明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

ストレス耐性が弱い人ができる唯一の解決策

      2016/10/14

ストレス耐性

不定期でメンタルヘルスシリーズを書いてきました。今回でいよいよ最終回です。

前回【第4回】では抗うつ薬の効果について、私見を交えて書きました。

■メンタルヘルスシリーズ■

僕は職場の人間関係が原因で適応障害になり、会社を退職しました。

もう2年以上経つので今では完治しているんですが、当時は毎日受けるストレスで身体が悲鳴をあげていましたね。

メンタルの症状は、ざっくり言うとストレスが原因です。うつ病も適応障害も、根本の原因はストレスです。

まぁ、確かに僕はストレス耐性が弱い方だとは思います。でも、ストレス耐性が弱い人はやっぱり現代社会では生きにくいのでしょうか。

最終回はストレスに対する僕なりの解決策について書きたいと思います。

 

ストレスを回避する3つの解決策

メンタルの問題の解決する方法は、主に3つあります。

  1. 原因となるストレスの除去
  2. 薬物療法
  3. 認知療法でストレスの受け止め方を変える

 

1.の「原因となるストレスの除去」ですが、現実には難しい場合が多いでしょう。

仕事が原因だからといってすぐに会社を辞めるわけにはいかないし、配偶者が原因でもすぐに離婚できるわけではありません。

ストレスを引き起こす因子のことをストレッサーと言いますが、ストレッサーからスパッと離れられたらいいんですけどね。

現実にはストレッサーから逃れられないケースが多いと思います。

 

2.の「薬物療法」ですが、抗うつ薬って効かないのか?体験者が語るでも書いた通り、対症療法的な意味合いが強いと思います。

もちろん重度のうつ病患者には薬物療法が必要なんでしょうけどね。

僕のような適応障害や軽度のうつ状態の人には、どうしても「その場しのぎ」的な対策であることは否めません。

 

そうなると、3.の「認知療法でストレスの受け止め方を変える」という対策になってきます。

「ストレスの受け止め方を変える」というと、「ストレス耐性を高めなきゃいけない」と思われがちですが、職場で体験した適応障害の症状で書いたように、何をストレスと感じるかは人によって違います。

誰しも苦手なストレスがあって、それに対しては必ずしも強くはなれません。

だから、一概に「ストレス耐性を高めよう」「強くなろう」と考えるだけでは解決しないと僕は思います。

それよりも、「自分がストレスと感じているものに対する向き合い方を変える」のが一番の解決策だと思うんです。

 

僕が受けていた治療の正体はこうだった

実は先日、僕が通っていた心療内科の先生に偶然会う機会がありました(1年半ぶりぐらいの再開でした)。

そのとき先生は、当時僕に施していた治療の正体を話してくれたんです。

 

当時の僕は、職場のお局衆や神経質な部署メンバーによる人格攻撃に苦しんでいました。

先生によると、これはいわば台風の中にいる状態。台風の中で飛ばされそうになっている凧のような状態だったそうです。

ビュウビュウ吹き荒れる嵐の中、必死で飛ばされないようにしているのが、当時の僕だったと先生は言いました。

会社にしろ、家族関係にしろ、多くのメンタルで悩んでいる人はこの「台風の中にいる凧」の状態なんだそうです。

このような状態から逃れる解決策は3つ。それは

  1. 台風に立ち向かう
  2. 台風から逃げる
  3. 台風をいなす

この3つです。

図で書くとこんな感じですね。

解決策

1.の「立ち向かう」はお局衆や部署メンバーに正面から戦うパターンですが、これはムリ。

当時の僕では戦う覇気どころか、その日を過ごすだけで精一杯でしたし。

中にはこの選択肢を選ぶ人もいるそうですが、先生によるとそういう人は稀だそうです。

 

2.の「逃げる」は会社を辞めること。最終的に僕はこれを選んだのですが、すぐに辞められたわけではありませんでした。

入社してすぐに辞めてしまうと次の就職先も見つからなくなってしまうし、結局2年間はこの会社という台風の中で我慢しました。

おそらくほとんどの人は、この「逃げたいけど逃げられない」台風につかまっているのではないでしょうか。

なら、取れる手段は一つ。3.の「いなす」です。

 

「いなす」ことが現実的な解決策

「いなす」とは、強風の中でも風に飛ばされることなく、ゆらゆらとたゆたうこと。帆を柔軟に、風に身を任せることです。

つまり、人に何を言われても「別に気にすることでもないし~」と受け流すんです。

例えるなら、ちびまる子ちゃんのお父さんのような感じ。お母さんやまるちゃんに「お酒ばかり飲んで!」と怒られても「へへ~ん、そんなこと言われても、俺は酒を飲むぜ~」とヘラヘラしている感じです。

それに対するお母さんやまるちゃんも「もう、どうしようもないお父さんだねぇ」と、立ち向かうでもなく逃げるでもなく、受け流しています。

お互いがお互いを「いなす」ことで、関係性が成り立ってるんですね。「立ち向かう」ことも「逃げる」こともできない関係性の中では、「いなす」ことが唯一の解決策になります。

つまり、解決しないことが解決策と言えます。

 

ただ、メンタルが弱っているときは、この「いなす」ことがどうにもうまくできません。

そこで必要になってくるのが、抗うつ薬などの薬。凧が風で壊れないように、薬で補強してあげるのです。

これが心療内科で行われていた治療の正体だと、先生は話してくれました。

先生からこの話を聞いたとき、僕は「なるほどなー」と、初めて自分を客観視できた気がしました。

病んでいた時期は僕も周りが全然見えてなかったですからね。「薬を飲んでも全然効果がない」「話を適当にしか聞いてくれていない」と、心療内科自体を疑っていたことがありました。先生自身も僕を「いなしてた」わけです。

でも、すべては意味があったことなんですね。健康になった後に聞くと、ストンと腑に落ちた気がします。

もちろん解決策として「立ち向かう」や「逃げる」を選んでもいいんですが、どれを選ぶにしても薬による補強が必要だったというわけです。

 

メンタルヘルスシリーズの最後に

これまで5回にわたってメンタルヘルスシリーズを書いてきました。振り返ると、第1回から丸1年もかかっちゃいましたね。(^_^;)

全ては僕の個人的な感想なので、学術的に間違ってる箇所もあるかもしれません。

メンタルの病にもいろんなパターンがあるので、僕の体験が絶対というわけではありません。

ただ、画一的な書籍やネットの情報よりも、こういった生の声で救われる人もいるかもしれないと思い、ここまで書いてきました。

かくいう僕もストレス耐性が弱いままですが、こうやって元気に生きています。なので、今悩んでいる人も、きっとどこかに出口はあるはずです。

これまでの記事が少しでも参考になれば幸いです。読んでいただき、ありがとうございました。

 

 - 前向きに生きる, 無職日記

Comment

  1. ゆりあ より:

    ご無沙汰しております^^
    私はやっと就活を終え、4月より正社員で希望の職種で
    仕事をしております。

    無職のときには、こちらのサイトを参考にさせて
    いただきお世話になりました。

    今の新しい職場は、とても恵まれた環境で、毎日
    気持ちよく仕事をしております。

    また何かご縁があったときには、いろいろ参考にさせて
    いただきますね。ありがとうございました。

    • Sunday より:

      ゆりあさん、お久しぶりです!

      正社員で希望の職種に就かれたんですね!
      気持ちよく仕事できる環境に巡り合えてよかったです。
      今まで苦労されてきたので、その分これから幸せが待っていると思いますよ。^^
      たまには無職時代を懐かしんで、ブログにお立ち寄りくださいませ。
      こちらこそ、ありがとうございました!

  2. ありあ より:

    いなすという考えがありませんでした。そういう、へらへらした人が嫌いでした。
    自分がもう少し「いなす」という考えを理解する必要がありそうです。

    • Sunday より:

      確かにへらへらするのもどうかとは思うのですが、時にはそういう生き方も必要なのかもしれませんね。
      コメントありがとうございます。

  3. t.y より:

    先日、仕事のストレスから適応障害と診断されました。
    電車に乗っても職場まで辿りつけなかったり、家すらでれないことばかりでとても悩んでいます。
    病気休暇を取得し、自分と向き合う時間を作りたいと思っているのですがなにかアドバイスをいただけませんか?

    • Sunday より:

      仕事のストレスからの辛い状況でお悩みなんですね。
      まずは休暇をとって身体と心を休めるのが一番ではないでしょうか。
      適応障害は環境が変わると良くなることが多いので、
      悲観せずゆっくり向き合っていけばいいと思いますよ。

  4. ひーたん より:

    初めてコメントいたします。
    一年くらい前から精神科へ通院している者です。
    読ませてもらって共感できた部分があってコメントさせてもらいました。
    自分の状態としては、
    ①仕事に対して過度に恐怖感を抱いてしまうこと
    ②他人の何気ない一言に過敏に反応してしまうこと
    があります。どちらも不安感や苛立ちから泣き出してしまったり物に八つ当たりしたりしてしまっていました。(泣きながら上司に退職を懇願したことも何回もあります。その度に説得されて思い止まるのですが)
    数年前から悩まされており、一度目は通院しながら、最後は転職することで治まりましたが、数年してからまた辛くなり昨年のとある仕事をきっかけに耐えきれないと感じた為再び通院するようになりました。薬も効いてくると一度は楽になるのですがしばらくすると辛くなりその度に薬が増えるといった状態でした。今は病院を変えて一から薬を処方してもらっていますが、(その間離脱症状も経験しました)効いているうちは頑張ろうという気になってたんですが最近ちょっと落ちてきている気がします。
    だからといってなにもできないわけではないんです。なにも気にせず出来ることもあるので、周囲からすればただ怠けているだけのように思われているかもしれません。
    出来るときと出来ないときのギャップがあってそれも悩んでいます。単なる怠けなのか、病気なのか自分でも判断がつかないし病院の先生も困っているかもしれません。
    長々と失礼しました。上手く説明できないですけど誰かに聞いてほしくてコメントさせてもらいました。すみません。

    • Sunday より:

      ひーたんさん、コメントありがとうございます。
      記事に共感いただけてうれしいです。

      恐怖感や不安感を過敏に感じてしまうんですね。
      僕も会社で仕事をしていたときは、そのような恐怖感で仕事ができなくなることがありました。
      なかなか他の人には理解してもらえない感覚なので、辛いですよね。

      病院の先生が困っているということはないと思いますよ。
      先生もプロなので、ひーたんさんの状態を理解して対処されてるんだと思います。

      何も気にせず出来るときもあるんですね。
      出来たときの感覚を大事にして、そのときは自分で自分を褒めてあげてはいかがでしょうか。
      記事のように時には「いなし」ながら、ゆっくり進んでいってくださいね。

      • ひーたん より:

        早速アドバイスありがとうございました。
        少しずつですが前向きに乗り越えていきたいと思います。

  5. なんちゃん より:

    はじめまして
    4月の異動で、9年間いた職場をはなれ、新しいところにきて、適応障害になってしまいました。
    私は勤続20年以上のベテランで、自分でそう思えば思うほど、萎縮して仕事が辛くて。
    あなたの体験を読ませていただいて、少し納得することが、できました。ありがとうございます

    • Sunday より:

      コメントありがとうございます。
      長年勤めた環境から変わるのは大変ですね。
      委縮してしまうお気持ち分かります。
      少しでも記事が参考になったようならよかったです。

  6. ようこ より:

    初めまして。
    私も適応障害の診断でした。8年間勤務しておりましたが、毎日、憂鬱でした。
    そこへ新しい上司がやってきて、細かい指摘、高圧的な話し方に今まで蓄積されていたものが溢れ出してしまった状態です。
    その人が居るだけで動悸、身体が硬直、萎縮してしまい、ミス、負の連鎖でした。
    退職手続きは郵送でお願いしました。
    ただ周りの方は良い方ばかりだったので最後の挨拶はするべきだと…しかし、動悸がして行けません。
    手紙と菓子折りを郵送しても良いと思いますかますか?
    最後の挨拶はどうされましたか。
    よろしければお聞かせ下さい。

    • Sunday より:

      ようこさん、コメントありがとうございます。
      職場でとても辛い状況だったんですね。
      その人がいるだけで委縮してしまい、何もできなくなる気持ち分かります。

      そんな中で周りの方への配慮ができるようこさんはとても優しい人なんだと思います。
      郵送でも十分周りの方に気持ちは伝わると思いますよ。

      ちなみに僕が退職したときは、苦手な人にあいさつしたところ、
      目も合わせず「おつかれさまでした」の冷たい一言だけでした。
      ほんと、こういう人とはなるべくかかわらないのが身のためです。(^^;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

7ヶ月
無職期間7ヶ月経ちました

10月になりましたね。 2月の寒風吹きすさぶころに退職した僕ですが、季節は巡り巡 …

心療内科
心療内科ってどんなとこ?

僕は人間関係で適応障害になり、前に勤めていた会社を退職しました。 僕が退職した理 …

花火
地元のイベントに参加してみる

3連休でしたね。もちろん僕には関係ないですが。(^^;) 仕事をしている時はこの …

収入額
2015年4月の収入額とアクセス数

こんにちは、Sundayです。 僕は今年1月に個人事業主として独立開業しました。 …

健康診断
健康診断の結果が返ってきた

先日受けた健康診断の結果が返ってきました。 受けたのは自治体の特定健診です。40 …

田舎の風景
実家暮らしと一人暮らし

お盆なので実家に帰っていました。まぁ、実家と言っても電車で40分ほどのところなの …

性格診断
エゴグラムで性格診断

こないだテレビを見てたらエゴグラムの性格診断をやってたんですよ。(番組では「ディ …