明るく楽しく!無職生活ブログ

40歳手前で会社を辞めた管理人が、無職でも楽しく暮らす方法を考えるブログ。前向きに「稼ぐ」「楽しむ」「節約する」方法を考え、独立か再就職を目指します。

*

私と仕事どっちが大事?に答えると

   

私と仕事どっちが大事

「私と仕事どっちが大事?」って、この無職ブログに似つかわしくないタイトルですね(笑)。

なんだか恋愛の記事みたいですが、あくまで仕事観について、「働くことの本音」についてのお話です。

 

僕ならどっちと答えるか?

「私と仕事どっちが大事?」とは昔からよく言われるセリフですよね。

さすがに女性の社会進出が進んだ今ではなかなか聞かれなくなっていますが、男が迷う定番の質問ではあります。

女性としては、「寂しい気持ちを分かって欲しい」という意味合いで言ってるんでしょう。

まぁ、僕は言われたことありませんけど(笑)。

 

ただ、もし僕が聞かれたときは「彼女の方が大事に決まっとる!」と答えるんだろうなぁ、と思ってました。会社に勤めていたころはね。

だって、仕事はあくまでお金を稼ぐ手段であって、それ自体は大事ではない。

なくなったとしても、取り換えがきくものですしね。

いくら会社の命令に従わないといけないとはいえ、「会社の命令」と「彼女」では「大事さのレベル」が雲泥の差だったわけです。

たぶんバリバリ仕事をしている人なら「どちらも大事」とか答えるんでしょうけど、僕にはその気持ちが理解できなかった。

そりゃあ、彼女の方が大事でしょう(笑)。

たぶんこのへんは、若い世代と同じような考え方を持っていると思います。

 

ところが、独立して一人で仕事をするようになってからは、僕も少し考えが変わってきました。

「一人でやってみると、仕事って割と大事だなぁ」と思うようになったんです。

たぶんこれは会社から離れたから気づいたことです。

会社勤めしていたころの僕は、「彼女と仕事」ではなく「彼女と労働」を秤にかけてたんだなぁ、と気づいたんです。

 

私と「労働」どっちが大事?

僕は今でも「仕事はあくまでお金を稼ぐ手段」と思っています。

ただ、会社の仕事って、やらされている面が強かったんですね。

いわば、犬が首輪につながれて芸をしている状態です。

会社のルールに従わなければならない。会社が決めた仕事をしなければならない。

「仕事が大事」なんて、自分から首輪に首を差し出してるようなもんで、「マゾかよ」って思ってました。

 

もちろんサラリーマン全員を否定するわけではなく、主体的に仕事をしている人もいるんでしょう。

会社の目標が自分の成長と一致している人は、素晴らしいと思います。

でも、僕は違った。

売上が上がっても嬉しくないで書いたように、組織の喜びを自分の喜びとして感じられないんです。

だから、僕が比べていたのは「仕事」ではなく「労働」だった。

「私と労働どっちが大事?」と聞かれて「労働」と答える男はなかなかいないですよね。(^_^;)

 

「仕事」なら割と大事

独立して一人でやり始めてからは、「仕事」って割と大事だなぁと思うようになっています。

「自分を成り立たせるもの」というか、アイデンティティーのようなものを感じてるんですよ。

会社という「組織」には、まったくアイデンティティーを感じられなかったんですけどね(笑)。

 

「自分を成り立たせるもの」が何なのかって、結構重要だと思うんですよ。

もし「他人」や「組織」で自分が成り立ってたら、それが自分の思い通りにいかないときに心が破たんしちゃいます。

会社や家族、彼女やパートナーに依存するのって、結構危険なんです。

だから、自分自身でコントロールできる心の柱を持っておくのが大切。それが「仕事」だったりするわけです。

「趣味」とかでもいいんでしょうね。できれば複数持っていた方が、リスク分散になると思います。

ただ、「労働」は柱にならなかったなぁ(笑)。

 

「仕事も大事」というのは「お金のため」という意味もあるのですが、心の安定という面も大きいです。

心が安定していないと、パートナーや家族を守るのって難しいからです。

それこそ不安定なままだと、相手を攻撃してしまうかもしれない。

 

「私と仕事どっちが大事?」の「私」は他人なのでコントロールできません。

だから、「仕事(趣味でも可)」の側に自分でコントロールできるものを入れておいた方がいいと思うんです。

パートナーや家族を守るには、「私と仕事どっちが大事?」という質問に「どちらも大事」と答えるぐらい余裕を持っておくのがベスト。

そして「労働」はそんなに大事じゃないです(笑)。

大事だと思い込もうとするから、心がいびつになってしまうんだと思います。

会社を離れて独立してから、そんなふうに感じるようになりました。

↓こちらの記事も参考にどうぞ
会社に振り回されない生き方

 - 働くことの本音

Comment

  1. 常盤金也 より:

    そういう時は、無職の自分と仕事をしている自分どちらが好きか問いたいくらいです。

    自分も言われたこと無いですがw
    無職でも好きと言われたなら、間違いなく彼女を選びたいです

    • Sunday より:

      常盤金也さん、コメントありがとうございます。

      確かに、無職の自分と仕事をしている自分のどちらが好きかを聞くのは、
      いい返しかもしれませんね。^^
      無職を選ぶ女性がいるかは分かりませんが(笑)。

  2. ニト より:

    お久しぶりです、ニトです。

    確かに「会社の売上が上がった!」と言われたところで、私も全然嬉しくありませんでしたね。
    むしろ「えー、忙しくなるじゃん」くらいに思ってました^^;
    会社に帰属意識が全くなかったんでしょうね。

    アフィリエイトとかの個人種目だと、売上がお金だけでなく、自信にも繋がりますしやっぱり感じ方は全く変わりますよね~。

    • Sunday より:

      ニトさん、こんにちは!

      僕も同じです!会社の売上が上がっても全然嬉しくなかったし、
      帰属意識はまったくありませんでした(笑)。
      組織とかグループの目標に意義を見出せないんですよね~。^^;
      一人で仕事するようになってからは、「無理矢理合わない価値観に
      合わせていたんだなぁ」ってのがよく分かるようになりました。

  3. yuka より:

    はじめまして今日は!
    いろいろ検索していましたらこちらにたどり着きまして、
    ものすごく興味があったので、コメントさせていただきます(^^)
    どの記事も納得させられる内容ばかりで見入りました!!
    私もブログ始めたてなんです、またお邪魔させていただきます♪

    • Sunday より:

      yukaさん、こんにちは!

      記事に共感いただき、ありがとうございます。^^
      ブログ始めたてなんですね。
      ブログは続けると新しい世界が開かれるので、ぜひ頑張ってくださいね!
      今後ともよろしくお願いします。

  4. YUMI より:

    SUNDY さん

    いつも良く読まさせて頂いております♪(自分が無職になってからですが 笑)
    SUNDY さんのブログは、読みやすく分かりやすく優しいですよね。
    そしてSUNDY さんの考え、今回の題材も、なるほど!本当にそうだよな、と、読み込んでしまいました。SUNDY さんの文章、とても好きです。

    • Sunday より:

      コメントありがとうございます。
      いつも読んでいただいてうれしいです。^^
      共感いただけましたか~。そう言っていただけると記事を書く励みになります。
      これからもよろしくお願いしますね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

売上
売上が上がっても嬉しくない

僕が前の前に勤めていた会社は、毎月支店の売り上げ目標が決められて、支店の目標が達 …

お金を稼ぐ
お金を稼ぐのは目的ではなく手段

僕は現在、ブログやサイトの広告収入(アフィリエイト)で生活しています。 もうすぐ …

夏
人生の夏休み

お盆です。世間は夏休み真っ只中。とはいえ無職は年中夏休みなので、特に嬉しかったり …

退職願
ボーナスと、退職願を出した日

12月。世間はボーナスシーズンですね。 無職の今では、ボーナスは縁遠いものとなっ …

仕事を作る
仕事は自分で作るもの?

以前の会社に勤めていたとき、上司がよく言っていました。 「新しいアイデアを出せ」 …

カメラ
趣味を仕事にするのは幸せ?

世の中には趣味を仕事にしている人と、そうでない人がいます。おそらく大半の人は「仕 …

労働条件
意外に耐えられる労働条件とは

仕事を探すときは仕事内容だけでなく、給与や残業の有無など労働条件を気にしますよね …