明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

うつ病の医療費を軽減する自立支援医療制度

   

自立支援医療

うつ病などの精神疾患にかかると不安になるのが医療費です。

僕も心療内科に通っていたことがあり、治療費や薬代で結構お金がかかりました。

【参考記事】心療内科ってどんなとこ?

メンタルの病気は通院が長引くケースも多いです。僕も1年以上通院してたので、トータルの医療費は結構高額になりました。

通院中は心が弱ってるので、できればお金のことを気にせず治療に専念したいですよね。

メンタルの病気にかかったときは、医療費を補助してくれるありがたい制度があります。

うつ病などの医療費を軽減する自立支援医療という制度があるんです。

 

自立支援医療とは

うつ病など長期にわたって治療が必要でメンタルクリニック等に通う場合、自立支援医療制度を使えば医療費が安くなります。

通常、サラリーマンの医療費は3割負担ですが、自立支援医療を使えば治療費や薬代が1割負担に軽減されるんです。

さらにこの1割の負担が重荷にならないよう、所得に応じて1ヶ月の負担額には上限も設けられています(最大の自己負担額は2万円まで)。

対象者

対象者は以下のような方です。

うつ病、躁うつ病、統合失調症、不安障害、アルコール・薬物中毒および依存症など

処方されている薬が抗うつ薬であれば対象になる場合もあるので、一度医師に相談してみるといいでしょう。

ただし、処方薬として精神薬以外の薬(胃薬、かぜ薬など)が処方された場合には対象になりません。

 

自立支援医療の自己負担額

自立支援医療を使えば、医療費が基本的に1割負担になります。

また、「重度かつ継続」に該当する場合、自己負担額には上限がつきます。高額な治療を長期間続けなければいけない人は、最高でも負担額は2万円までに押さえられるんです。

「重度かつ継続」に該当するのは・・・

  • 統合失調症・躁うつ病・うつ病・てんかん・認知症等の脳機能障害・薬物関連障害(依存症等)の方
  • 精神医療に一定以上の経験を有する医師が判断した方
  • 医療保険の多数該当の方

「重度かつ継続」に該当する場合の自己負担額は以下のようになります。

市町村民税 所得区分 自己負担額上限
市町村民税非課税世帯  本人収入80万円以下 2,500円
本人収入80万円超 5,000円
市町村民税課税世帯   市町村民税額(所得割)3万3,000円未満 5,000円
市町村民税額(所得割)3万3,000円以上23万5,000円未満 10,000円
市町村民税額(所得割)23万5,000円以上 20,000円

 

なお、この表とは別で独自の料金体系をとっている市町村もあります。

各自治体でシステムが異なるので、詳しくは市町村のホームページでご確認ください。

 

申請方法

自立支援医療を申請するには、まず主治医に相談しましょう。必要な書類をそろえて、各市町村の窓口に申請します。

【申請に必要な書類】

  • 自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書
  • 自立支援医療用診断書
  • 保険証の写し
  • 所得を確認する書類
  • 印鑑

「自立支援医療費支給認定申請書」は各市町村の窓口かホームページからダウンロードしてください。

「自立支援医療用診断書」はかかりつけの医師から発行してもらいます。

「所得を確認する書類」は源泉徴収票や住民税の課税証明書、収入申告書など自治体によって異なるので、各市町村窓口で確認してください。

書類を提出して申請が認められれば、「自立支援医療受給者証」と「自己負担上限額管理票」が送られてきます。

メンタルクリニックでこれらを提示すると、自己負担額が1割に軽減されます。

 

自立支援医療にデメリットはない

もしかしたら自立支援医療を受けるのを「障害者手帳」をもらうようなものだと思って、躊躇している人もいるかもしれません。

しかし、自立支援医療は障害者手帳とは全く別物です。自立支援医療は、単に医療費が安くなるだけの制度です。

何か不都合が出るというものではなく、就職や生活への影響もありません。

しいてデメリットを言えば、診断書の発行代金に2,000円~5,000円ほどかかるというぐらいでしょうか。

対象であれば利用を考えた方がいいでしょう。医療費は少しでも安く抑えたいですからね。

気になるなら一度、かかりつけ医師に相談してみるといいと思います。

↓自立支援医療の詳細はこちら
厚生労働省 自立支援医療

 

 - 節約する

Comment

  1. 匿名 より:

    診察する病院で恥ずかしい思いもあります…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

飲み会
飲み会幹事でタダ酒を!飲み代節約の裏技

忘年会や新年会、友人との付き合い、急なお誘い・・・。無職でも飲み会の機会は意外と …

マンション
無職の賃貸契約と部屋探しのコツ

無職でも家を引っ越すケースはあるでしょう。 「もう少し家賃の安い物件を探したい」 …

セルフメディケーション
医薬品購入で税金が戻る!セルフメディケーション税制の使い方

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)ってご存知ですか? いまいち知れ渡 …

映画
【平日でも行ける人用】映画の割引日一覧

映画館って土日は混雑しますよね。 人気作品は満席だったり、次の上映時間まで待つこ …

特売日
無職と自炊と特売日

お金のない無職一人暮らしの僕が切り詰めるのは、まず食費。 自炊はもちろんのこと、 …

食事
無職だから食費を抑える!コツとテクニック

僕は一人暮らしを始めてからほとんど自炊をしています。 仕事をしている間も自炊は続 …

住民税
失業で住民税はこんなに減免できる

年も明けたので、住民税のさらなる減免申請に行ってきました。 国民健康保険と住民税 …