無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ

明るく楽しく!無職生活

無職日記

無職生活で切り崩した貯金が回復した

更新日:

貯金

こんにちは、サンデーです。

僕が会社を辞めて2年が過ぎました。今ではブログ等の収入で暮らしている僕ですが、ネットビジネスが軌道に乗るまでは貯金を切り崩す生活でした。

特に失業保険が切れてからは、減りゆく貯金と格闘してましたねぇ。節約第一のもやし生活ですw

そんな減りゆく貯金も、ネットビジネスを始めてからは徐々に回復し始めました。退職から2年経ってやっとこさ……

退職前の貯金額に回復しました!( ´ ▽ ` )ノ

いやー、長かった。やっと名実ともに無職生活でなくしたものを取り戻せた感じです。

減りゆく通帳残高を眺めるのは苦痛でした。どんどんお金が減っていくのを見ると、焦りと不安で生活自体も縮まってしまいますもんね。

そこで、これまでの貯金額の推移を見ながら、心境の変化を振り返ってみたいと思います。

会社を辞めた無職が貯金を切り崩しながらどうやって生活してきたかをご覧ください。

スポンサーリンク

 

 

無職生活の貯金額の推移

まずは無職生活をしていた間の貯金額の推移を公開します。

さすがに全体の貯蓄額は明かせませんが、会社を辞めてからの資産の増減をグラフにしてみました。

退職時の残高を0として、切り崩した金額をマイナスで表しました。

通帳残高

ちなみに僕は独身一人暮らし。生活費を計算すると、僕の生活水準がバレてしいますねw

ま、このグラフを見れば、無職生活にどれぐらいのお金がいるかイメージできるんじゃないでしょうか。これから会社を辞める人は参考になるかもしれませんね。

では、当時の心境なんかを振り返ってみたいと思います。

 

給付制限期間(退職後1~3ヶ月)

僕は自己都合退職なので、3ヶ月間は失業保険がもらえない「給付制限」という期間があります。

この期間は収入もなく、貯金を切り崩す生活になるわけです。

まだこの期間は気持ちに余裕がありました。退職して日が浅いですしね。

とりあえず3ヶ月後からは失業保険がもらえるので、「先の長い無職生活をどうやって楽しむか」なんて考えてました(笑)。

でも、サラリーマン時代は右肩上がりに増えていた通帳残高が減っていくのを目の当たりにしたときは、さすがにショックでしたね。

減りゆく貯金は心臓に悪いもの。無職生活には期限があることを思い知らさせました。

 

失業保険受給期間(退職後4~7ヶ月)

僕の失業保険受給日数は120日。約4ヶ月です。

この期間の資産額は平行線。失業保険をもらって少しプラスになる感じでしたね。

とはいえ、もらえる金額は生活できるギリギリのライン。ちょっとでも贅沢をすれば一気に赤字になってしまいます。なので、やっぱりここでも節約生活でしたね(笑)。

そして、失業保険の期限が迫ってくると本格的に焦り出します。

この「無職ブログ」を始めたのも、ちょうどこの頃。独立か再就職かで答えを出さないといけない時期が迫っていました。

関連記事最後の失業認定日に思ったこと、今後の進路

 

本格無職期間(退職後8~11ヶ月)

会社を辞めて8ヶ月目。失業保険が切れたら貯金は加速度的に減り始めます。

「求職者」の肩書きも消え、本格的に無職期間に突入。気持ちの焦りはハンパない!

この期間はネットビジネスでの独立に狙いを定め、死にもの狂いで作業していました。ここでの作業をもっと早く始めていれば、貯蓄を切り崩すことはなかったんですが(笑)。

でも、「もう後がない」という状況に追い込まれたからこそ、ここまで出来たんだと思います。結局人間ってお尻に火がつかないと動き出さないんですよね。

3ヶ月ほど死にもの狂いで作業をし、まだ軌道には乗っていない状態の中で、僕は開業届を提出しました。

関連記事個人事業主の開業届を出しました

 

個人事業主期間(退職後12ヶ月~)

開業届を出して、僕は晴れて個人事業主に。といっても、すぐに収入が上向くわけではありません。生活費を差し引けば、まだまだマイナスの状況が続きます。

減りゆく通帳残高を眺めては、焦りがつのる毎日。

とはいえ、収入は徐々に上向き始めました。毎月のマイナス幅も減り始め、やがて収入が支出を上回る瞬間がやってきました。

貯蓄額が下げ止まったのは開業から5ヶ月目、退職から15ヶ月後。会社を辞めてから1年3ヶ月という、長い道のりでした。

上がり始めると早いのが、ネットビジネスの特徴。貯蓄の底から約9ヶ月で、退職前の貯蓄額まで回復させることができました。会社を辞めてから約2年で、元の貯蓄に戻った形です。

 

最低1年間暮らせる貯金は残しておくべし!

僕は独身一人暮らしなので、そんなにお金を使うわけではありません。

そんな僕が、無職生活で切り崩した貯蓄額は約130万円。収支がプラスに転じたのは約15ヶ月後

失業保険を4ヶ月もらっていたので、それを差し引いても11ヶ月間はほぼ無収入の暮らしが続いたことになります(アフィリエイト収入は増えていってましたが)。

このブログを読んでいる方の中にはこれから無職になる方、会社を辞めて独立しようという方もいるでしょう。

でも、貯金が貯まるまでは会社を辞めない方がいいですよ。

最低でも1年間は無収入で暮らせる貯金を作ってから辞めた方がいいです。

 

貯金はホント大事です。無職で通帳残高が減っていく不安はハンパないです(経験者語る)。

特に失業保険が切れてからの焦りは、時に判断を狂わせますからね。焦ってブラック企業に就職してしまっては、何のために会社を辞めたのか分かりません。

ブログ収入等で独立するにしても、とにかく時間がかかります。それまでの生活資金は、あらかじめ用意しておく必要があります。

僕も当面は暮らせる金額を確保してから辞めたおかげで、ネットビジネスに専念することができました。貯金がなかったらおそらく焦って再就職してたんじゃないかなぁ。

ブログ収入で生活する方法は↓こちらを参考にしてください。

関連記事ブログ収入で生活する方法 5年以上実践した僕が真実を語る

 

状況は人それぞれ違うので一概には言えませんが、会社を辞めるなら先に貯金はしておきましょう。

無職で貯金を切り崩す生活は非常に焦ります。

貯金で心の余裕を担保するのが先決。辞めるのはそれからでも遅くないと思いますよ。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

向いてる仕事が分からない 4

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 5

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

治験バイト 2

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 3

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

4

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

飲み会 5

忘年会や新年会、友人との付き合い、急なお誘い。社会人ともなると飲み会の機会は多いです。 社会人なら交友関係が狭まらないよう、たとえお金がなくても飲み会の誘いには参加しておきたいところ。 でも、飲み代っ ...

-無職日記

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.