働くことの本音

ボーナスと同時に退職願を出した日の思い出

更新日:

退職願

12月。世間はボーナスシーズンですね。

無職の今では、ボーナスは縁遠いものとなってしまいました。

思い返せば去年の今頃、ボーナスをもらってすぐに退職願を出しました。

あのころは毎日が嫌で嫌で仕方なかったです。這うようにして会社に行ってましたし。

ボーナスをもらったら退職願を出そうと決めていたので、毎日「あと3日の我慢だ」「あと2日の我慢だ」と念仏のように唱えてました。

関連記事僕が40歳手前で退職した理由

引き止めはありましたが、人間関係のこと、病気のこと、独立のことを訴えて受理してもらいました。

 

とはいえ、すぐに退職できるわけではありません。後任もすぐには見つかりませんし。

結局、退職できたのは3ヶ月後の2月末になります。僕はボーナスもらったら、とっとと辞めたかったんですが……。

今回はボーナスをもらってすぐに退職願を出した日に感じたことを書きたいと思います。

スポンサーリンク

 

もう会社に頼りたくない

この季節、ボーナスもらって辞める人は多いと思います。逆に、ボーナスをモチベーションにして「また半年間」と頑張る人も多いでしょう。

しかし、ボーナスは必ずあるものではありません。

僕が以前勤めていた会社では、業績悪化で年々ボーナスが減っていきました。

20万が10万に減り、10万が5万に減り、やがてゼロに!

ボーナス日には社長が朝礼で言い訳をしてたのですが、ゼロになってからは恒例の言い訳もなくなってしまいました。

ボーナスゼロになって3年。「ボーナスはなくて当然」になってしったのです。

 

というか、これまでも「ボーナス○ヶ月分」と数えられるほどの額はもらったことがありません。

「○ヶ月分」なんて、どこの世界の話なんでしょう。

女性が結婚の最低条件として「年収400万円」を言いますが、いったいどうすれば年収400万円に届くというのか。

サラリーマンを17年も続けて…

WebやDTPの技術も身に着けて…

部署のリーダーも務めて…

キャリアアップの転職もして…

それでも350万円に届かない。

 

ボーナスがなくなってからは年収200万円台まで落ちました。

手取りじゃないですよ!額面ですよ!

会社の退職金規定を調べると、60歳まで勤めても退職金は200万円くらいでした。

40年勤めても200万円です。退職金でローンを返済するなんて、いったいどこの国の話??

 

ダメだ。

会社に頼っていてはダメだ。

このままでは人生ダメになる。

 

会社で努力しても仕方がない。会社での努力を全部自分のために使った方がいい。

僕は今、独立に向かって歩みを進めていますが、日に日に「これで正しかった」という確信が強くなっています。

結局会社は、経営者の都合で回っています。

profile12

努力したって、利益は会社のもの。ボーナスはおこぼれに過ぎません。

会社を信じても、裏切られるだけ。

17年サラリーマンをやって、身に染みました。

 

今はほど遠いけど、いつか会社を見返してやりたい。 

1年前、ボーナスとともに出した退職願はきっと間違っていないはず。

そう信じて、コツコツ進んでいきます。

いつか自分で自分にボーナスをあげようと思います。

 

下の記事では僕が会社に対して思うことを、さらに掘り下げて書いてます。よかったら↓こちらも読んでください。

関連記事会社に振り回されない生き方

【追記】

この記事は2014年12月に書かれたものです。

当時の僕は無職で失業保険も切れていたのですが、再就職の道を断ち、独立に向けて邁進していた時期でした。

あれから数年が経ち、今では会社の年収をゆうに超える収入を得られるようになりました。

会社に頼らず独立の道を選んだのは間違ってなかったと、今になっても思います。


スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

無職から再就職するノウハウ

無職から再就職するためのおすすめ記事
1

いつまでも無職・ニートのままでいると肩身が狭いですよね。 ちゃんと働いている友人を見たり、親から「早く就職しろ!」とせかされたりすると、「自分はダメなやつだ……」とふさぎ込みたくなります。 収入がない ...

ブラック企業の見分け方 2

企業の面接を受けていると「この会社はブラック企業ではないか?」と疑問に感じることってありませんか? 僕も転職活動をしていたときは、ブラック企業かどうかを判断するのに頭を悩ませました。 まぁ「入社してみ ...

無職が登録すべき転職サイト 3

無職の就職活動というと真っ先にハローワークを想像すると思いますが、一般的な転職サイトを使えないわけではありません。 無職だってリクナビNEXTやdodaなどの転職サイトに登録することができます。 会社 ...

向いてる仕事が分からない 4

転職活動を始めようと思っても、自分に向いてる仕事がわからなくて悩んでいたりしませんか? 前の仕事が合わなくて辞めたのならなおさらのこと。何が自分に向いてるのかわからなくなりますよね。 転職するときの悩 ...

長く勤められる会社 5

どうせ転職するなら「なるべく長く勤められる会社に入りたい!」と思いますよね? あなたもこんな気持ちで転職活動をしているんじゃないでしょうか。 転職者の希望 「少ない残業でちゃんと休みを取りながら生活し ...

無職生活をちょっと豊かにする

無職生活を豊かにするためのおすすめ記事
売れるもの 1

即金がほしいときは、家のものを現金化するのが手っ取り早いですよね。 パッと思い浮かぶのは本・服・CDなどですが、家の中には売れるものがまだまだたくさんあります。 かつては売る場所といえばリサイクルショ ...

治験バイト 2

治験バイトをご存知でしょうか? 治験バイトとは、発売前の医薬品を使用して、専用の施設の中で血圧・体温・採血・体重などのデータを提供するアルバイトのことです。 正確にはアルバイトではなくボランティアなの ...

ポイントサイト 3

家にいながら簡単に稼げたらいいですよね。 在宅で稼ぐ方法はたくさんありますが、手軽に始められるのがポイントサイトやアンケートサイトです。 広告をクリックしたり、アンケートに答えたりしてポイントを貯めて ...

4

無職だと生活が苦しいもの。失業保険をもらってもお金が不足しがちになります。 生活費の穴埋めとして、まず思いつくのはアルバイトではないでしょうか。   しかし、失業保険を受給している間にアルバ ...

飲み会 5

忘年会や新年会、友人との付き合い、急なお誘い。社会人ともなると飲み会の機会は多いです。 社会人なら交友関係が狭まらないよう、たとえお金がなくても飲み会の誘いには参加しておきたいところ。 でも、飲み代っ ...

-働くことの本音

Copyright© 明るく楽しく!無職生活 , 2019 All Rights Reserved.