験から、モラハラがどんなに辛いか分かるので、「仕事だから我慢しろ」なんてとても言えません。

辞めるときは「ハラスメントが辛くて会社を辞める」ではなく、「ここにいても自分は成長できないし、自分の力を発揮できないから会社を辞める」と考えるのがポイントです。

我慢が続くとうつ病にもつながります。僕は適応障害の段階で辞めたので、うつ病には至らず助かりました。退職してからは1ヶ月ほどで適応障害も完治しましたし。

僕がメンタルを病んでどうなったか、そしてどう乗り越えてきたかは↓こちらのメンタルヘルスシリーズで詳しくお話しています。

メンタルヘルスシリーズ
適応障害で退職した当事者だから語れる本音[メンタルヘルスシリーズ]

僕は職場の人間関係が原因で適応障害になり、勤めていた会社を退職しました。 執拗に人格否定してくるお局たち、まったく融通の利かない上司、自分の適性に合ってない仕事……。 会社勤めしていたときは、毎日が嫌 ...

続きを見る

それにしても、職場というのはやっかいですね。どうして人が集まると、みんな心が狭くなるのか。(*´ー`*)ーЭ

僕はもう、価値観の押しつけが横行する「会社」というものには戻りたくないなぁ……。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

向いてる仕事が分からない 4

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 5

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

治験バイト 2

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 3

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

4

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

飲み会 5

忘年会や新年会、友人との付き合い、急なお誘い。社会人ともなると飲み会の機会は多いです。 社会人なら交友関係が狭まらないよう、たとえお金がなくても飲み会の誘いには参加しておきたいところ。 でも、飲み代っ ...

-働くことの本音

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.