無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ

明るく楽しく!無職生活

失業マニュアル

こんなに取られるの!?知らなきゃ驚く退職・転職時の住民税

更新日:

退職時の住民税

会社を退職するときに給与明細を見て、住民税の支払い金額にびっくりする人は多いんじゃないでしょうか。

これから失業生活に入るのに、給料のほとんどが住民税で消えてしまっては、生活のメドが立たなくなります。

さらに追い打ちをかけるように、新たな住民税の納付書が届いて驚くことも!

 

なぜ住民税の支払いに驚くかというと、住民税は後払いのシステムになっているからです。

退職時に蓄えを残しておかないと、住民税を払えずたちまち生活が破たんしてしまいます。

急な支払いで焦らないためには、住民税の仕組みを理解しておきましょう。

転職・退職で会社を辞めるときに支払う住民税について、金額・仕組み・手続きを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

 

 

住民税の仕組み

住民税は前払いの所得税と違い、後払いのシステムになっています。

前年の所得を元に税額が計算され、6月から翌年の5月までの一年間で徴収されます。

 

納付方法には「特別徴収」「普通徴収」があります。

特別徴収 給与から天引き
普通徴収 届いた納付書を元に自分で支払う

サラリーマンは「特別徴収」で給与から天引きされますが、会社を退職すると自分で納付する「普通徴収」に切り替わります。

まずは「特別徴収」と「普通徴収」の違いを知っておきましょう。

 

特別徴収

「特別徴収」は会社の給与から天引きされる納付方法です。

多くのサラリーマンは「特別徴収」で毎月の給与から住民税が天引きされています。

住民税の金額は前年の所得を元に計算されており、6月から翌年の5月にかけて12分割で支払います。

特別徴収

たとえば、2019年の所得にかかる住民税は、2020年6月~2021年5月にかけて納めることになります。

 

普通徴収

「普通徴収」は自営業や無職の人のための納付方法です。

届いた納付書を元にコンビニや銀行窓口で支払います。

住民税の金額は前年の所得を元に計算されており、6月に届く納付書で一括で支払うか、4分割(6月・8月・10月・翌1月)で支払うかを選べます。

普通徴収

たとえば2019年3月に会社を辞めた人には同年6月に納付書が届きますが、それは「2018年1月~12月の会社員時代の給与にかかる住民税」ということになります。

スポンサーリンク

 

退職時期で住民税の納付方法は異なる

支払い期間の途中で退職すると、天引きできない住民税が出てきます。

住民税の手続きはすべて会社がやってくれますが、天引きされる予定だった住民税をどうやって納めるかは、退職する時期によって異なります。

1月~5月に退職する人6月~12月に退職する人とでは、納付方法がこのように違います。

 

1月~5月に退職する人

1月~5月に退職する人は、原則的に住民税の残り分を最後の給与から一括で天引きします。

これを一括徴収と言います。一括徴収は退職金から天引きされることもあります。

たとえば3月末で退職した場合、4・5月分の住民税が3月分の給与から天引きされます。

つまり、3月の給与は3・4・5月の計3ヶ月分の住民税を支払うことになります。

そのため、最後の給与は思った以上に少なくなるケースが多いんです。

一括徴収

住民税が給与や退職金でまかなえないときは、一括徴収ではなく普通徴収に変更してもらうこともできます。

その場合は退職後に自治体から納付書が送られてくるので、自分で残りの住民税を納めてください。

 

6月~12月に退職する人

6月~12月に退職する人は、退職と同時に特別徴収から普通徴収に切り替わります。

残った住民税は自治体から納付書が送られてくるので、それを元に自分で支払ってください。

たとえば9月末で退職した人には10月~翌5月分までの納付書が届きます。

これらは一括で支払っても分割で支払っても構いません。ただし、残りの月が少ないと一括しか選択肢がなくなることもあります。

退職後の普通徴収

また、会社に希望を伝えれば退職月の給与から一括徴収してもらうことも可能です。

 

転職後の住民税の納付方法

退職したら住民税は普通徴収になります。

普通徴収の人が再就職した場合、そのまま普通徴収を継続するか、転職先の会社で特別徴収してもらうかを選ぶことができます。

特別徴収に切り替える場合は、残りの納付書を会社に提出して手続きをしてもらってください。

そのまま普通徴収を継続する場合は、5月いっぱいまで自分で納付しましょう。

年末に在籍していれば、翌年の6月以降は会社が自動的に特別徴収に切り替えてくれます。

 

住民税の金額を把握しておこう

このように住民税は後払いのシステムになっているため、退職月によっては負担が大きくなります。

たとえば3月末に退職して一括徴収された人の場合、3月の給与で3ヶ月分の住民税を払った上に、6月にはさらに1年分の住民税を納めないといけません。

退職時の住民税

3月に払ってすぐ6月に払わなくちゃいけないので、住民税を二重で取られた気分になるでしょう。

急な支払いに慌てないためには、給与明細で1ヶ月の住民税の金額を把握しておくことです。

退職前に給与明細で金額を確認しておけば、退職後に支払う住民税の総額が分かります。

 

もし支払えそうにないなら、住民税の減免制度を利用しましょう。

自治体によっては住民税の減免制度を設けているところがあり、支払いを免除してもらえる場合があります。

関連記事失業で住民税は減免できる!無職が知っておきたい住民税の知識

退職後の手続きは知らないと損することばかりです。

↓こちらの記事では退職後の税金や社会保険の知識をまとめているので、合わせて参考にしてください。

社会保険
【退職後の社会保険・税金】失業中の年金や健康保険 得する手続きまとめ

会社を退職したら社会保険(健康保険・年金)と税金(住民税・所得税)は自分で払わないといけません。 「退職後に何をしたらいいかよく分からない」という人のために、失業したときに行う社会保険(健康保険・年金 ...

続きを見る

住民税は金額が大きい上に遅れてやってくるため、急な支払いで慌てることがあります。

慌てないためにも、退職前から住民税がいくら必要になるか確認しておきましょうね。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

向いてる仕事が分からない 4

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 5

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

治験バイト 2

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 3

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

4

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

飲み会 5

忘年会や新年会、友人との付き合い、急なお誘い。社会人ともなると飲み会の機会は多いです。 社会人なら交友関係が狭まらないよう、たとえお金がなくても飲み会の誘いには参加しておきたいところ。 でも、飲み代っ ...

-失業マニュアル

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.