明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

仕事で評価されない!上司が正当な評価をしない理由とは

      2018/06/03

仕事で評価されない

一生懸命仕事しているのに、全然会社から評価されないと感じたことはありませんか?

僕もサラリーマンしていた頃は、やってる仕事のわりに給料が低くてモヤモヤしていました。

 

「成果を上げているのに、査定は低いまま・・・」

「好き嫌いで人事考課してるんじゃないの?」

「そもそも同期と比べて給料が安すぎる!」

 

ちゃんとやっているのに評価が低いままだと、やる気もなくなってしまいますよね。

実際、日本の会社では能力やスキル以外で評価されることも多いです。

理不尽だけど、これが現実なのです。

 

じゃあ、会社はどういう部分であなたを評価しているのか?

僕も一時期人事考課をやっていた経験があるので、上司と部下の両方の視点から解説したいと思います。

また、客観的にあなたの本当の価値を調べる方法も教えますね。

 

残念ながら会社は好き嫌いで判断もする

身もふたもない話ですが、会社の査定はある程度好き嫌いも反映されます。

好き嫌いというか、上司の主観ですね。

上司も人間だから機械的に人を判断できないし、どうしても主観が入りこんでしまうのです。

 

僕が「正当な評価をされていない」と感じていたとき、上司から「君は見せ方が下手だ。アピール力が足りないよ」と言われました。

当時の僕はそれなりにテキパキ仕事をこなしていたんですが、報連相が苦手だったんです。

いちいち「これをやりました!」「これもやっときました!」とアピールするのって、ゴマをすっているようで嫌だったんですね。

スキルはあってもコミュニケーション力が乏しかったのです。

なんていうか、「見えないところで努力したい」みたいな美学も持ってましたし。

 

でも、見えないところで努力しても、上司には見えないんですよね。

せっかく成し遂げたことでも、アピールしていないとやってないのと一緒。

結局、うまくアピールできる人の方が評価されるのです。

会社では上司とのコミュニケーション力が評価を左右するんだなぁ、と痛感しました。

スキルも大事だけど、そういう「人間力」みたいなものが重要だったりするんですね。

 

評価したくてもできない上司側の事情

上司

僕は部下の人事考課をやっていた経験もあるんですが、正当な評価をしたくてもできない上司側の事情もあるんですよ。

会社の制度上、まともな評価ができないこともあるのです。

人事考課って相対評価で、誰かの評価を上げたら誰かの評価を下げないといけません。

だって、誰もかれも高評価で給料を上げてたら、支払う原資がなくなっちゃいますからね。

仕事のできる人でも、優秀な部署では評価が下がることもあるわけです。

 

また、人事考課は直属の上司が評価を出し(一次考課)、さらに上の上司がそれをチェックします(二次考課)。

ここで直属の上司が出した評価を、上の上司が覆すこともあります。

せっかく一次考課で高い評価を得ても、二次考課で下げられたりするんです。

全体のバランスのために仕方ないとはいえ、現場を知らない上の意向が優先されるんですよ。

 

さらに、考課シートの点数を計算すると、どう頑張っても給料が上がらない計算式になっている会社もあります。

僕が勤めていた会社がそのクチでした。

だって、微々たる額しか考課のポイントが給料に反映されないんですもん。。

人事考課シート↑人事考課シートのポイント制度

 

ポイントが給料に反映される率が低すぎたり、計算式がブラックボックスになっている会社も多いんじゃないでしょうか。

こうなると、評価されないのはあなたではなく会社の問題です。

こういう会社ではいつまでたっても報われません。

一度、あなたの会社の人事制度をチェックしてみてください。

もし、いくら頑張っても評価されない仕組みになっているなら、思い切って転職や独立を考えるのもいいでしょう。

 

自分の本当の市場価値を調べるには

転職や独立をするといっても、「自分なんかにできるのか?」と不安になりますよね。

 

「大したスキルもないし、年齢もだいぶいってるし・・・」

 

しかし、できないと感じているのは自分の思い込みかもしれません。

まずは自分の市場価値を客観的に調べてみましょう。

ひょっとするとあなたが評価されないのは今の会社の中だけで、外ではもてはやされる人材なのかもしれませんよ。

 

市場価値を知るにはミイダスというサービスが優れています。

ミイダス

市場価値診断ならミイダス

ミイダスはDODAを運営するパーソルキャリアが手がける無料の年収査定サービス。

200万人の年収データからあなたの価値を正確に判断できるんです。

査定はとても簡単。こんなふうにタップするだけだから、5分で完了しますよ。

回答

回答

簡単とはいえ、専門分野についてはかなり細かい質問が用意されています。

専門的なスキルで査定されるから、正確な評価が期待できますね。

ソフトの使用経験

外注経験

こうやって調べた僕の想定年収は571万円でした。

前の会社の年収が300万円だったことを考えると、随分過小評価されていたのが分かりますね・・・。

年収モデルケース↑フィット年収が571万円と出ました!

 

さらに、ミイダスに登録すると7万人の転職実績データが見れます。

あなたと同じ年齢・職種・経歴の人が、どんな評価を受けているかが分かるんです。

同じスペックの人たちが、どれぐらいの年収でどんな会社にいるかが分かります。

年収データ

転職先企業

これらのデータと比べると、自分がまっとうな評価を受けているか判断できますよね。

もし会社での評価がデータより低いなら、あなたを求める企業とコンタクトをとるといいでしょう。

ミイダスに登録しておけば、あなたに興味のある企業が書類選考なしでオファーをくれます。

こんなふうに年収アップ確定でオファーがもらえるんですよ。

年収アップ確定

オファーをくれた企業は、あなたを正当に評価してくれる確率が高いです。

今の会社で正当な評価をされずに悩んでいるのなら、外にも目を向けてみてるといいのではないでしょうか。

外の世界は広いです。今いる会社だけが全てではありません。

まずは、世間一般であなたがどんな評価をされているか、客観的な市場価値を調べてみましょう。

ミイダスで自分の市場価値を調べる

 - 働くことの本音

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

モラハラ
職場のモラハラと価値観の違い

三船美佳と高橋ジョージの離婚が話題になってますね。妻に対する夫のモラハラが原因と …

私と仕事どっちが大事
私と仕事どっちが大事?に答えると

「私と仕事どっちが大事?」って、この無職ブログに似つかわしくないタイトルですね( …

仕事を作る
仕事は自分で作るもの?

以前の会社に勤めていたとき、上司がよく言っていました。 「新しいアイデアを出せ」 …

カメラ
趣味を仕事にするのは幸せ?

世の中には趣味を仕事にしている人と、そうでない人がいます。おそらく大半の人は「仕 …

やりがい搾取
「やりがい搾取」の現場で僕が感じたこと

最近よく話題に上る「やりがい搾取」という言葉。 経営者が「夢」や「奉仕」といった …

労働条件
意外に耐えられる労働条件とは

仕事を探すときは仕事内容だけでなく、給与や残業の有無など労働条件を気にしますよね …

お金を稼ぐ
お金を稼ぐのは目的ではなく手段

僕は現在、ブログやサイトの広告収入(アフィリエイト)で生活しています。 もうすぐ …