明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

失業などで国民年金が払えない時の免除制度

      2017/01/26

国民年金

会社を退職したら、年金は厚生年金から国民年金に切り替わります。

源泉徴収されていた厚生年金と違って、国民年金は自分で保険料を払っていかないといけません。

いくらニュースで「年金財政は破綻する」と言われていても、払っておかないと老後が不安になりますよね。

 

かといって、無職が毎月の保険料を支払うのは大変です。

平成28年度の国民年金保険料は1ヶ月あたり16,260円。これを無収入の状態で払い続けるのは厳しすぎるー!(>_<)

そこで活用したいのが免除制度です。

失業やさまざまな事情で保険料を払えないときは、国民年金の免除制度を利用しましょう。

免除を申請すれば、保険料を払わなくても将来の年金がなくなることはありません。

国民年金の免除制度について、申請方法や所得基準、メリット・デメリットをお話しますね。

 

免除を申請するメリット・デメリット

国民年金には、「所得が少なくて生活が困難な人」や「学生で収入がない人」が利用できる免除制度があります。

免除を申請しておけば、保険料を払っていない期間も「保険料を払ったもの」として年金の受給資格期間(25年)に入れることができます。

 

通常、年金は通算で25年加入していないと、将来まったく給付を受け取れません(2017年10月から10年に短縮される見通し)。

例えば、保険料を24年11ヶ月払ったとしても、そこから先ずっと未納のままだと、もらえる年金はゼロになってしまうんです。

これじゃあ、払い損ですよね。(:_;)

ところが、免除申請さえしておけば、免除された期間も受給資格期間に組み込めます。

免除と受給資格期間

 

もちろん免除された分だけ、もらえる年金が減るというデメリットはあります。

でも、給付がゼロになってしまうよりはマシです。

それに、免除された分を10年以内に追納すれば、通常支払ったときと同じように給付を受けることもできます。

無職の間だけ免除を申請しておき、再就職したら払えなかった分を追納すればいいのです。

追納

 

こういったメリットを考えると、国民年金は滞納するより免除しておいた方が安心です。

免除は今現在保険料を滞納している人でも、2年前までさかのぼって申請することができます。

払うのをあきらめてしまう前に、まず自分が免除の条件に当てはまるかを確認してください。

 

免除の条件とは?免除額は前年所得で決まる

国民年金には「全額免除」と「一部免除」があります。

どれだけ免除できるかは、前年の所得(1月から6月までに申請した場合は前々年所得)がいくらあったかで決まります。

本人・世帯主・配偶者の前年所得によって、全額免除・4分の3免除・半額免除・4分の1免除の4段階に分かれます。

国民年金が免除になる所得の目安

家族構成ごとの前年所得の目安は以下の通りです。

  3人扶養
(夫婦・子2人世帯)
1人扶養
(夫婦のみ世帯)
扶養なし
(単身世帯)
全額免除 162万円
(257万円)
92万円
(157万円)
57万円
(122万円)
4分の3免除 230万円
(354万円)
142万円
(229万円)
93万円
(158万円)
半額免除 282万円
(420万円)
195万円
(304万円)
141万円
(227万円)
4分の1免除 335万円
(486万円)
247万円
(376万円)
189万円
(296万円)

※( )内は給与の年収ベース ※本人・配偶者・世帯主すべてが免除基準に該当していることが必要

例えば4人家族なら、年収486万円以下で免除の対象になります。

意外と高収入でも免除できるのが分かりますよね。

失業者は「特例免除」が使える

免除の条件を見て、今年退職した人は少し疑問に思ったかもしれません。

「あれ? 前年所得が基準だったら、去年働いていた俺は基準以上の所得があるぞ。免除の対象にはならないのか?」と。

ご安心ください。

国民年金には、失業した場合に限り「失業による特例免除」という制度があります。

 

今年退職した人なら、前年所得が条件より高い人も多いでしょう。

なので、失業者に限っては本人の所得を除外して審査してもらえます。

つまり、失業した人は世帯主(父・母等)と配偶者(夫・妻)の前年所得のみが審査対象となるんです。

家族が働いておらず自分の収入だけで養っているのなら、いくら前年に稼いでいようが全額免除を申請できるわけです。

 

免除で将来もらえる年金額はどれだけ減るのか

国民年金を満額(40年)納付した場合、もらえる老齢基礎年金の給付額は年額780,100円です(平成28年度の例)。

免除申請したら、これがどれだけ減るのかは気になりますよね?

免除を申請した場合、年金がどれだけもらえるかをまとめたのが以下の表です。

  免除して給付される年金額
全額免除 満額の2分の1
4分の3免除 満額の8分の5
半額免除 満額の8分の6
4分の1免除 満額の8分の7

※平成21年4月以降の免除に対して

これを見ると「意外ともらえるんだなぁ」と感じませんでしたか?

実は、国民年金は全額免除しても年金額の半分が支払われます。

極端な話、保険料を1円も払わなくても、40年間全額免除を申請し続ければ年額390,100円がもらえるんです!

これにはびっくりですよね。

 

年額390,100円ということは、20年間もらい続ければ780万円にもなります。

免除を申請せずに滞納するのは、780万円を捨てているようなもんですよ!

面倒くさいからといって滞納していると、ものすごく損です。対象者はしっかり申請しておきましょう。

 

免除を申請できる期間・申請方法

国民年金の免除を申請できる期間は、7月から翌年6月までの1年度分です。

複数年度の申請はできないので、年度ごとに手続きが必要になります。

申請方法

必要書類を準備したら、市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ行きましょう。

申請に必要な書類は以下の通りです。

  • 国民年金手帳、または基礎年金番号通知書
  • 前年(または前々年)の所得を証明する書類
  • 雇用保険受給資格者証の写し、または雇用保険被保険者離職票等の写し(失業による特例免除の場合のみ)

保険料を納めることが、経済的に難しいとき | 日本年金機構

これに窓口備え付けの「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」を加えて提出します。

「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」はダウンロードすることも可能です。

国民年金保険料免除・納付猶予の申請書(PDF)

 

いかがでしたでしょうか?

失業などで国民年金が払えないときは、免除制度が大いに役立ちます。

知らないままでは、すごく損してしまいますよ。

少しの手続きで将来の年金額が変わるので、ぜひ有効活用しましょう。

 

 - 節約する, 失業マニュアル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

住民税
失業で住民税はこんなに減免できる

年も明けたので、住民税のさらなる減免申請に行ってきました。 国民健康保険と住民税 …

健康診断
無職の健康診断

先日、市の健康診断を受けてきました。 無職になると、会社の健康診断を受ける機会が …

延長申請
失業保険を延長できる個別延長給付とは

就職活動していてもなかなか就職先が決まらず、「ヤバい!もうすぐ失業保険が切れる」 …

健康保険
退職後の健康保険で扶養に入るための条件

会社を辞めたら健康保険も自分で手続きしておかないといけません。 何かしらの保険に …

食事
無職だから食費を抑える!コツとテクニック

僕は一人暮らしを始めてからほとんど自炊をしています。 仕事をしている間も自炊は続 …

担々麺
クーポンサイトで担々麺を350円で食べる

事前購入や共同購入することで、商品がお得に買えるクーポンサイト。定価の半額は当た …

自立支援医療
うつ病の医療費を軽減する自立支援医療制度

うつ病などの精神疾患にかかると不安になるのが医療費です。 僕も心療内科に通ってい …