明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

サラリーマンから独立した人がもらえる年金額

   

年金

僕は17年間サラリーマンとして働いたのち、ネットビジネスで独立開業しました。今では個人事業主として、ブログやサイトからの収入で生活しています。

独立して気になるのは老後のお金。会社員なら退職金と年金があるけど、個人事業主は全て自分で準備しないといけません。

個人事業主や自営業は老後も自己責任。こりゃあ、何もしていないとヤバいですよね。(^_^;)

「自分の老後は大丈夫か!?」と思い、サラリーマンから独立した人がもらえる年金額について調べてみました。

はたして個人事業主は年金をいくらもらえるのか? さらに、もらえる年金を増やすための方法についても考えていきます。

 

サラリーマンの年金はかなり優遇されていた

実はサラリーマンって、年金制度ではかなり優遇されていたんですよね~。

給与天引きだと実感わきませんが、年金制度は個人事業主よりも会社員の方がお得になるよう作られています。

年金制度では会社員は「第2号被保険者」となり、国民年金に上乗せして厚生年金を支払っています。その分、将来もらえる年金額が大きくなってるんです。

しかも、厚生年金は会社が半分負担してくれています。つまり、少ない負担で大きな給付がもらえているわけですね。

 

ところが、独立して個人事業主になると「第1号被保険者」となり、国民年金だけしかなくなります。

厚生年金の上乗せ部分がなくなるので、もらえる年金額は当然少なくなるんです。

しかも国民年金は全額自己負担! 自分で支払った分からしか、将来の年金はもらえません。

サラリーマンから独立した人の年金

会社を辞めて独立するときは、年金が非常に不利になることも考えておかないといけませんね~。(^^;)

では、将来もらえる年金額は実際いくらになるのか? これはねんきんネットで簡単に調べることができます。

 

ねんきんネットで将来もらえる年金額を調べてみた

日本年金機構の「ねんきんネット」では、これまで支払った年金記録や、将来受け取る見込みの年金額を調べることができます。

毎年誕生日に送られる「ねんきん定期便」のアクセスキーを使えば、簡単にログインIDが発行できますよ。

ねんきんネット

ねんきんネット | 日本年金機構

僕はサラリーマンとして17年間厚生年金に加入し、その後無職→個人事業主として2年間国民年金に加入しています。

このまま60歳まで個人事業主として国民年金を支払ったとして、僕が65歳からもらえる年金の金額を調べました。

すると・・・

老齢基礎年金・・・784,500円(月額65,375円)
老齢厚生年金・・・327,396円(月額27,283円)
合計・・・1,111,896円(月額92,658円)

月額92,658円。老後を月収9万円で過ごすということに。

うーん・・・

 

全然足りましぇ~ん(笑)。

 

思ってた以上に少ないですねぇ。(:_;)
しかもここから健康保険、住民税、所得税が引かれますから、手取りの年金額はさらに少なくなります。

独立するとこんなに年金が少なくなるとは・・・。

 

しかし、僕の年金額が少ないのは「独立したから」という理由だけではありません。

よくよく見ると、老齢厚生年金がすごく少ないんですね。

グラフを見ると分かるように、サラリーマンとして17年間支払ってきた厚生年金の内訳が非常に少ないんです!

老齢厚生年金

年金支給額の3分の1にも達しません。

なぜかというと、厚生年金は報酬比例だからです。

国民年金と違い、厚生年金は納付額が多ければ多いほど給付額が増えます。

つまり、厚生年金は給料が高ければ高いほど支給額も増える仕組みなんです。

なので、僕みたいに年収300万円であえいでいた薄給サラリーマンだと、もらえる年金額もごくわずか。(:_;)

おそらく定年まで勤めあげたとしても、総支給額はせいぜい3万円プラスになるぐらいでしょう。

給料が安いと、会社員でも老後まともな生活ができるレベルには到達できないんですね。ショボーン。

 

だから、独立したからといって一概に「年金で損をする」とは言えないですね~。

むしろ、独立して自分で年金を作っておく方がずっと安全だったりもします。自分の裁量で給付額を増やせますからね。

独立しても老後の安心を得るには、個人事業主・自営業者ならではの年金制度を利用して、自己防衛しておきましょう。

 

個人事業主・自営業者のための年金制度

個人事業主・自営業者には厚生年金がありません。なので、サラリーマンの厚生年金にあたる部分を自助努力でまかなう必要があります。

具体的には「付加年金」「国民年金基金」「小規模企業共済」が主な手段です。国民年金にプラスして支払うことで、将来受け取る年金額を増やすことができますよ。

付加年金

国民年金加入者が付加保険料(月額400円)をプラスして支払うことで、老齢基礎年金にプラスできるのが付加年金です。

付加年金の支給額は「200円×付加保険料納付月数」なので、2年間受給すれば元が取れる計算です。

早死にしても元が取れるお得な制度(笑)なので、国民年金加入時には迷わずつけておいた方がいいでしょう。

僕も会社を辞めて無職の間は付加年金をつけていました。

付加年金は国民年金基金に入ると対象から外れてしまうので、国民年金基金が払えるようになるまでの「つなぎ」として加入するのがいいと思います。

【参考】付加保険料の納付のご案内 | 日本年金機構

国民年金基金

会社員は国民年金の上に厚生年金が上積みされますが、個人事業主・自営業者にはそれがありません。

その上積みされる「2階部分」を補うのが、国民年金基金。優香のCMでおなじみですよね(笑)。

国民年金基金は最大6万8千円まで自由に掛け金を設定でき、それに応じて受け取る年金額が変わってきます。

受け取り方も終身2種類、確定5種類の中から選べるので、自分のライフスタイルに合った年金が組み立てられます。

僕も開業2年目からは、この「国民年金基金」に加入しましたよ。^^

【参考】国民年金基金連合会

小規模企業共済

会社員なら退職金がありますが、個人事業主・自営業者には退職金がありません。

そのため、自分自身で退職金を積み立てていくための制度が小規模企業共済です。いわば「個人事業主のための退職金制度」ですね。

事業をたたんだ時に退職金として受け取るだけでなく、65歳以上から年金と同じように受け取ることもできます。

掛け金は1000円から7万円の範囲で設定でき、資金繰りに困ったら掛け金の7~9割で「貸し付け」もしてもらえます。

僕も国民年金基金にプラスして、近々入ろうと思っている制度です。

【参考】中小機構:小規模企業共済

 

掛け金は全額控除で大きな節税になる

これら個人事業主のための年金制度は、全額控除の対象になります。

つまり、掛け金が課税対象から外れるので、その分「所得税」「住民税」「健康保険料」が安くなるんです。

もし満額掛けたとしたら、国民年金基金では最大81万6千円が控除でき、小規模企業共済では最大84万円が控除できます。

国民年金基金や小規模企業共済は、この節税効果が高いのが大きなメリットです!

サラリーマンは給与天引きでこういう節税のメリットを受けられませんが、個人事業主は自分で節税対策ができます。

会社が負担してくれない分は節税で取り返しましょう。(^-^)

僕も制度を活用して、老後に備えたいと思います。

 

 - 独立する

Comment

  1. 茅ヶ崎ぽち より:

    個人事業主として独立されて成功されてるのですから、年金が少なくても無くても関係無いって感じもしますが、、、
    年金の様々な制度についてはとても勉強になりました。

    ただ、現状の年金制度がいつまで保たれるのでしょうか??
    今の官僚主導無駄遣い政治では、いずれ破綻すると思います。

    個人自衛での貯蓄、資産運用の方が大事な気もします。

    • Sunday より:

      まぁ、老後も今のように働けているかは分かりませんしねぇ。(^_^;)
      確かに今のままだといずれ公的年金は破綻すると思います。
      資産運用など、自分の老後は自分で守っていかないといけませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

開業届
個人事業主の開業届を出しました

長らくやってきた無職生活ですが、ついに無職でなくなるときがやってきました。 新年 …

収入
独立開業から1年で収入はこうなった

明けましておめでとうございます。Sundayです。 あなたはどんな年末年始を過ご …

安定
僕が独立した理由は安定のためだった

僕は今、独立開業してブログやサイトからの収入で生活をしています。 ネットビジネス …

記帳指導
税務署の記帳指導に行ってきた

僕は昨年、個人事業主として開業しました。 サラリーマンではないので、確定申告は自 …

収入
独立開業から半年で収入はこうなった

こんにちは、Sundayです。 僕は今年1月に無職を卒業し、個人事業主として独立 …

YouTube
ユーチューバー(YouTuber)という生き方

最近、YouTubeのCMをよく見かけます。 ピックアップされてるのがユーチュー …

青色申告
青色申告にするメリット

前回のブログで書いた通り、ついに個人事業主の開業届を出しました。( ´ ▽ ` …