明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

記念硬貨を銀行で両替すると損をする?本当の理由とは

   

記念硬貨

昔、記念硬貨を集めていた人は多いのではないでしょうか。

僕も子供のころに集めていました。実家の引き出しには記念硬貨・旧紙幣・外国のお金などが眠っています。

昔のコレクションを見たときは、「売ったらいくらになるんだろう?」と気になりますよね。

僕も気になったので、いったいいくらで売れるのかネットで買取相場を調べてみたんですよ。

こちら↓が僕のコレクションです。

コレクション

調べてみると、+500~1000円のものがほとんどでした。10倍ほどに価値が上がってるのかと思いきや、それほどではなかったですね。

中には買取金額が額面を下回るものもありました。期待してたのにちょっと悲しい……。

実は僕みたいな素人のコレクションだと、発行枚数の多い貨幣がほとんどなので、プレミア価値のつくものはめったにないんです。

 

買取価格が額面を下回るのなら、銀行で両替するしかありません。

記念硬貨は基本的に額面そのままの価値で使えるので、銀行や郵便局に持っていけば額面通りの金額に両替ができます。

ただ、いきなり銀行で両替してしまっては損をしてしまうんです。

損をしないためには、記念硬貨を手放す前にひと手間加えることをおすすめします。それだけで何十倍もの値段で売れることもありますから。

なぜ記念硬貨を銀行で両替すると損をするのか、その理由をお話しますね。

 

記念硬貨の使い方と両替方法

まず、記念硬貨の使い方と両替方法について知っておきましょう。

記念硬貨は、2000年(平成12年)以降に発行された地方自治60年記念硬貨以外のものは、ATMで利用することが可能です。自動販売機でも使うことができます。

それ以前のものはATMでは利用できませんが、法律上は貨幣と定められているため、一般の店でも使えることになってます。

ただし知名度がないため、店頭では断られたり怪訝な顔をされることが多いでしょうね。

銀行での両替

記念硬貨は銀行で両替できます。書面を書いて提出すると、額面通りの金額に換金できます。

手数料は無料で、印鑑や身分証明書の提示はいりません。

郵便局での両替

記念硬貨は郵便局でも両替できます。こちらも手数料は無料で、額面通りの金額に換金できます。

ただし、銀行や郵便局は土日に営業していないことがデメリットですね。

 

記念硬貨の価値

記念硬貨は発行枚数が少ないほど価値が上がります。

たとえば下のような希少な金貨は、コレクター需要もありプレミアがついています。

天皇陛下御即位記念硬貨 1990年と1991年に発行された500円の白銅貨と10万円の金貨で、10万円金貨には+3万~5万円のプレミアがついている。
皇太子殿下御成婚記念硬貨 1993年に発行された500円・5000円・5万円の記念硬貨で、5万円の金貨には+1~3万円のプレミアがついている。

 

ただ、僕のコレクションでは500円の硬貨がほとんど。だって子供でしたからね。

金貨なら高値がついている記念コインも、僕のは500円のものしかありませんでした。

なので、どれもだいたい+500~1000円が相場です。中には額面を下回るものもあります。

記念硬貨

僕はこれだけ持ってました。

  • 大阪万博記念硬貨(昭和45年)
  • 札幌オリンピック記念硬貨(昭和47年)
  • 天皇陛下御在位50年記念硬貨(昭和51年)
  • 国際科学技術博覧会記念硬貨(昭和60年)
  • 内閣制度創始100周年記念硬貨(昭和60年)
  • 天皇陛下御在位60年記念硬貨(昭和61年)
  • 青函トンネル開通記念硬貨(昭和63年)
  • 瀬戸大橋開通記念硬貨(昭和63年)
  • 天皇陛下御即位記念硬貨(平成2年)
  • 沖縄復帰20周年記念硬貨(平成4年)
  • 皇太子殿下御成婚記念硬貨(平成5年)
  • 関西空港開港記念硬貨(平成6年)
  • アジア競技大会記念硬貨(平成6年)
  • 長野オリンピック記念硬貨(平成9年)

こうやって並べてみると、昭和と平成の歴史を見てるようで圧巻なんですけどね。長野オリンピックってもう20年以上前になるのかー。

ま、これだけでも9000~1万円ぐらいの価値はあるので、大したものだとは思いますよ。

 

銀行で両替すると損する理由

さて、いよいよ本題です。

これらの記念硬貨を銀行で両替すると、額面通りの金額になります。

ただ、僕は銀行に持っていく前に、専門の買取サービスで査定してもらうのをおすすめします。

「高く買い取ってもらえるかもしれない」という期待もあるのですが、一番大きな理由は記念硬貨以外からお宝が出てくるかもしれないからです。

というのも、こういうコレクションをしている人は、記念硬貨以外のものも集めてる人が多いんですね。

たとえば僕だと昔のお金を保管していたり、海外旅行のたびに外国のお金を持ち帰ったりしています。

旧紙幣

聖徳太子の一万円札、伊藤博文の千円札、さらには沖縄サミットの二千円札もあります。

懐かしいでしょ? この二千円札はどこへ消えたんだろう……。

日本の旧紙幣だけでなく、中国・韓国・台湾・インドといった外国のコインもそろっています。

とはいえ全て一緒に保管してるので、記念硬貨も旧紙幣も外国のお金も、何が何か分からなくなってる状態です。

だから、まとめて査定してもらうと、プレミア紙幣やプレミア硬貨が出てくる可能性があるんですね。

 

実は、ここにある旧紙幣は額面以上の価値はほとんどありません。

聖徳太子の一万円札はすごく昔のお金に感じますが、今でも現行紙幣として使えるので、一万円以上の価値がつくことはあまりないんです。

しかし、プレミア紙幣やプレミア硬貨に該当すれば値段が一気に跳ね上がります。

プレミア紙幣・プレミア硬貨とは、現行紙幣の中でも非常に珍しい紙幣・硬貨のことです。

たとえば紙幣番号が1番・ゾロ目・連番・キリ番だったり、印刷ミスやエラーのあるものだったり。あるいは発行枚数の少ない年のコインも希少価値があります。

プレミア紙幣・プレミア硬貨の中には50万円以上の価値がつくものもあるんです。

もしかしたら、あなたのコレクションの中にもお宝紙幣・お宝コインが眠っているかもしれません。

 

プレミア紙幣・プレミア硬貨は素人の目では見わけがつきません。銀行で両替してしまうと、額面の価値で終わってしまいます。

なので、記念硬貨や旧紙幣を換金したいときは、家にあるコインや紙幣を全部鑑定してもらうのがベスト。

銀行へ両替に行く前に、価値を専門家に査定してもらいましょう。

この手間を惜しむと、大金を得るチャンスを逃してしまいます。

 

一番ラクに鑑定してもらうには

記念硬貨や旧紙幣の買い取りで思いつくのは、街中の金券ショップや古銭買取業者でしょう。

しかし業者へ持ち込むのは手間だし、鑑定している間は待つ時間もかかります。

なので、ラクに鑑定してもらうには出張買取サービスを使うのがおすすめです。

出張買取サービスを使えば、査定員が自宅までやって来て価値を鑑定してくれるんですよ。

査定は無料。買取額が気に入らなければ、そのまま帰ってもらってもOK。相談料や出張料は一切かかりません。

自宅で査定してくれねので、家事の合間などで気軽に頼むことができます。

 

出張買取サービスなら、CMもやっているバイセルが最も安心です。

バイセル

古銭・記念硬貨を売るならバイセル

バイセルは全国どこでも出張可能で、最短30分で査定員が来てくれます。

買取金額に納得できたらその場で現金が支払われます。即金が欲しいときにも便利ですね。

査定員の知識も豊富で、大切なコレクションを雑に扱ったりはしません。高く買い取れるよう、丁寧に鑑定してくれます。

↓実際の査定の様子ですが、たとえば着物買取のときはこんなふうに手袋をはめて丁寧に扱ってくれます。

査定の様子

さらに出張買取のメリットは、記念硬貨以外にも自宅にあるものなら何でも買い取ってもらえる点です。

バイセルは古銭以外にも、さまざまな商品の買い取りに対応しています。

なので、来てもらったついでに家の中のいろんなものを査定員に鑑定してもらうことができるんです。

たとえば僕は記念硬貨以外にも切手を集めていました。一応これも立派なコレクションですからね。

切手

こういったものもついでに査定してもらえるわけです。もしかすると、ここからお宝グッズが出てくるかもしれません。

バイセルでは下記の商品の買い取りに対応しています。

バイセルで買い取れる商品

着物、切手、古銭、毛皮、ブランド品、骨董品、アクセサリー、洋服、お酒、時計 など

なので、引っ越しや断捨離したいときにも使えます。すぐに現金化できるから、ちょっとしたお小遣いにもなります。

いっそのこと、家の中のものをまとめて査定してもらってはいかがでしょうか。

 

ちなみに記念硬貨は年月が経つにつれ価値が落ちていきます。古いから価値が上がるわけではありません。

収集家の減少に伴い、古銭や切手といったコレクション商品はどんどん値段が下がってるんですね。

もし記念硬貨を売りたいなら、早めに査定してもらいましょう。

記念硬貨は銀行で両替する前に、出張買取サービスで査定してもらうというひと手間を加えてみてください。

あなたのコレクションに思わぬお高値がつくかもしれませんよ。

記念硬貨・古銭をバイセルで査定してみる

 - 稼ぐ

Comment

  1. AE86 より:

    わたしも以前、出張買取のセールスを受けたので「切手ならありますが・・・」と言って査定してもらいました。大して貴重な切手は無いのですが、それにしても査定中の電卓の入力が素早いので、「各切手の時価を覚えているのですか?」と聞いてみたところ、「切手は額面金額でしかありませんので」ということでした(笑)

    • Sunday より:

      切手は額面にしかなりませんでしたか~。それはちょっとがっかりですね。(^^;)
      ただ、切手は使う機会もなくなってきてるので、早いとこお金に換えるのがベストかもしれませんね。

      • AE86 より:

        こんにちは!
        切手はそもそも額面金額が少額なので、束になってかかって換金しても大した金額にはなりませんね(笑)
        もう数十年死蔵しておきます(^_^;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

アプリでバイトを探す
バイト求人探しはアプリを使え!おすすめバイトアプリ5選

スキマ時間ができたときや急な出費が必要なときなど、サクッとバイトができたら便利で …

収入
無職ブログの収入額

こんにちは、Sundayです。 僕は独立したので、ブログからのアフィリエイト報酬 …

アルバイト
失業期間中の短期バイトの注意点

失業保険受給期間中のバイトは注意して 無職の間はお金が苦しいものです。僕も今は節 …

売れるもの
こんなにある!家の中で売れるもの

即金がほしいときは、家の中のものを売るのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮か …

趣味
趣味でお金を稼ぐのは思ってるほど難しくなくない

趣味や特技をお金にできたらステキだと思いませんか? 誰にでもハマっている趣味や、 …

リゾートバイト
30代でもできる!リゾートバイトの選び方

沖縄や北海道など全国のリゾート地で働いて、一気に貯金もできてしまうのが魅力のリゾ …

LINE
自作LINEスタンプで収入を得るコツ

自作LINEスタンプが盛り上がっています。 これまでLINEスタンプは企業やプロ …